人生100倍の視野【聖書】ゼカリヤ書6章 メシヤ預言

1.第八の幻

 第八の幻には、四台の戦車が登場します。第一の幻にも馬が四頭出てきました(1章)。第一の幻では、馬は谷底にあるミルトスの木の間に立っていました。彼らは、ペルシア帝国に平定された地を行き巡り、もはやペルシア帝国の時代が到来、滅びたイスラエルは、回復する見込みのないことが暗に語られていました。第八の幻に登場する戦車は、二つの青銅の山から、全地に出ていこうとしています。青銅は、不変性と力の象徴です。神の不変性と力を背景として現れたということを意味しています。ですからこの四台の戦車は、それぞれ天の四方を駆け巡るものとして、神の使命を帯びて遣わされていくのです。黒い馬は北、白い馬は西、斑毛の馬は南、とそれぞれの地に駆けて行きます。

ここは、新約聖書のヨハネの黙示録の解釈原則を適用すべきところです。つまり、細かな象徴の意味をあれこれ考え適用するのではなく、幻全体のイメージからその意味を考えることです。となると北の地へ出て行った馬は、神の霊を鎮める、とあります。北は、バビロンを指しています。神の民を抑圧していた国、そのバビロンに黒い馬が出ていくというのは、バビロンが討ち滅ぼされることを意味していると考えてよいでしょう。つまり第一の幻で、永遠に固定されると思われた新しい秩序が、第八の幻でうち滅ぼされる。イスラエルの回復があることを語っている、と言うことです。

これが、当時のユダヤ人のみならず、現代的なメッセージであるのは、使徒ヨハネが黙示録の中で、これらのイメージを使って神の裁きを語っていることからもわかります。ヨハネは、地上に戦争、災害、疫病など様々な災いが起こる状況を描いていますが、それは、神のもとから、今の世界秩序の在り方に対する否を唱える裁きが起こり、そして今の世界秩序が、神の正義のもとに正されることを物語っているというわけです。人間がその罪のゆえに互いに痛めつけ合っている戦争、その強欲のゆえに自ら招いている自然災害、神はこれらを決して、放っておくことはないのです。神の正義は、あるというわけでしょう。

2.王の戴冠式

後半9節からは、捕囚の民が持ち帰った金銀を用いて冠を作り、大祭司ヨシュアの頭にかぶせるように命じています。しかし大祭司が、王冠をかぶらされることはありえません(2歴代誌26:16-21)。そこでこれは総督ゼルバベルの記述の誤り、あるいは大祭司が総督を兼ねた後の中間時代(ハスモン王朝時代)の状況に合わせて原文に加えられた修正、とする議論もあります。しかし誤記や修正と見るのではなく、あくまでもゼカリヤのオリジナルの記録とみてよいと私は思うのです。つまり、ヨハネがこれらのイメージを借用したように、これが現代的、終末的な意味を持っていると理解するならば、それはまさにメシヤの戴冠式について語る、メシヤ預言として理解するのがよいのではないでしょうか。祭司であり、王である二つの職務は、イエス・キリストにおいて兼ね備えられるものとみなされていくからです(ヘブル7:1-3)。

実際12節は、直接的にはバビロン捕囚からイスラエル人が解放された後の神殿再建事業について語っていますが、それだけではありませそれは、二重預言的に、捕囚帰還のイスラエルの再建に重ねて、終末的希望についても語っています。だからこそ、使徒ヨハネも黙示録にそのイメージを借用したと言えるのです。

イエスが、私たちの祭司であると同時に、王である、そしてこの神の御国が今完成へと向かっている。大切なのは、繰り返しとなりますが、これが神の熱心さによって達成されることです。ゼカリヤは、歴史に積極的に働かれる神の存在を語ります。そして、私たちには「確かに聞き従う」ことが求められていると言います。まず聞くことから始めてまいりましょう。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。小麦粉、種等の容量を測る単位として用いられるセアは、エパの何分の1の量に相当すると考えられているでしょうか。①1/2、②1/3、③1/4。答えは②1/3。セアとエパとの関係は聖書には記されていませんが、種々資料を勘案すると、その関係は、1セアは、1/3 エパと考えられています。では、今日の聖書クイズです。聖書は、黒をどのような象徴的な意味で用いることが多いでしょうか?①死、悲哀、②罪、戦乱、③きよさ。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Zechariah 6 Messianic Prophecy

