人生100倍の視野【聖書】哀歌4章 刑は執行された

1.技巧的な書の意味

 既に述べたように哀歌は、各節の最初の文字がヘブル語の22文字のアルファベット順に揃えられた技巧的な詩、いわば「いろは歌」となっています。またその構造も技巧的で、一章と五章、二章と四章が思想的に対応し、真中の3章に最も重要な思想を置く、キアスムス(交差配列法)構造となっているのです。

なぜこのような技巧を凝らした詩として哀歌が作成されたのか、色々な説があります。記憶を助けるため、というものは、十分考えられます。しかし、私にとって最も理解できる理由は、そのような技巧性が、深い感情を抑制し、冷静に自分たちの悲しみを振り返る歌にするため、というものです。そもそもこの哀歌は、忘れてはならない霊的な教訓として、公の礼拝で朗読されることを意図して書かれたのでしょう。ですから、深い悲しみを呼び覚ます内容を、技巧的な詩にすることによって、いたずらに感情を刺激せず、むしろ冷静にその詩の内容から神の語り掛けを受けるようにした、と言うのはよく理解できることです。実際その内容は、古代イスラエルのものであるのに、時代を超えて、今なお私たちの心にも深く、染み入るように、語り掛けてくるものがあります。

2.刑罰は果たされた

1節は、ネブザルアダンが神殿を燃やした出来事(2列王記25:9)を回想しています。イスラエルの国は、バビロンに踏みにじられ、辱められました(2節)。悲惨なのは、乳飲み子でした。食料が尽き、母親たちは子どもの腹を満たすことができないでいました(3、4節)。そしてこの時、お金持ちも、貧しい者も、皆同じ運命を辿ったのです(5節)。さらに、母親が自分の子どもを煮て食べる最悪の事件も起こりました(10節、2:20に対応します)。実に心痛む出来事ですが、技巧的な詩文であるために、淡々と読み進んでいくことができます。

 ともあれ、この凄まじい出来事は、あらゆる罪を犯し続けたイスラエルの指導者に対する神の刑罰でした(13節)。しかし、なぜ神は、ここまでの懲らしめを与えたのか、ここまでしなくてもよいのに、と思わされるところもあるでしょう。確かにそう思わされるところもあるかもしれませんが、注目しましょう。詩人は言います。22節「あなたへの刑罰は果たされた。主はもう、あなたを捕らえ移すことはなさらない」この凄まじい状況をもって神の怒りが終わった。神の刑罰は果たされた。もはやこれまで。これ以上の災いはもうないのだ、罪の償いが必要ならば、それは十分償われた、もうすべては終わったということです。

イエスの十字架も同じです。イエスの十字架は、実に凄惨な出来事でした。一人の人間がよってたかって、なぶり殺しにしていくのです。そしてしまいには、神の子なんかではないことを印象づけるために、二人の極悪人と一緒に十字架につけ、悪者扱いにし、捨て去っていくのです。人を愛し、助け、力づけ、救った、あのイエスがなぜあのような仕打ちを受けなければならなかったのか。それは、私たちの罪の赦しのためであったと言います。あの十字架の犠牲によって私たちの罪が償われたと言うのです。そしてイエスは十字架で、そのことを確認するかのように「完了した」と語られて息を引き取られました(ヨハネ19:30)。もはや、これで終わり、これ以上の神の災いは、私たちに及ぶことはない。大切なのはその信仰に生きるかどうかです。神の赦しを信じ、新しい命が与えられていることを信じて立ち上がって、新しい人生の一ページを進んでいく、それが私たちの次のステップなのです。では、今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。ユダヤ人は、今日でも、この哀歌を特別な日に朗読するために用いている。〇か×か?答えは〇です。実際には第5の月(アブの月で、現在の7-8月)の9日、つまり神殿の滅亡を悲しみ、断食をする日に朗読するためにこの哀歌を用いています。では、今日の聖書クイズです。ペカ、レツィン、アハズの時代に活躍した預言者は、誰でしょうか?①エリヤ、②イザヤ、③エレミヤ。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 4: The Punishment Was Served

1. the meaning of the technical book

 As already mentioned, Lamentations is a technical poem, or “iroha-uta,” in which the first letter of each verse is aligned with the alphabetical order of the 22 letters of the Hebrew language. The structure is also elaborate, with chapters 1 and 5 and chapters 2 and 4 corresponding in thought, and the most important thought being placed in the middle three chapters.

There are various theories as to why Lamentations was created as such an elaborate poem. One might well be that it was to aid memory. But the reason that makes the most sense to me is that such craftiness would help the poets to suppress their deepest emotions and calmly reflect on their sorrows. In the first place, the lament was probably written with the intention of being recited in public worship as a spiritual lesson that should not be forgotten. It is therefore quite understandable that the poet did not want to provoke undue emotional response to the deeply sorrowful content of the poem by making it a technical poem, but rather calmly let God speak to him through the content of the poem. In fact, the content of the poem, even though it is from ancient Israel, still speaks to us deeply and penetratingly, as if it has transcended the ages.

2. the punishment has been fulfilled

Verse 1 recalls the incident in which Nebuzar Adan burned the temple (2 Kings 25:9). The nation of Israel was trampled and humiliated by Babylon (v. 2). Wretched was the suckling child. Food was running out and mothers were unable to fill their children’s bellies (vv. 3, 4). And at this time, the rich and the poor all suffered the same fate (v. 5). Then there was the worst incident of a mother boiling and eating her own child (v. 10, corresponding to 2:20). These are truly heartbreaking events, but the technical versification allows the reader to read along without hesitation.

 At any rate, this terrible event was God’s punishment of Israel’s leaders who had continued to commit all kinds of sins (v. 13). But why did God go to such lengths in punishing them? It may indeed seem that way in some places, but let’s pay attention. The psalmist says, v. 22: “The punishment for you has been fulfilled. The Lord will no longer take you captive and transfer you. “With this horrendous situation, God’s wrath has ended. God’s punishment has been fulfilled. No more. There are no more plagues, if there is any need for atonement for sins, it has been fully paid for, it is all over.

The same is true of the cross of Jesus. The crucifixion of Jesus was a truly gruesome event. A single human being rushed to his death and beat him to death. And finally, to impress upon them that He was not the Son of God, they crucified Him together with two other evil men, demonized Him, and threw Him away. Why did Jesus, who loved, helped, empowered, and saved people, have to suffer such treatment? He says it was for the forgiveness of our sins. He says that our sins were atoned for by the sacrifice of the cross. And on the cross, Jesus breathed His last, saying, “It is finished,” as if to confirm this (John 19:30). It is no longer done, and no more plagues of God will befall us. What matters is whether we live in that faith. Believing in God’s forgiveness, getting up believing that we have been given a new life, and moving forward on a new page of life, that is our next step. So, I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner>

First, yesterday’s quiz. The Jews still use this lament to recite on special occasions today. Zero or X? The answer is 0. In fact, they use this lament to be recited on the 9th of the 5th month (the month of Ab, now July-August), the day of mourning and fasting for the destruction of the Temple. Now for today’s Bible quiz. Who were the prophets active during the time of Pekah, Rezin, and Ahaz? (1) Elijah, (2) Isaiah, and (3) Jeremiah. See you tomorrow for the answer. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です