人生100倍の視野【聖書】エゼキエル15章 ぶどうの木のたとえ(15:1-8)

1.火にくべられたぶどうの木

15章以降、比喩と直接的なメッセージが、何度か繰り返されています。15章は、ぶどうの木のたとえで、簡単に言えば、エルサレムは、薪にする以外、何の役にも立たないぶどうの木と同じ、とその運命を語り、悲しむ内容となっています。

注意すべきは、なぜこのようなたとえが出てくるのかです。というのも、先に「あなたがたは~と言っている、しかし、それは違う」という形で、当時の人々がよく口にする言い回しが、取り上げられ、そうではないのだ、という神の言い分が語られてきました。ここでも、当時の人々がよく慣れ親しんでいるものを例にたとえとし、神は大切なメッセージを伝えようとしているのです。つまり、当時のユダヤ人は、自分たちを森の木の中にあるどの木よりも優れたぶどうの木にたとえて語ることがありました。ぶどうの木は他の木とは違って実を結ぶものです。それだけで違う価値がある。そのようにイスラエルも諸国民の中では、特別な価値ある民であるという意識を持っていたのです。しかし、神はそれは考え違いである、と否定されます。

「あなたがたは、自分たちがぶどうの木であると言う。仮にそうだとしても、その枝は柔らかく、一般的な木工ばかりか、壁に固定される掛け釘にすら役立たない(3節)。あるいは、燃料用の薪にはなるかもしれないが、一度火に投げ込まれた燃えさしの枝が何になろうか。両端が焼け付き、中央部分も焦げ付いた枝など、全く使い物にならないではないか(4節)と言うわけです。

実際、エルサレムはBC597年、エホヤキンの時代に攻撃されて、火で焼かれ黒こげにされています(5節)。完全な滅亡は免れたものの、もはや、再度火に投げ入れられて(6節)、完全に焼き尽くされる他何の役にも立たないものとなっていたのです(7節)。印象的なのは、イスラエルは、しばしば「なつめやしの木」や「杉」に例えられていますが(詩篇92:12)、神の目にはもはや「役に立たないぶどうの枝」、しかも「一度火に突っ込まれた燃えさしの枝」とみなされていることです。けれども、イスラエルはその自覚が持てないでいました。今自分たちが、始末されようとしているボロボロの現状に気づくこともできないでいる、霊的な鈍さがあるのです。確かにそれはBC586年の滅亡を待つ他のない国でした。

2.不誠実なイスラエル

ただなぜそうなってしまったのか。それは「彼らがわたしの信頼を裏切った」(8節)からであると言います。つまり神の期待に反することをしたのです。ただヘブル語の原語では、マアルー・マアル、同じマアルという語根を持つ動詞と名詞が重ねられ、マアルは、不誠実であることを意味しています。彼らはわたしに誠実ではなかった、約束を守らなかった、浮気者であった、ということです。裏切ったという行為よりも、ずっと不誠実であった状態に、私は関心を持ちました。イスラエルは神と契約を交わした民なのに、その約束にこれまでずっと忠実ではなかった、裏切り続けて来たのです。どのようにしてそうだったのか?やはり偶像礼拝であったのでしょう。

神ならざるものを神として崇め、信頼していく。結果まことの神を退けていく。人間の心にはどうしてもこのような罪性があるのです。しかし最近、主にお会いする日も近づいてきた年齢にあって思うことは、やはり、人は神にお会いする備えをせねばならぬということでしょう。確かに朝毎に静まり考えることは、人は裸身であり、何も持たぬ者であるということです。すべては、神の恵みとして与えられ、神に尊いいのちを与えられて生きている、ということでしょう。その神を何よりも大事に思い、神に感謝して一日を始めるのでなければ、不誠実極まりないことは言うまでもありません。お金でも、人でもなく、まずいのちの主である神に心からの賛美をもって、一日を始める者でありたいものです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。宗教改革者ヨシヤ王が、エジプトの王との闘いで死んだ戦場はどこでしょうか?①ハツォル、②メギド、③ラキシュ。答えは②メギドでした。ヨシヤ王は、ガザ、アシュケロンを征服し北進するエジプトを阻止しようと、メギドで待ち構え、これと戦い敗北しています。では今日の聖書クイズです。ペカ、レツィン、アハズの時代に活躍した預言者は、誰でしょうか?①エリヤ、②イザヤ、③エレミヤ。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 15 Parable of the Vine (15:1-8)

