人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書4章 四つの行動預言(4:1-17)

1.四つのパフォーマンス預言

 先にエレミヤ書を読んだ時に、エレミヤは、耳を貸そうとしないイスラエルの民に向かって、あるパフォーマンスをして、人々を注目させて語ったことがあります。これから見ていくエゼキエルの預言は、そのほとんどが、パフォーマンスによる預言です。ことばで説得するのではなく、道端でパフォーマンスをして、それによって、神のみこころを語ろうとするのです。4章はその4つのパフォーマンス預言が記録されます。

一つは、エルサレムがバビロンに包囲される預言です(1-3節)。エゼキエルは、粘土板にエルサレムの町を描き、それが敵軍に包囲されて攻撃される状況を再現するように命じられました。そしてこの粘土板に描かれたエルサレムとエゼキエルとの間に鉄の平なべを、鉄の壁として立て、顔をしっかり町に向けるようにさせられています。それは、この裁きを仕組まれた主の御顔がエルサレムから隠されていることを示しています。主が御顔を向けられる行為は、祝福を意味しましたから(民数6:25-26)、それが隠されることは、主の祝福が妨げられ、エルサレムに災いが及ぶことを意味したのです(申命31:17-18、32:20)

 第二のパフォーマンスはバビロン捕囚の預言です(4-8節)。エゼキエルは、一年を一日として、まず左脇を下に390日間、そして次に右脇を下に40日間横たわるように命じられます。左脇を下にすれば、イスラエル北王国の方向を向き、右脇を下にすれば、ユダ南王国の方向を向くことになります。つまり、イスラエル北王国の捕囚と、ユダ南王国の捕囚の期間とその苦しみを預言しています。ただ数字については、正確な日数(年数)ではなく、ある一定期間を意味する、と象徴的に理解した方がよいのでしょう。北イスラエルも南ユダも、神の刑罰を受けるのですが、イスラエル北王国の方がより長い期間その苦しみを味わうと言うわけです。 

 第三に、飢饉に関する預言(9-17節)。ここでは二つの飢饉が語られています。一つは、包囲期間中の食糧不足(9,11,16,17節)。もう一つは、外国の地で不浄な食物を強いられる苦難です(12-15節)。普通は、小麦と大麦でパンを作りますが、それだけでは足りないので、そら豆、レンズ豆、あわ、裸麦も混ぜてパンを作らなければならないとされます。食料不足のために「量りながら」「おびえながら」という感覚は、最近の震災経験を思い起こせば、何かわかるような気もします。

さらにパンを作る燃料も不足すると預言されます。古代中近東では、動物の糞を乾燥させて燃料とすることがしばしばでしたが、人の糞は使いませんでした。それは汚れた行為でした。しかし神がエゼキエルにこのパフォーマンスを命じたのは、捕囚期間中に、ダニエルたちが経験したような汚れた食事を食べなければならない苦難があることを教えるためです(ダニエル1:8)。こうした宗教的な理由で汚れた食物とそうでない食物を区別する慣習は現代にも残っています。現代のイスラエルのレストランでは、コーシャ認証のマークが表示されています。イスラム教徒のレストランにあるハラール認証のようなもので、一定の調理方法、調理内容による宗教的に聖い食物を提供するお店の印です。これは一般のファーストフード店のマクドナルドでも同じで、イスラエルでは肉製品は店の奥で、ミルク製品は店頭で購入するように、カウンターが区別されています。

2.また冗談を

ともあれここにも、3章のようにクスッと笑ってしまうような神とエゼキエルのやり取りがあることに注目させられます。エゼキエルは、祭司の家系で育った人、汚れた食事については厳格に躾けられた人でした。その彼が、神に人の糞で料理するパフォーマンスを命じられたところ、さすがに「それは無理です」と答えているのです。すると神は、エゼキエルの気持ちを汲んで、無理強いせずに、「では普通に牛の糞でよい」と譲っているのです(15節)。天地万物を創造し、これを支配する偉大な神が、不器用なエゼキエルのことばを受け止め柔軟に対応されている。こうしたところに、神の御性質を私は感じるのです。神は丸投げで人に仕事を押し付けるようなお方ではありません。神は私たち一人一人の思いを大事にしながら、ご自身の働きへと召してくださるお方だということです。そうであればこそ、エゼキエルのように神に献げきった人生を歩むこともできるのでしょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。幻の中で、巻物を取って食べるように言われ、食べた新約聖書に出てくる人物は誰でしょうか?①マタイ、②パウロ、③ヨハネ。答えは③ヨハネでした(黙示録10:9)。今日の聖書クイズです。古代イスラエルの食事規定は、聖書のどこに記されているでしょうか?①出エジプト記、②レビ記、③民数記。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 4: Four Performance Prophecies (4:1-17)

