人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書47章 ペリシテに対する預言

 ペリシテに対する預言です。ペリシテ人は、ヤフォとガザの間にある地中海沿岸の平野に住み着いていた民族です。パレスチナという名前は、このペリシテということばから来ています。

1.ファラオがまだガザを討つ前に 

エレミヤは、ペリシテ人に、バビロンの攻撃があることを伝えました。表題には、「ファラオがまだガザを討つ前に」とあります。それは、おそらくネブカドネツァルがガザを攻撃したBC604年の春と考えられています。この時、ペリシテはエジプトに援助を求めています。しかしエジプトはこれに応じることができませんでした。その後、BC601年に、ファラオは勢いを回復し、ガザを取り戻しています。ですから、「ファラオがまだガザを討つ前に」というのは、この時のことなのだと言うわけです。

2.バビロンの猛攻

3節、バビロンは北から起こる水にたとえられています。洪水のように襲い掛かる、バビロンの勢いに、フェニキヤからの援軍も助けにならないと言います(4節)。「カフトル」は、「クレテ島」のことで、もともとペリシテ人はそこからやってきたとされています。つまり、彼らのルーツまで、徹底してバビロンの攻撃にさらされる、ということです。5節、ガザは「頭を剃られ」これは敗戦の嘆きを象徴しているのでしょう。ガザの北にあるアシュケロンも廃墟とされる。つまりペリシテの主要都市が、ことごとく壊滅状態に追いこまれるということでしょう。何とも絶望的な記述です。そこにエレミヤのことば、祈りが挿入されています。「ああ。主の剣よ。いつまで休まないのか。さやに収まり、静かに休め」(6節)。注目すべきことは、エレミヤが、「北から起こる水」を「主の剣」と言い換えているところでしょう。悲惨な国際紛争を、それは単なる帝国主義の侵略戦争ではなく、神の裁きの道具としてバビロンが用いられたものであると語るのです。エレミヤのこのような戦争の捉え方に、わけがわからないと思う人もおられるかもしれません。

3.神の正義

昨今の国際紛争のニュースを見聞きしながら、これが神の裁きの手であると考える人は誰もいないことでしょう。もし、これが神の裁きであると思うところがあるならば、エレミヤと同様に、「主よ、あなたの御手を止めてください」と私たちは、神に祈りの声をあげざるを得ないのです。しかし、そのようにはならないものです。むしろ、私たちは優勢な立場にある国に対して、停戦を求めるのです。ただ、戦争が長引くに連れ、紛争の最中にある国の事情が明らかになるにつれ、これが、優勢な国、強国に停戦を求めればよいという問題ではないことを次第に感じてくるところもあるでしょう。これが一方の国の横暴で起こっているというよりも、長年の敵対、憎しみ、衝突の結果起こっているもので、本来まことに正しい神に、裁かれなければならないものがあることをも感じさせられるのです。

エレミヤは言います。7節「どうして、休めるだろうか。主が剣に命じられたのだ」裁かれるべきものがある。そうした人間の罪の状況に目をつぶって、表面的な平和を求める落とし穴があるというべきでしょう。宗教の役割は、戦争のイデオロギーに利用されるものではなく、むしろ、戦争を起こす人間の魂の状況を明らかにすることです。本当に人間が自らの内にも潜む、争う心を認め、その罪からの救いを求め、神にあって新しいものとされていく。そこに、新しい世界秩序も生じるというべきではないでしょうか。神の正義が現わされることが求められる世界の状況があるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>                                                   

最初に、昨日のクイズです。カルケミシュの戦いに向かうエジプト軍を阻止しようとして、殺された王様は誰でしょうか?①アモン、②ヨシヤ、③エホヤキン。答えは②ヨシヤでした。では、今日の聖書クイズです。次のうち、ペリシテの五大都市に入らないものはどれでしょうか?①ガザ、②アシュケロン、③カフトル。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 47: Prophecy Against the Philistines

This is a prophecy against the Philistines. The Philistines were a people who lived in the Mediterranean coastal plain between Jaffa and Gaza. The name “Palestine” comes from the word Philistine.

1. before Pharaoh struck Gaza 

Jeremiah told the Philistines that Babylon was attacking them. The title says, “Before Pharaoh has yet struck Gaza. It was probably the spring of 604 BC when Nebuchadnezzar attacked Gaza. At this time, the Philistines asked Egypt for aid. Egypt, however, failed to respond. Later, in 601 BC, Pharaoh regained his momentum and regained Gaza. So we say that “before Pharaoh had yet struck Gaza” refers to this time.

2. the onslaught of Babylon

In verse 3, Babylon is likened to water coming from the north. Babylon’s onslaught is like a flood, and the reinforcements from Phoenicia are of no help (v. 4). Kahfutol” refers to the island of Crete, from which the Philistines are said to have originally come. In verse 5, Gaza is “shaved on the head,” perhaps symbolizing lamentation over the defeat. Ashkelon, north of Gaza, is also considered to be in ruins. This would mean that every major city in the Philistines is driven to ruin. This is a desperate description. Then Jeremiah’s words, a prayer, are inserted. Ah, O sword of the LORD! O sword of the Lord! How long will you not rest? Rest quietly in your sheaths” (v. 6). It is perhaps noteworthy that Jeremiah refers to the “waters that arise from the north” as “the sword of the Lord. He speaks of the disastrous international conflict as not merely a war of imperialist aggression, but one in which Babylon is used as an instrument of divine judgment. Some may find Jeremiah’s view of the war confusing.

3. God’s Justice

No one who watches and listens to the news of recent international conflicts can possibly think that this is God’s hand of judgment. If there is any part of us that thinks that this is God’s judgment, then like Jeremiah, we are compelled to say to God in prayer, “Lord, stop your hand. But it does not work that way. Rather, we call for a cease-fire against the country that has the upper hand. However, as the war drags on and the circumstances of the countries in the middle of the conflict become clearer, some of us will gradually realize that this is not a matter of simply asking for a ceasefire from the superior or stronger country. Rather, it is the result of long-standing hostility, hatred, and conflict, which must be judged by a true and righteous God.

Jeremiah says, verse 7: “How can I rest? The Lord has commanded the sword.” There are things that must be judged. It should be said that there is a pitfall in turning a blind eye to such a situation of human sin and seeking a superficial peace. The role of religion is not to be used as an ideology of war, but rather to reveal the situation of the human soul that causes war. Truly, man recognizes the warring spirit that lurks even within himself, seeks salvation from his sins, and is made new in God. In this way, a new world order will arise. There is a situation in the world that demands the manifestation of God’s justice. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Who was the king who was killed trying to stop the Egyptian army heading for the battle of Carchemish? (1) Amon, (2) Josiah, and (3) Jehoiachin. The answer was (2) Josiah. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following is not one of the five major cities of the Philistines? (1) Gaza, (2) Ashkelon, and (3) Kahfutol. See you tomorrow for the answer. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です