人生100倍の視野【聖書】ダニエル書7章 第一の幻(四つの獣)

1.ダニエル書の構成

 今日からダニエル書の後半に入ります。後半はダニエルやその友人について語るエピソード集ではなく、ダニエルが自ら一人称で語る預言集となっています。しかしそれは、これまでのエピソードの流れとどのように関わっているのか、あらかじめ理解しておく必要があります。そこで簡単にその関係を説明しておきましょう。

 まず、1-4章には、バビロンのネブカドネツァル王の治世のエピソードがありました。続く5章は、バビロンのベルシャツァル王の治世のエピソードが書かれていました。7章の四つの獣の預言と8章の雄羊と雄やぎの預言は、この時代のものです。そして、5章の後半、31節から6章にかけて、メディア・ペルシア時代のエピソード、つまり獅子の穴に投げ込まれたダニエルのエピソードが書かれています。9章の70週の預言と10-12章のダニエル最後の啓示(エルサレム帰還2年後の啓示)は、この第三の時代のものです。

 こうして見ると、これまでの1~6章は、7章以降の歴史的な背景となっているのです。7、8章は、バビロン帝国末期の預言で9-12章は、メディア・ペルシア時代の預言です。ただし、内9章は、バビロン帝国が滅びた直後、つまり6章のエピソードの時代に、そして10-12章は、さらに後の時代、イスラエル人たちがエルサレムに帰還した2年後に語られたものです。

2.7章の預言について

そこで7章の預言ですが、これは、ベルシャツァルの時代の預言で、その内容は、すでに2章で語られたネブカドネツァルの夢の繰り返しです。2節「大海」は人類を表し、そこから現れる四つの獣は、四人の王を表しています(17節)。つまり第一の獅子のような獣(4節)は、巨像の純金の頭(2:32)に象徴されたバビロンのこと。同じように、熊に似た第二の獣(5節)は、銀の胸と両腕(メド・ペルシャ)のこと。豹のような第三の獣(6節)は、青銅の腹ともも(ギリシア)で、恐ろしくて不気味な第四の獣(7節)は、すねと足(ローマ帝国)に対応しています。

これらは、ダニエルの時代からイエス・キリストが出現するまでの間に興亡した帝国主義を象徴したものでした。そしてイエス・キリストによる神の支配によってこれらの歴史は閉じられる、というのも同じです(2:34、7:13-14)。しかし新たに加えられている内容もあり、それは、第四の獣の角の預言です(7:20)。人間の諸帝国による支配からメシヤによる神の支配へ変わる流れの中で起こる出来事とすれば、それは、終末的な「反キリスト時代」を語るものでしょう。実際、ダニエルは「その角は、聖徒たちに戦いを挑み、彼らに打ち勝った。しかしそれは「年を経た方」が来られるまでのことであり」(21節)と語ります。つまり、キリストが再臨し神の御国の支配を完成される前、クリスチャンが迫害される時代を語っているのです(黙示録13章)。

大切なのは、これらダニエルが見た夢は、創作ではなく、上から神に与えられたものだということです。ダニエルは、「このことを心にとどめた」と言います。確かに「夜は深まり、昼は近付づいて来て」いる、私たちはそんな時代にあります。そうであればこそダニエルのように、神のことばをしっかり心に留め、やがて神の御前に立つという志をもって、品位のある生き方をしてまいりたいものです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。ダニエルが獅子の穴に投げ込まれた試練は、どの王様の時代に起こったことでしょうか?①ネブカドネツァル王、②ベルシャツァル王、③クロス王。答えは、③クロス王の時代でした。では、今日の聖書クイズです。ダニエル書7章の預言は、どの時代に語られたものでしょうか?①ネブカドネツァル王、②ベルシャツァル王、③クロス王。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 7: The First Vision (The Four Beasts)

1. structure of the book of daniel

 Today we begin the second half of the book of Daniel. The second half is not a collection of episodes about Daniel and his friends, but a collection of prophecies that Daniel himself tells in the first person. However, it is necessary to understand in advance how this relates to the flow of the previous episodes. Let me briefly explain the relationship between the two.

 First, chapters 1-4 contained episodes from the reign of King Nebuchadnezzar of Babylon. The next five chapters contained episodes from the reign of King Belshazzar of Babylon; the prophecy of the four beasts in chapter 7 and the ram and goat in chapter 8 are from this period. Then, in the latter half of chapter 5, from verse 31 to chapter 6, we find the Media-Persian episode, that of Daniel being thrown into the lion’s den; the prophecy of the 70 weeks in chapter 9 and the final revelation of Daniel (two years after his return to Jerusalem) in chapters 10-12 are from this third period.

 Chapters 1-6 thus provide the historical background for chapters 7 and beyond; chapters 7 and 8 are prophecies from the end of the Babylonian Empire, and chapters 9-12 are from the Media-Persian period. However, chapter 9 was spoken just after the fall of the Babylonian Empire, i.e., during the episode of chapter 6, and chapters 10-12 were spoken even later, two years after the return of the Israelites to Jerusalem.

2. The Prophecy of Chapter 7

The prophecy of chapter 7 is a prophecy of the time of Belshazzar, and its content is a repetition of Nebuchadnezzar’s dream already told in chapter 2: verse 2 “the great sea” represents mankind, and the four beasts that appear from it represent the four kings (verse 17). So the first lion-like beast (v. 4) is Babylon, symbolized by the pure gold head of the colossus (2:32). Likewise, the second beast that resembles a bear (v. 5) is the silver breast and arms (Medo-Persian). The third beast, which resembles a panther (v. 6), is the bronze belly and thighs (Greek), and the fourth beast (v. 7), which is terrifying and eerie, corresponds to the shanks and feet (Roman Empire).

These symbolized the imperialism that rose and fell between the time of Daniel and the advent of Jesus Christ. And the same is true that these histories are closed by the rule of God through Jesus Christ (2:34, 7:13-14). But there is also a new addition, and that is the prophecy of the fourth horn of the beast (7:20). If it is an event that occurs in the flow of change from the rule by the empires of men to the rule of God by the Messiah, it would speak of an apocalyptic “antichrist age. In fact, Daniel wrote, “The horn of his horn shall make war against the saints, and shall overcome them: and the saints shall be called the saints of the Lord” (Daniel 1:20). But it was not until the coming of “Him who was old” (v. 21). In other words, he is speaking of a time when Christians will be persecuted before Christ returns and completes the rule of the Kingdom of God (Revelation 13).

It is important to note that these dreams Daniel had were not creative, but were given to God from above. Daniel says that he “took this to heart.” Indeed, we are in a time when “the night is deepening and the day is drawing near. It is precisely because of this that we should, like Daniel, take God’s words to heart and live a dignified life with the aspiration of eventually standing before God. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. The ordeal in which Daniel was thrown into the lion’s den occurred during the reign of which king? (1) King Nebuchadnezzar, (2) King Belshazzar, and (3) King Cross. The answer is that it was during the reign of (3) King Cross. Now, here is today’s Bible quiz. In which period was the prophecy in Daniel 7 spoken? (1) King Nebuchadnezzar, (2) King Belshazzar, and (3) King Cross. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です