人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書5章 神の怒りが出し尽くされる(5:1-4)

1.髪とひげのパフォーマンス

4章に続いて、エゼキエルの預言的なパフォーマンスが続きます。エゼキエルは、髪とひげを剃って、その三分の一を町の中で焼き、三分の一を剣で打ち、三分の一を風で吹き散らすのです。それは、具体的にエルサレムの住民が、①疫病と飢饉で死ぬか(焼き)、②殺されるか(剣で打ち)、③四方に散らされるか(風に乗せて散らせ)三つの運命を辿ることを語っています(12節)。「イスラエルの全家に燃え移る」火は、その惨事が徹底していて、逃れる者が本当にわずかであることを伝えています。これまでの流れで言えば、エゼキエルは、バビロン軍のエルサレムへの攻撃と(4:1-3)、陥落し、捕虜となったエルサレムの住民の強制移動(捕囚)(4:4-6)、そして、食糧難(4:7-12)、異国の地に移住した捕虜の不自由な生活(4:13-17)を語り、ここでは、エルサレムへの攻撃が徹底したものであること、つまり神の怒りが出し尽くされたものであることを語っているのです(13節)。

 そもそもイスラエルは神の最愛の民でした。しかし、彼らはその神の愛に応えるどころか、諸国の民以上に、神の定めに逆らい、掟に逆らったと言います(6節)。イザヤ的に言えば「甘いぶどうのなるのを待ち望んでいたが、酔ぶどうができてしまった」(5:2)というわけです。その具体的な状況は、この後の章に、指導者や祭司、そして国民の堕落として描かれています。ともあれ神はそのようなイスラエルに災いを宣告されるのです。

2.神の裁きの心

この神の裁きをどのように受け止めたらよいのでしょうか。神は厳し過ぎると言うべきでしょうか。しかし、これは既に述べたように、予め申命記28章で語られた契約に違反したことへの報復です。

かつてイスラエルは、エジプトで滅びる他のない、希望のない奴隷でした。しかし神のあわれみを受け、そこから救い出され、国家再生の希望を抱いた彼らは、その出発点において、エジプト脱出後、シナイ山にて神と契約を結んだのです。自分たちを救ってくださった神を覚え、その神との関係を大事にしながら生きる。そうすれば、神は、続けてイスラエルを、飢饉や悪い獣、疾病や虐殺などから守られる、と。しかしそうでないならばそれらの禍が下される、と。

その後イスラエルは、一つの国として繁栄し、安定していくに連れ、自分たちを祝福してくださった神を忘れ、神を捨て去りました。もはや神の正義に生きることもなく、他の国々と同様に、権力と物欲にまみれ、堕落していくのです。神の民として注目されていたイスラエルの民は、他国の「そしりとののしりの的」となっていきました(15節)。その結果、神は、契約違反に対する報いを下されたのです

大切なのは神とイスラエルの、この特別な関係性を理解することでしょう。イスラエルは、例えていえば、ただ警察官の目に留まり交通違反の罰則を加えられた運転手ではないのです。イスラエルは、神との関係を破綻させたその報いを受けたのです(レビ26:29、申命28:53-56)。これまで寝食も、苦楽をも共にし、一緒にイスラエルの国を建て上げてきた、その神との関係性が破れたのです。そして、イスラエルを通して、全世界を祝福すると考えていた神の夢が破れたのです(申命7:6-8)。神は、イスラエルを通して、罪人として滅んでいく他のない全人類が、同じように救われ、神の祝福を受けるようになることを願っていました(創世記12:2)。偶像を奉って、相争う国々の狂気を止めさせ、この地がまことの平和に満たされることを願っていました。そのビジョンが破れたのです。

もはや、神がこのビジョンを進めるためには、ご自身が選ばれた神の民、イスラエルを捨て去るか、それとも立て直すかです。そして、神は、捨て去るのではなく立て直す道を、裁きと言う形で選ばれたのです(詩篇67:1-2、参照Ⅰペテ2:9)。

ですからそれは、神の「怒りを出し尽くす」(13節)裁きとなりました。つまり、哀歌で学んだように、これで終わり、もう、これ以上の懲らしめはない、という裁きです。神ももうイスラエルの過去の罪を忘れる、これから新しくやり直そうという心を示したのです。大切なのは、神の愛の関係に立ち戻っていくことなのでしょう。では今日も良き一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。古代イスラエルの食事規定は、聖書のどこに記されているでしょうか?①出エジプト記、②レビ記、③民数記。答えは②レビ記でした。レビ記の11章です。また申命記14章にも同様の教えがあります。では、今日の聖書クイズです。イスラエルでは、ひげをそることは、恥辱を与えることでしたが、そうではない、むしろ礼節として受け止められた国は次のどれでしょうか?①エジプト、②アラム、③アッシリア。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 5: The wrath of God is brought out (5:1-4)

