人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書50章 神の時を待つ

1.バビロンに対する宣告

46章からイスラエル周辺諸国への預言が続けられてきました。50章、そして明日読む51章と2章に渡って、いよいよ大国のバビロンに対する預言が語られます。かつて、イスラエルを討つ神の道具として用いられたバビロンが、今度は、神に裁かれる側になると言うのです。それは、29節、バビロンが「主に向かい、イスラエルの聖なる方に向かって高ぶったからだ」と言います。世界の動きは、ただ力あるものが、弱き者を踏みにじっている、そのように見えることがあります。しかし、そうではありません。エレミヤは、イスラエルがバビロンによって滅ぼされることを伝えるのみならず、バビロンもまた、神に与えられた役割を意識せず、度を超したことをするなら、神は、それを放っておくことはないと言います。神は公正なお方であり、すべては神の支配と許しの中で起こっているのです。

ただこの預言は、しばしば後代のもの、つまりバビロン帝国末期(BC538年頃)に未知の預言者が、エレミヤ風に加筆したもの、と考えられてもいました。しかし、そのような解釈は、エレミヤの預言能力も、神がおられる霊的現実をも否定するものでしょう。やはり歴史は力ある人々によって築かれてきたものではなく、そのような人々の背後にあって、これを正しく導かれるお方がおられることは、否定できないと言えます。人間のあり様を評価し、これにご自分の意思をお伝えになる神がおられるのです。

2.まことの神を恐れる

 しかし多くの人々は、そのような神がおられることを認めようとはしないでしょう。むしろ、自分に都合のよい神を奉るだけであったりします。2節「ベル」は、バビロンの守護神、「メロダク」は、別名マルドゥクとも呼ばれる神です。しかしその神々も、バビロンと運命を共にし、北からの敵によって滅ぼされる、と語られます。拝むべき方は、この世界をお創りになり、歴史を支配されるまことの神だ、と言うわけです。当時のバビロンの勢いを考えた時に、誰が、バビロン滅亡の預言など、まともに信じることができたかと思われます。しかし、神の意思を妨げる者は誰もおりません。神が語られたとおりに、つまり聖書に記された神のことばどおりに歴史は動いてきました。

となれば、私たちに語られてきたことも、同じように起こりうることでしょう。新約聖書の使徒パウロは、私たちはみな罪人であり、神の怒りの裁きを受けるべきものであると語っています。しかし、同時に、あの2000年前のイエスの十字架は、私たちの罪の身代わりに、神の怒りを一身に受けてくださった姿であり、私たちは皆、その神の怒りの裁きから救われていることを伝えています。それがまさに福音と呼ばれるもの、全人類は、神の前にはなはだしい罪人でありながらも、イエスの十字架によって、神の怒りの裁きから救いだされ、今や、神の愛する子とされているのです。それは、過去の歴史のお話ではなく、今の私たちにも関係のあることだと言うべきでしょう。そして神の子とされることの意義は、実に大きいと言わなくてはなりません。それまでは神とは全く関係なく生きていた私たちは、もはや神の子と扱われるのです。本当に配慮され、大事にされる子として扱われます。そして、神は、公正なお方ですから、私たちにもし、何か行き過ぎなことがあれば、神は、イスラエルに約束されたように、そのことをも必ず正してくださると、私たちは人生に新しい希望を抱くことができるでしょう。正しいことを行われるまことの神が、私たちとともに人生の歩みを進めてくださる、確かな安心がそこにあるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。エラムの首都は、次のどれでしょうか?①スサ、②ニネベ、③ツロ。答えは①スサでした。エラムはクロス王の時に、ペルシア帝国の中心地となり、その首都も再建されました。では、今日の聖書クイズです。次の内、バビロンの神ではないものはどれでしょうか?①ベル、②ネボ、③ラー。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 50: Waiting for God’s Time

1. the pronouncement against Babylon

Since chapter 46, the prophecy against the nations surrounding Israel has continued, and now in chapter 50, and tomorrow in chapter 51, we will finally hear the prophecy against the great nation of Babylon. Babylon, once used as God’s instrument to defeat Israel, will now be the one to be judged by God. This is because, verse 29 says, Babylon “has exalted itself against the Lord, against the Holy One of Israel. Sometimes it seems that the world is moving in such a way that the merely powerful are trampling on the weak. But it is not so. Jeremiah not only tells us that Israel will be destroyed by Babylon, but also that God will not leave them alone if Babylon, unaware of its God-given role, goes too far. God is just, and everything happens within His control and forgiveness.

However, this prophecy was often thought to be a later version, a Jeremiah-like addition by an unknown prophet at the end of the Babylonian Empire (ca. 538 BC). Such an interpretation, however, would deny both Jeremiah’s prophetic ability and the spiritual reality of God’s presence. After all, history has not been made by powerful men, and it is undeniable that there is One behind such men who is guiding them correctly. There is a God who evaluates the human condition and communicates His will to it.

2. fear the true God

 Many people, however, will not admit that there is such a God. Bel” in verse 2 is the patron god of Babylon, and “Merodach,” also known as Marduk, is the god of the Babylonians. But even those gods, we are told, are destined to share the fate of Babylon and be destroyed by the enemy from the north. The one to be worshipped is the true God who created the world and rules history. Considering the momentum of Babylon at that time, it is doubtful that anyone could have seriously believed the prophecy of Babylon’s destruction. However, no one can thwart God’s will. History has moved according to what God has said, that is, according to God’s words as recorded in the Bible.

So, what has been told to us can happen in the same way. The New Testament apostle Paul says that we are all sinners and deserve the judgment of God’s wrath. But at the same time, he tells us that the cross of Jesus, 2,000 years ago, is a picture of God’s wrath being borne in place of our sins, and that we are all saved from the judgment of God’s wrath. That is precisely what is called the gospel: all mankind, though sinners before God, have been saved from the judgment of God’s wrath through the cross of Jesus, and are now God’s beloved children. We should say that this is not a story of past history, but something that is relevant to us today. And I must say that the significance of being made a child of God is truly great. We are now treated as God’s children, even though we had been living without any relationship with God. We are treated as children who are truly cared for and treasured. And because God is just, we can have a new hope for our lives, knowing that if we ever go too far, God will make it right, just as He promised Israel. We have the certainty that the true God, who does what is right, will work with us in our lives. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です