1. four performance prophecies

 In our earlier reading of the book of Jeremiah, we saw that Jeremiah spoke to the Israelites who would not listen, and he did so by putting on a certain performance to get their attention. Most of Ezekiel’s prophecies we will see are performance prophecies. Chapter 4 records four performance prophecies.

The first is the prophecy of the siege of Jerusalem by Babylon (vv. 1-3). Ezekiel was instructed to draw the city of Jerusalem on clay tablets and reproduce the situation in which it would be besieged and attacked by the enemy army. Ezekiel was also told to set up an iron wall between Jerusalem and Ezekiel on the clay tablets, with his face turned firmly toward the city. This indicates that the face of the Lord, who orchestrated this judgment, is hidden from Jerusalem. Since the Lord’s act of turning His face meant blessing (Numbers 6:25-26), its being hidden meant that His blessing would be hindered and disaster would befall Jerusalem (Deut. 31:17-18, 32:20).

The second performance is a prophecy of the Babylonian captivity (vv. 4-8). Ezekiel is commanded to lie down first under his left armpit for 390 days and then under his right armpit for 40 days, with one day a year. If he lies under his left armpit, he will face the direction of the Northern Kingdom of Israel, and if he lies under his right armpit, he will face the direction of the Southern Kingdom of Judah. In other words, it prophesies the duration of the captivity of the Northern Kingdom of Israel and the captivity of the Southern Kingdom of Judah and their suffering. However, it would be better to understand the numbers symbolically, meaning a certain period of time, rather than the exact number of days (years). Both northern Israel and southern Judah will suffer God’s punishment, but the northern kingdom of Israel will suffer for a longer period of time. 

Third, the prophecy concerning famine (vv. 9-17). Two famines are mentioned here. One is a shortage of food during the siege (vv. 9, 11, 16, 17). The other is the hardship of being forced to eat unclean food in a foreign land (vv. 12-15). Usually, wheat and barley are used to make bread, but since that is not enough, it is said that fava beans, lentils, millet, and naked barley must also be mixed to make bread. The sense of “weighing and dreading” due to food shortages is something we can understand if we recall our recent earthquake experience.

Furthermore, it is prophesied that fuel for making bread will also be in short supply. In the ancient Near East, animal dung was often dried and used as fuel, but human dung was not. It was an unclean practice. But God commanded Ezekiel to perform this performance to teach him that during the captivity there would be hardships that would require him to eat unclean food, such as Daniel and his friends experienced (Daniel 1:8). This practice of distinguishing unclean food from non unclean food for religious reasons persists even today. Modern Israeli restaurants display the mark of kosher certification. This is similar to the Halal certification found in Muslim restaurants, and is a mark of a restaurant that serves religiously holy food prepared in a certain way and in a certain way. This is the same at McDonald’s, a general fast food restaurant. In Israel, the counters are differentiated so that meat products are purchased at the back of the store and milk products are purchased in the store.

2. another joke.

Anyway, here, too, we are made aware of an exchange between God and Ezekiel that makes us chuckle, as in chapter 3. Ezekiel was a man who grew up in a priestly family and was strictly disciplined about unclean eating. When God commands him to perform a performance of cooking with human feces, he replies, “I can’t do that. Then, God, taking Ezekiel’s feelings into consideration, says, “Then you can use cow dung as you normally do” (verse 15). The great God who created the heavens and the earth and rules over all things accepts Ezekiel’s clumsy words and responds flexibly. This is how I sense God’s character. God is not the kind of person who throws a job to others. God is the one who calls us to His work while taking care of the thoughts of each one of us. If that is the case, then we can live a life dedicated to God like Ezekiel did. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. In the vision, who is the person in the New Testament who was told to take the scroll and eat it? (1) Matthew, (2) Paul, and (3) John. The answer was (3) John (Revelation 10:9). Today’s Bible Quiz. Where in the Bible are the dietary regulations of ancient Israel recorded? (1) Exodus, (2) Leviticus, and (3) Numbers. See you tomorrow for the answer. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です