1. hair and beard performance

Following chapter 4, Ezekiel’s prophetic performance continues. Ezekiel shaves his hair and beard, burns a third of it in the city, strikes a third with a sword, and scatters a third with the wind. It specifically speaks of three fates for the inhabitants of Jerusalem: 1) to die of pestilence and famine (burning), 2) to be killed (striking with the sword), or 3) to be scattered in all directions (scattering with the wind) (verse 12). The fire that “burns through all the house of Israel” tells us that the catastrophe is so thorough that there are indeed few who will escape. In the sequence so far, Ezekiel tells of the Babylonian attack on Jerusalem (4:1-3), the fall and the forced displacement (captivity) of Jerusalem’s captive inhabitants (4:4-6), and the food shortages (4:7-12) and the inconvenience of the captives who migrated to a foreign land (4:13-17), here, speaks of the thoroughness of the attack on Jerusalem, that is, of God’s wrath unleashed (v. 13).

 In the first place, Israel was God’s beloved people. But instead of responding to that love of God, he says that they, more than the peoples of the nations, disobeyed God’s decrees and laws (v. 6). In Isaiah’s terms, they “waited for the sweet grapes to become, but they produced drunken grapes” (5:2). The specific situation is depicted in the chapters that follow as the corruption of the leaders, priests, and nation. At any rate, God pronounces woe upon such Israel.

2. the heart of god’s judgment

How are we to accept God’s judgment? Should we say that God is too harsh? However, as we have already mentioned, this is retribution for the violation of the covenant spoken of beforehand in Deuteronomy 28.

In the past, Israel was a slave without hope, with no other choice but to perish in Egypt. However, they received God’s mercy, were rescued from that situation, and with the hope of national revival, they made a covenant with God at Mount Sinai after their escape from Egypt as a starting point. Remember the God who saved them, and live in a relationship with that God that is important to you. If they did so, God would continue to protect Israel from famine, bad beasts, disease, and slaughter. But if not, those calamities will be inflicted.

As Israel became more prosperous and stable as a nation, they forgot and abandoned the God who had blessed them. No longer living in the righteousness of God, they became corrupt and covetous, just like the other nations. The Israelites, who had been looked up to as God’s people, became “the target of scorn and vilification” by other nations (v. 15). As a result, God’s retribution for the covenant violation came!

It is important to understand this special relationship between God and Israel. Israel is not, metaphorically speaking, just a driver who catches the eye of a police officer and is given a traffic citation. Israel has received its due for ruining its relationship with God (Lev. 26:29; Deut. 28:53-56). Israel’s relationship with God, with whom they had been eating, sleeping, and living together, and with whom they had built up the nation of Israel, was broken. God’s dream of blessing the whole world through Israel was broken (Deut. 7:6-8). God hoped that through Israel, all mankind, who would otherwise perish as sinners, would be saved in the same way and receive His blessing (Genesis 12:2). They hoped that the madness of the nations that worshipped idols and warred against each other would cease, and that the land would be filled with true peace. That vision has been broken.

Now, for God to advance this vision, He must either abandon His chosen people, Israel, or rebuild them. And God has chosen the way of restoration, not abandonment, in the form of judgment (Ps. 67:1-2; cf. I Pet. 2:9).

Thus, it became a judgment in which God “brings out his wrath” (v. 13). In other words, as we learned in Lamentations, this is the judgment that this is the end, that there will be no more chastening. God has also forgotten Israel’s past sins and has shown His heart to start anew from now on. The important thing is to return to the relationship of God’s love. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Where in the Bible are the dietary regulations of ancient Israel written? (1) Exodus, (2) Leviticus, and (3) Numbers. The answer was (2) Leviticus. It is the 11th chapter of Leviticus. There is also a similar teaching in Deuteronomy 14. Today’s Bible quiz. In Israel, shaving was a disgrace, but which of the following countries did not shave, but rather accepted it as a form of civility? (1) Egypt, (2) Aram, and (3) Assyria. See you tomorrow for the answer. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です