人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書48章 モアブに対する裁き

1.イスラエルとモアブの関係

46章はエジプト、47章はペリシテ、そしてこの48章はモアブに対する裁きのメッセージです。モアブは、民族的には、イスラエル民族の祖、アブラハムの甥ロトの子孫ですから、イスラエルとは血のつながった関係にあります。後にモアブ人の女ルツが、イスラエル人のボアズと結婚し、イスラエル建国の王とも言うべきダビデにつながっていきますので、モアブとイスラエルは、深い関係にありました。しかし実際には、モアブとイスラエルは、それほど友好な関係にはありませんでした。

出エジプト後、ルベン族が、その土地を自分たちのものと主張して以来イスラエルとモアブは衝突を繰り返してきたのです。そして、ユダ南王国末期、エホヤキム王の時代、モアブはバビロンの同盟軍となってユダに対抗しましたが、バビロンそれ自体に滅ぼされています。こうしてモアブという国が滅びていくことは、預言者アモス(2:1-3)やイザヤ(15、16章)によって、百年以上も前に、既に預言されていましたが、エレミヤのメッセージはその繰り返しです。

2.モアブへのメッセージ

そこでこの48章、読み進めてみると、裁きのメッセージが長いのです。神の怒りと報復のメッセージが続くので、どうも早く読み飛ばして、先へ進みたいような気にもなってきます。しかし、このようにくどくどと神のさばきを語られなければならなかった、当時の時代の難しさ、悪さもあった、と言うべきなのでしょう。

ですから、忍耐をもって耳を傾けてみると、その厳しくも、単純なメッセージが実に、人間社会の核心をつくものとなっていることがわかります。例えば7節、モアブは、神ではなく、ものに頼ったが故に、足をすくわれたと言います。また29節、モアブは、高ぶったが故に低められたと言います。こうした指摘は、ある意味で普遍的な真理とも言うべきでしょう。お金やものを第一にする価値観、拝金主義、物質主義は、いつ足をすくわれるかわからないような脆い人生基盤です。お金があれば、ものがあれば安心と人は考えるものですが、お金やものでつながる人間関係ほど脆弱なものはありません。最終的に人を助けるのは、しっかりとした人間関係のみということがあるものです。

また、高ぶる者は低くされる、もそのとおりでしょう。モアブはワインの酒造でよく知られていました。12節、「それゆえ、見よ、その時代が来る。そのとき、わたしは彼に酒蔵の番人たちを送る。彼らは彼を桶から移し、彼の桶を空にて、壺を砕く。」とあります。現代的に言えば、ワイン酒造の生産ラインが停止し、工場を解体している、廃業となったイメージが語られています。モアブが自ら自分を低くしていれば、このように神によって砕かれることもなかったということです。

結局人間は謙虚に生きる時に最も安定した歩みができるのです。人が人の上に立とうとする結果、人は、尊大になるのみならず、神の座に土足で上がり込んでしまうのです。しかし、崇められるべきお方は神のみです。結局、人間は、神によって造られた者であることを弁え、苦難にあっては、神とともにこれを耐え忍び、順境にあっては神とともにこれを喜び、感謝する、そのような存在であることをよく理解して歩むことが大切なのでしょう。人間であるからこそ、こう歩むという聖書的な人生観をしっかりもって歩ませていただきたいものです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。次のうち、ペリシテの五大都市に入らないものはどれでしょうか?①ガザ、②アシュケロン、③カフトル。答えは③カフトルでした。ちなみにペリシテの五大都市は、ガザ、アシュケロン、アシュドデ、エクロン、ガテになります。では、今日の聖書クイズです。モアブ人の神、ケモシュをイスラエルに導入した人物は誰でしょうか?①ソロモン、②アハブ、③ヨシヤ、答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 48: Judgment on Moab

1. the relationship between Israel and Moab

Chapter 46 is a message of judgment against Egypt, chapter 47 against the Philistines, and this chapter 48 is a message of judgment against Moab. Moab is ethnically descended from Abraham’s nephew Lot, the founder of the nation of Israel, so it is related to Israel by blood. Later, Lutz, a Moabite woman, married Boaz, an Israelite, leading to David, the founding king of Israel, so Moab and Israel had a deep relationship. In reality, however, Moab and Israel did not have such a friendly relationship.

After the Exodus, the tribe of Reuben claimed the land as their own, and ever since then Israel and Moab have been in conflict. Then, at the end of the Southern Kingdom of Judah, during the reign of King Jehoiakim, Moab became an ally of Babylon against Judah, but was destroyed by Babylon itself. The destruction of the nation of Moab had already been prophesied over a hundred years earlier by the prophets Amos (2:1-3) and Isaiah (chapters 15 and 16), and Jeremiah’s message is a repeat.

2. message to Moab

So, in this 48th chapter, as we read on, the message of judgment is a long one. The message of God’s wrath and retribution goes on and on, so much so that one is tempted to skip the rest of the chapter and move on. However, it should be said that there were difficulties and evils in those days when God’s judgments had to be spoken so much.

Therefore, if you listen with patience, you will find that the harsh, yet simple message really goes to the heart of human society. For example, in verse 7, Moab says that he relied on things and not on God, and thus his feet were shod. In verse 29, Moab is brought low because of his exaltation. In a sense, these points are universal truths. Values that put money and things first, worship, and materialism are fragile foundations for life that can be swept away at any moment. People think that money and things make them feel secure, but there is nothing more fragile than relationships connected by money and things. Sometimes it is only solid relationships that ultimately help people.

It may also be true that he who is exalted is brought low. Moab was well known for its wine brewing, and verse 12, “Therefore, behold, his days are coming. Then I will send to him the keepers of the wine cellars. They will take him out of the vat, empty his vat, and break the jars.” The same is true of the wine cellar. In modern terms, we are told of an image of a wine brewery that has gone out of business, with the production line shutting down and the factory being dismantled. If Moab had lowered himself, he would not have been crushed by God in this way.

In the end, human beings can walk most stably when they live humbly. As a result of man’s attempt to be above others, he not only becomes arrogant, but he also steps on God’s throne. But God alone is the One to be revered. In the end, it is important for human beings to walk with the understanding that they are created by God, that they endure with God in suffering, and that they rejoice and give thanks with God in good times and bad times. It is important for us to walk with the biblical view of life that we should walk in this way because we are human beings. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Which of the following is not one of the five major cities of the Philistines? (1) Gaza, (2) Ashkelon, and (3) Kahfurtl. The answer was (3) Kahfutol. By the way, the five largest cities in Philistine would be Gaza, Ashkelon, Ashdod, Ekron, and Gath. Now for today’s Bible quiz. Who introduced Chemosh, the Moabite god, to Israel? (1) Solomon, (2) Ahab, (3) Josiah, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

“人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書48章 モアブに対する裁き” への2件の返信

  1. 誠先生今日も有難うございます。
    しつこく食いつくようで申し訳ないのですが、一回でも抜けると、せっかくの学びが
    勿体無いことになる気がするので
    日曜26日、36章をメールで読みたいです。
    よろしくお願いします…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です