人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書48章 契約に忠実な神

1.いのちの水の川

 エゼキエル書最後の48章は、47章に続いて、土地の分割について語っています。聖地を挟んで、北と南にそれぞれイスラエル12の部族に、土地が割り当てられていくのです。北から始まり南へと、ダン、アシェル、ナフタリ、マナセ、エフライム、ルベンと六つの部族に土地が割り当てられる、と(1-7節)。

また8節から22節まで、いささか長めに、ユダの相続地とレビの相続地が語られているようですが、それは、ユダの相続地に接する聖なる地域について語っているためです。つまりユダの相続地に接して、レビの相続地がある。レビの相続地に接して、中央に聖所が建てられる奉納地がある。さらにイスラエル全家の町がある。

注目すべきは、町です。これはどうも、各相続地にこのような町を建てよというよりも、イスラエル全体のものとなる町のことを言っているようです(45:6)。その町は、一辺4千5百キュビトの正方形で、四方の城壁にはそれぞれ3つの門があります。つまり、全部で12の門があり、それぞれ12部族の名が付けられているのです。そして、町それ自体の名は、「主はそこにおられる」(35節)なのです。神が共に住まう町、それは実に象徴的です。そして23節から、ベニヤミン、シメオン、イッサカル、ゼブルン、ガドと12部族全体の割り当て地が語られます。順序はすべて北から南に向かっています。

2.主はそこにおられる

 さて、エゼキエルは、こうして淡々とこれから起こるであろう、神のビジョンを語っています。しかし、イスラエルの人々は、このように語るエゼキエルに何を思っただろうか、と私は思うところがあります。というのも、エルサレムの滅亡から早25年が経過していました。そこには、もはや故郷に戻ることも、かつてのイスラエルを再興することも、ただの夢、全く不可能と思われるような固定化された現実がありました。エゼキエルが語るようなことは、願っても起こらない、つまりすべては終わった、時代の流れは変わった、という現実がありました。

しかしエゼキエルは、人々のそうした思いとは関係なく、熱意を持ってこれらのことを語るのです。神は真実であり、神には実行する力がある。神のことばに偽りはない、と。確かに、イスラエルが戦争に負けたのは、イスラエルの神が弱かったからではなく、正しかったからでした(39:24)。そして神は、イスラエルの滅びを嘲笑した者に復讐をしています(25-32章)。同じように、裁きによって滅亡したとはいえ、イスラエルを回復させることもできるでしょう(39:27、28節)。

イスラエルが裁かれたのは、神の愛と義によるもの、神の御計画によるものであると言うのであるならば、その後計画の最後にまで、心を留めなくてはならないのです。神は、怒りのままに物事を破壊して終わらせるような方ではありません。神のファイナライズ、つまり最終処理を静かに待ち望まなくてはならなかったのです。新約聖書において、十字架と復活は必ずセットで語られます。同じように、旧約聖書において、神の裁きと回復はセットです。裁かれた出来事の後に、回復というプロセスがある、それなしに物事は終わらないのです。

また、その回復された土地の中心に建てられる町の意味をよく考えなくてはなりません。その町の名は「主はそこにおられる」でした。しかもその町は、イスラエル全家のための町です。バビロン捕囚が起こるはるか数百年も昔に、イスラエル北王国は滅んでおり、そこに所属していた10の部族は失われていました。彼らの回復は論外というべきでした。しかし、そこは、なぜかイスラエル全家が回復される場なのです。結局、これも、終末的に解釈すべき内容があるというべきなのでしょう。

つまり、エゼキエルが言わんとすることは、あなた方が建てる町は、単なる世俗的なイスラエルの再興ではなく、神を中心とする、神の御国の再興だということです。そのような意味で、イエスがこの地上にお生まれになった時に、イエスの名がインマヌエル、つまり「神が私たちとともにおられる」と呼ばれたことは重要です。今や、私たちは、イエスを中心とする新しい神の御国を完成していく時代の最中にある、ということだからです。御国の完成に心を合わせて、協力する者でありましょう。では、今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。死海の塩分の含有量は、何パーセントとされているでしょうか?①15%、②30%、③50%。答えは②30%とされます(ウィキペディア)。これは、1リットルの水に、300グラムの塩が溶けていることと同じです。では、今日の聖書クイズです。現在神殿跡地にあるイスラム教の寺院「岩のドーム」はいつ頃造られたものでしょうか?①BC516年、②AD70年、③AD692年。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 48: God Faithful to His Covenant

