人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書43章 戻られる神、祭壇の火入れ

1.神の栄光が戻ってくる

神殿の全貌が明らかになった後、エゼキエルは、再び正門である東向きの門に連れていかれました(1節)。そして、かつてケバル川のほとりで見た幻を、再び目撃するのです。すでにあれから約20年の歳月が経っていました(40:1)。つまり、エゼキエル書も、一気に書き下ろされたものではないのです。それは、時間をかけて、少しずつ明らかにされた神の啓示を書き溜め、編集されたものです。聖書を理解する、ということも、おそらく、それぐらいの時間がかかると考えた方がよいのかもしれません。単純にわかったつもりにならず、時間をかけて繰り返し読む中で、少しずつ見えてくる部分がある、ということです。

 ともあれその幻は、かつて立ち去った神が、再び神殿に戻って来たことを告げるものでした。10章を読み返してみましょう。そこでは主の栄光が神殿を離れ去っていく幻が与えられています。それは、主の裁きでした。そしてこの43章では、新しい神殿に再び神が帰ってきているのです。それは主の恵みがあることを告げるものです。そして、新しい神殿が再び神の住まいとされることによって、その神殿が聖別されるべきことが告げられます(7節)。そこで淫行を行ってはならない。つまり、偶像崇拝、いわゆる宗教的姦淫を行ってはならない、ということです。また、その境内に王たちを葬ってはならない、と言います。つまり聖と俗を区別せよ、神殿は「最も神聖」(12節)な場所である、というのでしょう。教会も同じです。そのような意識をしっかり持たなくてはなりません。

ただ、大切なことは、教会を聖なる場としてくださるのは、神ご自身である、ということです(36:25-28、37:23)。私たちが教会を聖いものにしようとする努力は、しばしばパリサイ人的なものとなり、互いに他人が、聖書的に生きているか生きていないか、批判的な目で見て、裁き合い、あるいはマウントを取り合う残念な結果になります。なぜでしょう。教会の聖さは、自分自身にかかっているのだということを理解しようとしないためではないでしょうか。人間の救いは、これで十分だと思うことのない、終わりのない、一生の深さを持つものであることがわかっていないためなのでしょう。パウロのごとく、自身の救いの完成に苦悶する、それは一度切りのことではありません。まことの神の聖めの恵みは、いよいよ深く味わうべきものなのです(ピリピ3:12-16)。

2.祭壇の火入れ

11節以降は、主の栄光が戻られた神殿での活動を、どのように再スタートすべきかを教えます。重要なのは祭壇です。祭壇は、石造りで、土台の上に2つの台座、その上に炉が置かれる、三層の造りになっていました。形は正方形で、それは上に積み重なるにつれて、一辺が16キュビト、14キュビト、12キュビトと小さくなるジグラット構造になっています。高さは、全部で10キュビト、約5メートルですから、かなりの大きさで、ソロモンが造った祭壇と同じ高さです(2歴代4:1)。祭壇の炉までは東に面した階段を上って行きます。それを上る者は、主の栄光の臨在のある本堂の正面に向かうことになります。

このように造られた祭壇をまず聖別しなくてはなりません(18-27)。それは献身を象徴する「全焼のささげ物」、そして、無意識に犯された罪のきよめを象徴する「罪のきよめのささげ物」を献げることで、7日かけてこれを行うとされます。祭壇の火入れ式は、五種類あるささげ物の内、二つ「全焼のささげ物」と「罪のきよめのささげ物」を献げることでした。こうして祭壇を使う準備ができ、「わたしはあなたがたを受け入れる」(27節)と神は語られます。大切な点です。神に聖別され、受けいれられるためには、神の方法に従うことです。つまり神がこうして欲しいのだ、ということに気を使わなくてはなりません。祈り一つにしても、弟子たちが主の手ほどきを求めたように、神の方法に聞くのが信仰生活というものです。自分流を捨てて、教えられやすい心を持って教えを受けることです。礼拝のあり方、教会の奉仕の在り方、献金の献げ方、人間関係の取り方、改めて聖書からしっかり教えられていくことでしょう。