1. the eighth vision

 Four chariots appear in the eighth vision. Four horses also appeared in the first vision (Chapter 1). In the first vision, the horses stood among the myrtos trees on the valley floor. They went about the land that had been pacified by the Persian empire, implying that the time of the Persian empire was no longer upon them, and that a ruined Israel was unlikely to recover. The chariots in the eighth vision are about to leave the whole land from two mountains of bronze. Bronze is a symbol of immutability and power. It means that they appeared against the background of God’s immutability and power. Therefore, each of these four chariots will be sent with a divine mission as they run around the four directions of heaven. The black horse runs to the north, the white horse to the west, the spotted horse to the south, and so on.

This is where the interpretive principles of the New Testament’s Revelation should be applied. In other words, we should consider the meaning of the vision as a whole, not the meaning of each symbol in detail. The horse that went out to the north was said to appease the spirit of God. The north refers to Babylon. The departure of the black horse to Babylon, the nation that had oppressed God’s people, can be taken to mean that Babylon will be defeated and destroyed. In other words, the new order that seemed to be fixed forever in the first vision is destroyed in the eighth vision. This is to say that there will be a restoration of Israel.

That this is a contemporary message, as well as a Jewish one at the time, is evident in the Apostle John’s use of these images in the book of Revelation to speak of God’s judgment. John describes wars, disasters, pestilences, and various other calamities on the earth, which speak of God’s judgment against the current world order, and the correction of the current world order under God’s justice. The wars that humans are waging against each other because of their sins, the natural disasters they are bringing upon themselves because of their greed, God will not leave them alone. God’s justice is just.

2. Coronation of the King

The second half of the passage, beginning in verse 9, commands that a crown be made from the gold and silver brought back by the captives and placed on the head of Joshua, the high priest. However, the high priest cannot be crowned (2 Chronicles 26:16-21). Some have argued that this is an error in the writing of Zerubbabel the governor, or that it is a correction made to the original text to fit the circumstances of the interim period (the Hasmonean period) after the high priest became governor as well. However, I do not believe that this is a mistake or a correction, but rather that it is Zechariah’s original record. In other words, if we understand it as having a contemporary and apocalyptic meaning, as John borrowed these images, then it is better to understand it as a Messianic prophecy that speaks of the very coronation of the Messiah. For the two offices of priest and king are to be regarded as combined in Jesus Christ (Hebrews 7:1-3).

In fact, verse 12 speaks directly of the rebuilding of the temple after the Israelites’ deliverance from the Babylonian captivity, but it also speaks, in a double prophetic sense, of an eschatological hope superimposed on the rebuilding of Israel on the return of the captivity. That is why the Apostle John also borrowed this image from the Book of Revelation.

Jesus is both our Priest and our King, and this Kingdom of God is now coming to completion. The important thing, I repeat, is that this is accomplished through God’s zeal. Zechariah speaks of God’s active presence in history. And he says that we are called to “certainly listen and obey. Let us begin by listening.

<Quiz Corner          

First, yesterday’s quiz. A thea, a unit used to measure the volume of flour, seeds, etc., is considered to be equivalent to what fraction of an ephah? The answer is (1) 1/2, (2) 1/3, and (3) 1/4. Although the relationship between thea and epa is not mentioned in the Bible, it is believed that the relationship is 1/3 of an epa for one thea. Now, here is today’s Bible quiz. In what symbolic meaning does the Bible often use the color black? (1) death, sorrow, (2) sin, warfare, (3) cleanness. See you tomorrow for the answer. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です