人生100倍の視野【聖書】ゼカリヤ書8章 勇気を出せ

1.エルサレム再興

7章に引き続いて、断食についての問答が繰り返されます。ただ7章では、イスラエルの民の過去の在り様が指摘されました。それは消極的な面に注目するものでした。しかしこの8章では、むしろ積極的な面が語られます。つまり、ゼカリヤの言葉を聞いた者たちは、自分たちの国が滅んだのは、先祖の罪と不従順の故であることを悟り、暗澹たる思いになっていたのです。そこで神は、彼らに、ご自身の深い愛を告白し、後ろを振り返らず、先に進むように、新しいビジョンを指し示されるのです(2節)。

というのも当時、希望に胸を膨らませ、祖国エルサレムの町の再建へと捕囚の地バビロンから戻ってきた人々の目に映ったものは、想像を絶するほどに荒れ果て廃墟と化していたエルサレムでした。そこには、十分な食糧も、水もなかったのです。再建の厳しい現実の前に、人々は、果たして神が約束されたようにこの町を建て直すことは可能なのかと、心折れる思いになっていたことでしょう。その彼らに、神が幻を通して語られたことを(1-6節)、再び、はっきりと、わかりやすいことばで語られるのです。

まず神は、ご自分がエルサレムに戻ってきて「エルサレムのただ中に住む」と宣言されます(3節)。そしてエルサレムを再興するビジョンを明確に掲げます(4、5節)。「都の広場は、男の子と女の子でいっぱいになる。子どもたちは、その広場で遊ぶ」エルサレムに子どもたちの楽し気な声が響き、人が行き交う、日常生活が回復するのです。実に、この神の語り掛けに、イスラエルの民は、心を引き上げられる思いになったことでしょう。6節「もし、これがその日に、この民の残りの者の目に不思議に見えても、わたしの目には不思議に見えるだろうか」人間には全くもって不可能と思われることも、神にはそうではないと、明快です。

2.喜びの再建

そして9節、神は言います。「勇気を出せ」と。ヘブル語の直訳は、「あなたがたの手を強くせよ」です。手を強くして再建を完遂せよ、と言うのです。先の幻が語られてから、既に2年経過していました(ゼカリヤ1:1、7:1)。神の後押しがあるのです。もはや、手をこまねいている時ではありません。滅びも神から出たことであれば、再建の祝福も神から来るのです(15節)。神を信じて進むのみでしょう。

そして7章で、尋ねられた断食についての質問に、神が明確に答えています。民が形式的に守ってきて、これ以上続けるべきかどうかと考えた断食が、楽しみと喜びの例祭となる、と。3年間のコロナで反省させられたのはこの点です。礼拝が儀礼的な習慣となって、退屈に感じていた、あるいは義務的に感じていた、もはやそうではなくなる。礼拝が心から神を喜ぶ時となる、と言います。そして23節、周囲の人々が「私たちもあなたがたと一緒に行きたい。神があなたがたとともにおられる」と言うようになるといます。私たちの喜びが人々を惹きつけるのです。これこそ伝道というべきものでしょう。コロナ前は、どうやって人を教会に惹きつけるか、頭を悩ました、それがもう悩まない。なぜなら、私たちの心の中にある神を喜ぶ喜びが、自然と人々の心を惹きつけるからだ、と言うわけです。魅力的なチラシ、魅力的な賛美、魅力的な礼拝、どれもこれも本末転倒です。私たちが神を喜んで日々歩む、それ自体が魅力であり、賛美、礼拝であり、証、伝道となるのです。まずは、神との親しき交わり、ここに心を集中させることとしましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>    

最初に、昨日のクイズです。ゼカリヤの時代には、年4回の断食が定められていましたが、新約聖書では、パリサイ人は週何回の断食を習慣としていたでしょうか?①1回、②2回、③3回。答えは②2回でした(ルカ18:12)。では、今日の聖書クイズです。イエスは断食についてどのように教えたでしょうか?①絶対必要、②必要ではない。③必要な時がある。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Zechariah 8: Take Courage

1. the rebuilding of Jerusalem

Continuing from chapter 7, the question and answer about fasting is repeated. In chapter 7, however, the past state of the Israelites was pointed out. It focused on the negative aspects. In chapter 8, however, the positive aspect is discussed. In other words, those who heard Zechariah’s words were in gloom, realizing that their nation had been destroyed because of the sins and disobedience of their ancestors. So God confesses His deep love for them and points them to a new vision, to go forward and not look back (v. 2).

The people who had returned from Babylon in captivity to rebuild their homeland, Jerusalem, had found it in unimaginable ruins. There was not enough food or water. Facing the harsh reality of rebuilding, the people must have felt broken, wondering if it would be possible to rebuild the city as God had promised. God again tells them what He had told them through the vision (vv. 1-6) in clear and simple language.

First, God declares that He will return to Jerusalem and “dwell in the midst of Jerusalem” (v. 3). Then He clearly sets forth His vision of rebuilding Jerusalem (vv. 4, 5). The plazas of the city will be filled with boys and girls. Children will play in the squares.” The joyful voices of children will echo in Jerusalem, people will come and go, and daily life will be restored. Indeed, the Israelites must have felt lifted up by God’s words: “If this will seem strange to the rest of the people on that day, will it not seem strange to my eyes? It is clear.

2. reconstruction of joy

Then, in verse 9, God says, “Take courage. Take courage. The literal translation of the Hebrew is “strengthen your hands. He is saying, “Strengthen your hands and complete the rebuilding. Two years had already passed since the earlier vision was spoken (Zechariah 1:1, 7:1). God’s nudge is there. This is no longer the time to sit on our hands. If the destruction came from God, the blessing of rebuilding will also come from God (v. 15). We must trust God and go forward.

And in chapter 7, God clearly answers the question about fasting that was asked. This is what I was reminded of during my three years in Covid: the fasting that the people had observed as a formality and wondered if it should be continued becomes a festival of fun and joy. Worship becomes a ritualistic habit, and what had felt tedious or obligatory, no longer is. He says that worship becomes a time to rejoice in God from the heart. Then, in verse 23, the people around him say, “We want to go with you, too. God is with you. Our joy attracts people. This is what evangelism is all about. Before Corona, we used to worry about how to attract people to our church. We are no longer troubled, because the joy of rejoicing in God that is in our hearts naturally attracts people’s hearts. Attractive flyers, attractive praise, attractive worship, all of these things are what it comes down to. Our daily walk with joy in God is in itself an attraction, praise, worship, testimony, and evangelism. First of all, let us focus our hearts on intimate communion with God. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner    

First, yesterday’s quiz. In the time of Zechariah, fasting was prescribed four times a year. In the New Testament, how many times a week did the Pharisees fast? (1) once, (2) twice, (3) three times. The answer was (2) twice (Luke 18:12). Now for today’s Bible quiz. How did Jesus teach about fasting? (1) Absolutely necessary, (2) Not necessary. (3) Sometimes necessary. See you tomorrow for the answer. Well, I pray that you have a good day today.

“人生100倍の視野【聖書】ゼカリヤ書8章 勇気を出せ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です