教会が命を吹き返すとしたら、「まず塊より始めよ」で、自らの救いの完成に真摯に取り組む人がいればこそです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。一竿の長さとして正しいものはどれでしょうか?①王のキュビト×6、②通俗のキュビト×6、③1スタディオン。答えは①王のキュビト×6でした。一竿は、長さの単位で、1竿は王のキュビト(通俗キュビト+手幅)×6で、約312センチ、1スタディオンは、距離の単位で、約185メートルです。では、今日の聖書クイズです。神がモーセに作るように命じた祭壇の材質は何であったでしょうか?①土か石、②青銅、③鉄、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 43: The Returning God, the Firing of the Altar

1. the glory of god returns

After the entire temple is revealed, Ezekiel is taken once again to the east-facing gate, the main entrance (v. 1). He then witnesses again the vision he once saw on the banks of the River Kebar. It had already been about 20 years since then (40:1). In other words, the book of Ezekiel was not written all at once. It is a compilation of God’s revelation revealed little by little over time. Perhaps it is better to think of understanding the Bible as taking about the same amount of time. It is not simply that we think we understand, but that there are parts of the Bible that become clear little by little as we take time to read it over and over again.

 Let’s go back to chapter 10. There we are given a vision of the glory of the Lord leaving the temple. It was the Lord’s judgment. And here in chapter 43, God is returning again in the new temple. It heralds the presence of the Lord’s grace. And it announces that the new temple is to be sanctified by being made God’s dwelling place again (v. 7). No whoredoms shall be committed there. This means that idolatry, or so-called religious fornication, must not be practiced there. He also says that kings should not be buried within its precincts. In other words, the temple is the “holiest” place (v. 12). The same is true of the church. We must be aware of this.

But the important thing is that it is God Himself who makes the church holy (36:25-28; 37:23). Our efforts to make the church holy often result in Phariseeism, the unfortunate consequence of judging or mounting each other with a critical eye, looking at one another and others, biblically alive or not. Why is this? Perhaps it is because they refuse to understand that the holiness of the church depends on itself. Perhaps it is because they do not understand that human salvation is never enough, that it is never ending, that it has a life-long depth. Like Paul, we agonize over the completion of our own salvation, and it is not a one-time thing. The sanctifying grace of the true God is something to be savored deeply at last (Philippians 3:12-16).

2. the burning of the altar

Verses 11 and following tell us how we should restart activities in the temple now that the Lord’s glory has returned. The key is the altar. The altar was a three-tiered structure of stone, with two pedestals on the base and a furnace on top of the pedestals. It is square in shape and has a ziggurat structure with each side becoming smaller (16 cubits, 14 cubits, and 12 cubits) as it is stacked on top of each other. The total height is 10 cubits, or about 5 meters, so it is quite large, the same height as the altar that Solomon built (2 Chronicles 4:1). To reach the furnace of the altar, one goes up the staircase facing east. Those who ascend it will be facing the front of the main hall where the Lord’s glorious presence is located.

The altar thus built must first be consecrated (18-27). This is supposed to be done over a period of seven days by offering the “whole burnt offering,” which symbolizes devotion, and the “sin cleansing offering,” which symbolizes the cleansing of sins committed unknowingly. The altar burning ceremony involved the offering of two of the five offerings, the “burnt offering” and the “cleansing offering. Thus the altar is ready for use, and God says, “I will accept you” (v. 27). An important point. To be sanctified and accepted by God, we must follow God’s way. In other words, we must be attentive to what God wants us to do. Even in prayer, as the disciples sought the Lord’s guidance, we must listen to God’s ways in our life of faith. We must abandon our own way of doing things and receive instruction with a heart that is easily taught. The way of worship, the way of church service, the way of giving offerings, the way of relationships, and so on, will be firmly taught from the Bible once again.

If the church is to come back to life, it will only do so if there are people who are sincerely committed to the completion of their own salvation, “First of all, start with the mass. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Which is the correct length of one rod? (1) king’s cubit x 6, (2) common cubit x 6, (3) one stadion. The answer was (1) king’s cubit x 6. One rod is a unit of length, and one rod is the king’s cubit (common cubit + hand width) x 6, which is about 312 centimeters, and one stadion is a unit of distance, which is about 185 meters. Now for today’s Bible quiz. What was the material of the altar that God commanded Moses to build? (1) clay or stone, (2) bronze, (3) iron, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です