1. the vine set on fire

From chapter 15 onward, the metaphor and the direct message are repeated several times, with chapter 15 being the parable of the vine, which, simply put, tells of the doom of Jerusalem, which is like a vine that has no use except as firewood, and is saddened by its fate.

It is important to note why such a parable is used. Because earlier, the common saying of the people of that time, “You say, ‘You say…, but it is not so,'” was taken up and God’s statement that it is not so was spoken. Again, God is trying to convey an important message by using an example of something that was familiar to the people of that time as a parable. In other words, the Jews of that time sometimes compared themselves to the vine, which is superior to any other tree in the forest. The vine bears fruit unlike any other tree. That alone makes it different and valuable. As such, Israel had a sense of being a people of special value among the nations. But God denies that this is a misconception.

You say that you are the vine. Even if they were, their branches are so soft that they are useless not only for general woodworking, but even for hanging nails fastened to walls (v. 3). Or it might make fuel wood, but what would a cinders branch be once it was thrown into the fire? A branch with both ends burned off and the center charred would be completely useless (v. 4).

In fact, Jerusalem was attacked in 597 BC, during the reign of Jehoiachin, and was burned and blackened by fire (v. 5). Although it escaped complete destruction, it was no longer of any use except to be thrown into the fire again (v. 6) and completely consumed (v. 7). It is striking that Israel, often compared to a “thorn tree” or a “cedar” (Ps. 92:12), is no longer considered a “useless vine” in God’s eyes, but a “burnt branch that has once been plunged into the fire. But Israel was unaware of this. They were too spiritually dull to realize that they were now in a state of ruin, about to be destroyed. Indeed, it was a nation that had no choice but to await destruction in 586 BC.

2. disloyal Israel.

Just why did it happen? He says it was because “they betrayed my trust” (v. 8). In other words, they did things contrary to God’s expectations. But in the original Hebrew, ma’alu ma’alu, a verb and noun with the same root ma’alu, is superimposed, and ma’alu means to be unfaithful. It means that they were not faithful to me, that they did not keep their promises, that they were unfaithful. I was much more interested in the state of disloyalty than in the act of betrayal. Israel was a people who had made a covenant with God, and yet they had been unfaithful to that covenant all this time, they had been betraying it. How was this so? It was idolatry, after all.

Worshipping and trusting in the ungodly as God. As a result, the true God is rejected. The human heart inevitably has this kind of sinfulness. Recently, however, as I am getting closer to the day when I will meet the Lord, I think that we must prepare ourselves to meet God. Indeed, every morning when I quiet down and think about it, I realize that we are naked, and we have nothing. Everything has been given to us as a blessing from God, and God has given us precious life to live. If we do not begin our day with a sense of gratitude to God, it goes without saying that we are being extremely unfaithful. We should begin our day not with money or people, but with sincere praise to God, the Lord of life. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Where was the battlefield where King Josiah, the religious reformer, died in his battle against the king of Egypt? (1) Hatzol, (2) Megiddo, and (3) Lachish. The answer was (2) Megiddo. King Josiah waited at Megiddo to stop Egypt from conquering Gaza and Ashkelon and advancing north, which he fought and lost. Here is today’s Bible quiz. Who were the prophets active in the time of Pekah, Rezin, and Ahaz? (1) Elijah, (2) Isaiah, and (3) Jeremiah. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です