1. the river of the water of life

 The last chapter of Ezekiel, Chapter 48, follows Chapter 47 and speaks of the division of the land. Across the Holy Land, the land is allotted to the 12 tribes of Israel to the north and south, respectively. Starting from the north and moving south, the land is allotted to the six tribes of Dan, Asher, Naphtali, Manasseh, Ephraim, and Reuben (vv. 1-7).

Verses 8-22 seem to be a somewhat lengthy discussion of the inheritance land of Judah and the inheritance land of Levi, because it speaks of the holy region bordering on the inheritance land of Judah. In other words, bordering on the inheritance land of Judah is the inheritance land of Levi. Bordering on the inheritance of Levi is the consecrated land where the sanctuary is built in the center. Furthermore, there is a town for all the families of Israel.

What is noteworthy is the town. This apparently refers to a town that will belong to all Israel (45:6), rather than to the building of such a town in each inheritance land. The city is a square of 4,500 cubits on each side, with three gates on each of the four walls. In other words, there are 12 gates in all, each named after one of the 12 tribes. And the name of the city itself is “the Lord is there” (v. 35). A city where God dwells together, it is truly symbolic. Then, beginning in verse 23, we are told of the land allotted to Benjamin, Simeon, Issachar, Zebulun, Gad, and the twelve tribes as a whole. The order is all from north to south.

2. the Lord is there

 Now, Ezekiel is thus plainly speaking of a vision of God that will take place in the future. I wonder, however, what the Israelites would have thought of Ezekiel speaking in this way. It had been 25 years since the destruction of Jerusalem. There was a fixed reality in which returning to one’s homeland and rebuilding the Israel of old seemed to be just a dream, an utter impossibility. There was a reality that the things Ezekiel speaks of would not happen even if they were wished for, that all was over, that the times had changed.

But Ezekiel speaks of these things with enthusiasm, regardless of what people think. God is true, and God has the power to do. God’s word is not false. Indeed, Israel lost the war not because the God of Israel was weak, but because He was right (39:24). And God takes vengeance on those who mocked Israel’s destruction (chapters 25-32). In the same way, He will restore Israel, even though it was destroyed by judgment (vv. 39:27, 28).

If we say that Israel was judged because of God’s love and righteousness, because of His plan, then we must keep in mind the end of the plan. God is not one who destroys things in anger and ends them. We had to quietly await God’s finalization, or final process. In the New Testament, the cross and the resurrection are always mentioned together. Likewise, in the Old Testament, God’s judgment and restoration are a set. After the event of judgment, there is a process of restoration, without which things would not end.

We must also carefully consider the meaning of the town that will be built in the center of the restored land. The name of the town was “The Lord is there. Moreover, it is a town for the entire house of Israel. Long before the Babylonian captivity, hundreds of years ago, the Northern Kingdom of Israel had been destroyed, and the ten tribes that belonged to it had been lost. Their restoration should have been out of the question. But somehow that is where the whole house of Israel is to be restored. In the end, this, too, should be said to have an apocalyptic content to be interpreted.

In other words, what Ezekiel is saying is that the city you are building is not merely the restoration of secular Israel, but the restoration of God’s Kingdom, with God at the center. In this sense, it is significant that when Jesus was born on earth, His name was called Immanuel, or “God is with us.” This is because it means that we are now in the midst of an era in which we are completing the new Kingdom of God centered on Jesus. Let us unite our hearts and cooperate with each other for the completion of the Kingdom. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. What percentage of salt is contained in the Dead Sea? (1) 15%, (2) 30%, and (3) 50%. The answer is (2) 30% (Wikipedia). This is equivalent to 300 grams of salt dissolved in 1 liter of water. Now for today’s Bible quiz. When was the Dome of the Rock, the Islamic temple that now stands on the site of the temple, built? (1) 516 BC, (2) 70 AD, and (3) 692 AD. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です