人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書52章 エレミヤ書の付加文

1.52章の背景と内容

エレミヤ書最後の章となりました。この章は、預言書の続きというよりは、一つの史実を描いており、エレミヤの預言が真実であったことを伝える内容となっています。実際、51:64には「ここまでが、エレミヤのことばである」とあり、52章は、別物の記録とされているのです。

実際52章に書かれたことを概観してみましょう。まず1節、エレミヤにその未来を予告されたゼデキヤの結末が記されます。ゼデキヤの母は、リブナ出身のエレミヤの娘とされていますが、このエレミヤは、預言者エレミヤとは別人です。それはよいとして11節、ゼデキヤはネブカドネツァルに反逆した報復を受けています。また、17節から23節、祭儀用の器物、つまりイスラエルの財宝がすべて神殿から運び出され持ち去られたこと記されています。さらに、30節、三度に渡って、総数4,600人の捕囚民がバビロンに連れ去られたと言います。ここで述べられていることは、2列王24:14、16と同じことですが、ただその記録されている人数は随分異なっています。それは、恐らくエレミヤ書は、成人男子の実数を、2列王記は、全体の人数を記録したためではないか、と考えられています。そして31節にはエホヤキン王の恩赦が描かれていますが、それはネブカドネツァルの死後のこと、もはやエレミヤは既に死んでいたと思われる時代のことです。つまり52章は、明らかにエレミヤ以外の誰かが加筆したものなのでしょう。

2.神の確からしさを覚えるために

ともあれこの52章の記録者は、「実に、エルサレムとユダが主の前から投げ捨てられるにいたったのは、主の怒りによるものであった」(3節)と、この記事の解説を加えるのです。つまりゼデキヤやイスラエルが反逆したのは、ネブカドネツァルに対してではない。単に同時代の勢力均衡を崩す、暴挙に出たからではない。まさに、目に見えざる天地の造り主、かつてイスラエルに格別の憐れみを注ぎ、エジプトから救い出した神に反逆したためであると言うわけです。

エルサレムの城壁も神殿も破壊し尽くされ、町は瓦礫の山と化していました。恐らくこの後に、ネヘミヤ書、エズラ書を読めば、それがいかに壊滅的で、絶望的なものであったかがよく理解されるところでしょう。52章の著者は、神のことばの確からしさを私たちに伝えようとしているのです。神は歴史に働き、導いておられる。この神を覚えることなしに私たちの未来もありえないということです。

またこの52章は、エホヤキンの恩赦に後半焦点を合わせ、イスラエルに回復の希望を与える書き方となっています。繰り返しになりますが、神は物事を裁いて終わりとするお方ではありません。怒りをぶちまけて終わりという方ではないのです。そのような意味では、エレミヤの預言は、エルサレム崩壊の時代を生きた人々にとっては耳痛いものでしたが、実際に崩壊後の70年の捕囚期を生き抜いた人たちにとっては、慰めと励まし、また希望を与えるものであったはずです。今日、私たちがこの書を同じように、耳痛いものとして読むのか、あるいは、慰めと励まし、また希望を与えるものとして読むのか。それは私たちの魂が神の前にどうあるかにかかっていると言えるでしょう。旧約聖書は、どうも耳痛い、心を責められてかなわないと言う人は多いものです。しかし、置かれた状況にあっては、それは慰めと励まし、また希望を与える書です。まさに、遜り、砕かれた心をもって読む時にそうなのです。では今日もよい一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。聖書の中で、ユーフラテス川が出てくる最初の箇所はどこでしょうか?①創世記、②列王記、③エレミヤ書。答えは①創世記でした。創世記2:14には、エデンの園の四つの川の一つとして出てきます。では、今日の聖書クイズです。ユダ南王国で最も長い政権を握ったのはマナセ、では最も短い人は誰であったでしょうか?①ヨシャパテ、②アハズ、③エホヤキン。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Jeremiah 52 Additional Text of Jeremiah

1. background and contents of chapter 52

This is the last chapter of the book of Jeremiah. Rather than being a continuation of the prophetic book, this chapter describes a single historical fact and conveys the truth of Jeremiah’s prophecy. In fact, 51:64 says, “So much for the words of Jeremiah,” making chapter 52 a separate record.

Let us take an overview of what is actually written in chapter 52. First, verse 1 describes the outcome of Zedekiah, whose future is foretold by Jeremiah. Zedekiah’s mother is said to be the daughter of Jeremiah from Libnah, but this Jeremiah is not the same person as the prophet Jeremiah. Be that as it may, in verse 11, Zedekiah is avenged for his rebellion against Nebuchadnezzar. In verses 17-23, all the ritual vessels, or treasures of Israel, were removed from the temple and taken away. In verse 30, we are told that a total of 4,600 captives were taken to Babylon on three separate occasions. What is described here is the same as in 2 Kings 24:14, 16, only the number of people recorded is very different. It is thought that this is probably because the book of Jeremiah gives the actual number of adult males, while 2 Kings gives the overall number. And verse 31 describes King Jehoiachin’s pardon, but this was after Nebuchadnezzar’s death, when Jeremiah was no longer supposed to be dead. In other words, chapter 52 was clearly an addition by someone other than Jeremiah.

2. to remember God’s certainty

Anyway, the recorder of chapter 52 adds the following commentary to the article: “Indeed, it was the Lord’s anger that caused Jerusalem and Judah to be thrown down from His presence” (v. 3). In other words, it was not against Nebuchadnezzar that Zedekiah and Israel rebelled. It was not simply because they were outraged, upsetting the balance of power of their contemporaries. It was precisely because they rebelled against the invisible Maker of heaven and earth, the God who once poured out His exceptional mercy on Israel and delivered them from Egypt.

The walls of Jerusalem and the temple were destroyed, and the city was reduced to a pile of rubble. The author of chapter 52 is trying to convey to us the certainty of God’s Word. God is working and guiding history. Without remembering this God, there can be no future for us.

Chapter 52 is also written in a way that gives Israel hope for restoration by focusing the second half of the chapter on the pardon of Jehoiachin. Again, God is not one to judge and be done with things. In that sense, Jeremiah’s prophecy, while painful to those who lived through the fall of Jerusalem, should have been a source of comfort, encouragement, and hope to those who actually lived through the 70 years of captivity that followed the fall. Do we read it today in the same way, as an earworm, or do we read it as a source of comfort, encouragement, and hope? It depends on how our souls are before God. Many people say that the Old Testament is painful to listen to, that it is condemning and unappealing. But in the context of our situation, it is a book of comfort, encouragement, and hope. This is true when we read it with reverence and a broken heart. I wish you a good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Where is the first place in the Bible where the Euphrates River is mentioned? (1) Genesis, (2) Kings, and (3) Jeremiah. The answer was (1) Genesis. It is mentioned in Genesis 2:14 as one of the four rivers in the Garden of Eden. Now for today’s Bible quiz. Manasseh held the longest reign in the southern kingdom of Judah, then who was the shortest? (1) Joshapate, (2) Ahaz, and (3) Jehoiachin. The answer will be given tomorrow. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です