人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書44章 永遠に立つ神のことば

1.エレミヤの消息 

この44 章は、エレミヤの最期のメッセージとされるものです。ですからエレミヤ書それ自体はまだ続いていきますが、本章の内容は、エルサレム陥落に関連した25章あたりに続くものと考えられています。つまり、エレミヤのメッセージはイスラエルのバビロン捕囚からエジプトへの逃避という出来事の中で終わってしまい、これ以降のエレミヤの消息も途絶えてしまうのです。伝説によると、彼はエジプトで石打にされ、殺されたと言われています。

 ともあれ、イスラエルの民は、カルデヤ人の報復を恐れて、エジプトへと逃げていきました。そして、エジプトの地に住み着くや、すでに彼らはエジプトに住み着いていたユダヤ人と共に、真の神を捨ててエジプトの偶像崇拝に陥ってしまうのです。彼らは自分たちの身にふりかかった災いが、天地創造の神に従わなかったからではなく、むしろ「天上の女王」に対する礼拝をないがしろにしたためであると考えました。実際、彼らは、一切の不幸はヨシヤの宗教改革に始まったと考えたようです。確かに、あの宗教改革事業の後、ヨシヤ王は戦死し、ユダ南王国は次々と困難に襲われるようになりました。彼らの思いの中には、全ては、宗教改革によって天上の女王を捨てた報いなのだ、というものがあったわけです(17、18節)。

2.天上の女王

「天上の女王」は、アシュタロテのこととされています。アシュタロテは、ツロとシドンの民が礼拝した女神で、農耕神のバアルの妻とされた偶像です。実際には、黄金製や青銅製の女体裸形像として造られ、エジプトではカデシュ、ギリシヤではアフロディト、ローマではヴィーナスとして知られる情愛の神として崇拝されました。イスラエルでは、バアルと共に、パレスチナ定着後、士師の時代に信奉されはじめ(士2:13、10:6)、幾度か神の戒めによって滅ぼされましたが、ソロモンの外交政策により再び復活(Ⅰ列11:5、33)、その後改革されたにもかかわらず、存続し続けた偶像崇拝です。

この「天上の女王」に心を傾けるユダヤ人に対して、エレミヤは神のことばの真実さを伝えようと戦いました。しかし彼らは反抗するのです。そしてそれはいのちをかけた戦いとなりました。エレミヤは彼らに神の言葉を告げます。「ではその考えを貫くがよい」と。まことの神がどなたであるかを知るにはそれ以外にない。そして、あなたがたも滅びるのだ、と(27節)。

3.ユダヤ人のその後と神のことば

30節、ここに出てくるエジプトの王ホフラは、エジプト第26王朝の4番目の王です。彼は即位して間もなく、パレスチナとフェニキヤを侵略しています。そしてユダの王ゼデキヤをバビロンに反逆させました(エレミヤ37:5)。しかしそれによって、ネブカドネツァルはエルサレムを攻撃し、陥落させるのです。ホフラは少数のユダヤ人避難民を自国に受け入れ、彼らをタフパヌヘスに住まわせましたが(43:7)、その後BC569年リビヤ遠征中に起こったクーデターを制圧しようとして殺されてしまいます(BC566年)。まさにエレミヤの預言どおりに事は成就していくのです。

 おそらくエレミヤはその結果を見ることもなかったでしょう。ある意味でエレミヤは報われない預言者でした。しかし、彼はすぐ見える結果のために預言者として立ったわけではありませんでした。永遠に生きるまことの神の言葉を証するためです。従うべき神のことばがあるのです。そして神に従うところに、本当の祝福があるのです。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。バアル礼拝を徹底して排除したエフーが大事にした偶像は何であったでしょうか?①アシュタロテ、②金の子牛、③ケモシュ。答えは②金の子牛でした。では、今日の聖書クイズです。エジプトでカデシュとして信奉された偶像アシュタロテは、もともとどの国に由来する偶像であったでしょうか?①シドン、②ペリシテ、③モアブ。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 44: The Word of God Standing Forever

1. the disappearance of jeremiah 

This chapter 44 is considered to be Jeremiah’s final message. Therefore, although the book of Jeremiah itself will continue, this chapter is considered to be located around chapter 25, which is related to the fall of Jerusalem. In other words, Jeremiah’s message ends in the event of Israel’s flight from the Babylonian captivity to Egypt, and there is no further word of him after this. Legend has it that he was stoned and killed in Egypt.

 At any rate, the Israelites fled to Egypt, fearing retribution from the Chaldeans. And once they settled in the land of Egypt, they, along with the Jews who had already settled there, abandoned the true God and fell into Egyptian idolatry. They attributed the calamity that befell them not to their disobedience to the God of creation, but rather to their neglect of the worship of the “Queen of Heaven. In fact, they seemed to think that the whole misfortune began with Josiah’s Reformation. Indeed, after the Reformation, King Josiah was killed in battle, and the southern kingdom of Judah was struck by one difficulty after another. In their minds, all of this was retribution for abandoning the Queen of Heaven through the Reformation (vv. 17, 18).

2. the Queen of Heaven

The “queen of the heavens” is taken to be Ashtaroth. Ashtaroth was a goddess worshipped by the people of Turo and Sidon, an idol who was considered the wife of Baal, the god of agriculture. In fact, she was made as a nude female figure made of gold or bronze and worshipped as a goddess of affection, known as Kadesh in Egypt, Aphrodite in Greece, and Venus in Rome. In Israel, along with Baal, it began to be worshipped during the period of the Judges after the establishment of Palestine (Judges 2:13; 10:6), was destroyed by divine commandment several times, but was revived again by the foreign policy of Solomon (I Kings 11:5, 33), and continued to exist in spite of subsequent reforms.

Against the Jews, whose hearts were set on this “queen of the heavens,” Jeremiah fought to convey the truth of God’s Word. But they rebelled. And it became a battle for life. Jeremiah tells them the Word of God. Then you will do what you think is right. There is no other way to know who the true God is. Then you too will perish (v. 27).

3. after the Jews and the Word of God

In verse 30, Hophra, king of Egypt, is the fourth king of the 26th dynasty. Shortly after his accession to the throne, he invaded Palestine and Phoenicia. He then turned Zedekiah, king of Judah, against Babylon (Jeremiah 37:5). But it is through this that Nebuchadnezzar attacks Jerusalem and causes it to fall. Hophra accepted a small number of Jewish refugees into her land and settled them in Tahpanuheth (43:7), but was later killed trying to suppress a coup d’état during the Libyan campaign of 569 BC (566 BC). The events of Jeremiah’s prophecy were fulfilled exactly as Jeremiah had predicted.

 Jeremiah probably never saw the outcome. In a sense, Jeremiah was an unrewarded prophet. But he did not stand as a prophet for immediate results. He stood as a prophet, however, not for immediate results, but to testify to the true Word of God, which lives forever. There is the Word of God to obey. And in obeying God, there is true blessing.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. What idols did Jehu cherish when he eliminated the worship of Baal? (1) Ashtarote, (2) the golden calf, and (3) Chemosh. The answer was (2) golden calf. Now, here is today’s Bible quiz. The idol Ashtaroth, which was worshipped as Kadesh in Egypt, was originally an idol that originated from which country? (1) Sidon, (2) Philistines, and (3) Moab. The answer will be given tomorrow. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です