人生100倍の視野【聖書】ゼパニヤ書3章 神に裁かれても、回復を求める

1.指導者たちの問題

ゼパニヤは周辺諸国への裁きを告げた後、再び、エルサレムを取り上げます。1章の繰り返しです。神に背き、汚れ、人々には横暴な振る舞いをしている(1節)指導者たちの貪欲さが、狼にたとえられています。3節新改訳聖書では「朝まで骨をかじってはいない」とありますが、新共同訳では「朝になる前に、食らい尽くして何も残さない」とあります。また宗教的指導者については、彼らの問題は、新改訳聖書では、「ずうずうしい」と指摘されます。新共同訳聖書では同じ単語を「気まぐれ」と訳しています。原語は、「細心ではない」「奔放である」と意味に幅があります。つまり、宗教家の霊的な感性の鈍さ、細やかさの欠如がイメージされます。宗教的指導者のやることなすことは、皆、人に見せるだけのパフォーマンスであって、実際に民の心に触れ、養い、信仰の歩みを助けるものではないということでしょう。

2.神がおられるのに気づかない

大切なのは、それでも神は、そのような背信と汚れのエルサレムのただ中におられるということでしょう。しかし人々は、わからない。その霊的な鈍さが、霊的に死んでいるということなのでしょう(ヨハネ1:10)。イエスが人となって世に来られた時も、まさにイエスがご自身を、神として現された時も、人々はそれに気づかず、イエスを神として認める者はほとんどいませんでした。むしろ人々はイエスに、のろいと罵声を浴びせ、躊躇うことなく、十字架にかけ、反逆したのです。この歴史は繰り返されるのです。つまりもし、イエスが私たちの前に現われることがあれば、私たちも同じことをしてしまうのでしょう。私たちは、霊的に暗く、まさに神を神として知ることのできない、まさに神の激しい怒りを受け滅びる他の無い者です(8節)。

3.神の裁きによって気づく

 しかし、神のおられることに気づいたならば、それは悔い改めの時です。神は裁いて終わりではありません。気づいて、遜り、神のあわれみを求める者がおれば、神はその者に、ご自身のあわれみを豊かに注がれます。

ただなぜ私たちは、打たれずしてそのことに気づかないのでしょう。自分の力を過信し、自分を神として生き、その結果、何もかも失って始めて神に心からの祈りと助けを求めるとは、実に愚かです。けれどもそれが罪人の現実なのでしょう。神はその現実を理解するお方であるからこそ、恵み豊かであり、私たちの厚かましい祈りと悔い改めを拒まれないのです。16節、「シオンよ。恐れるな。気力を失うな。あなたの神、主は、あなたのただ中におられる」神は、私たちに「気力を失うな」と言います。新共同訳では「力なく手を垂れるな」と訳しますが、「肩の力を落とすな」ということでしょう。自らの失敗に気づいたものの、やり直しもできないとみじめな思いにある人々に神は語りかけます。あなたは考え違いをしている。神は救いと勝利を与え、「あなたがたの繁栄を元どおりにする」お方であると(20節)。絶望の淵にも望みがあるというのは、このことです。これは直接的にはイスラエルの捕囚からの帰還を預言していますが、それは私たちの様々な状況についても言えることです。神は罰し、赦されて終わりではありません。さらに私たちの恥をそそぎ、栄誉に変え、再び、私たちの繁栄を元どおりにしてくださるお方です。この神の前に悔い改め、神と共に生きる歩みを進めてまいりましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。ゼパニヤの周辺諸国に対するメッセージの対象にならなかった国はどこでしょうか?①ペリシテ、②モアブ、③バビロン。答えは③バビロンでした。ゼパニヤが裁きを伝えたのは、アッシリアでした。では、今日の聖書クイズです。捕囚帰還の最初の帰還者たちとあまり関係のない預言書は、次のどれでしょうか?①ゼカリヤ書、②ハガイ書、③ゼパニヤ書。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Zephaniah 3: Seeking Restoration Even When God Judges

1. the problem of the leaders

After announcing judgment on the surrounding nations, Zephaniah again addresses Jerusalem, a repeat of chapter 1. The greed of the leaders, who are disobedient to God, unclean, and behave arrogantly toward the people (v. 1), is likened to wolves. v. 3 The Shinkai-yaku Bible says, “They will not chew the bones until morning,” while the Shin kyodo yaku translation says, “Before morning they will devour them and leave nothing. As for the religious leaders, their problem is noted in the Shinkai-yaku Bible as being “covetous.” The Shin kyodo-yaku translation of the Bible translates the same word as “fickle.” The original word ranges in meaning from “not meticulous” to “unrestrained. In other words, it conjures up images of a religious person’s spiritual sensitivity and lack of meticulousness. It may mean that everything the religious leaders do is just a performance for show, not something that actually touches and nourishes the hearts of the people and helps them in their walk of faith.

2. not being aware of God’s presence

The important thing is that God is still present in the midst of such a Jerusalem of treachery and defilement. But people do not know. That spiritual dullness is probably what it means to be spiritually dead (John 1:10). When Jesus came into the world as a man, when He revealed Himself to the very people as God, they did not realize it, and few recognized Him as God. Instead, they cursed and cursed Him, and without hesitation, they crucified Him and rebelled against Him. This history repeats itself. That is, if Jesus ever appears to us, we will do the same thing. We are spiritually darkened, incapable of knowing God as God, and we are the very ones who will suffer God’s fierce wrath and perish (v. 8).

3. realization of God’s judgment

 But once we realize God’s presence, it is time for repentance. God does not end with judgment. If anyone realizes, is humble, and seeks God’s mercy, God will pour out His mercy on him in abundance.

But why are we not struck and aware of this? It is foolishness to overestimate our own strength, to live with ourselves as gods, and to ask God for help only after we have lost everything. But that is the reality of sinners. God is gracious because He understands that reality, and He will not reject our earnest prayers and repentance. Do not be afraid. Do not lose heart. The Lord your God is in your midst. The Shin kyodo-yaku translation translates, “Do not hang down your hands without strength,” but I think it means, “Do not lose strength in your shoulders. God speaks to those who have realized their failures but feel miserable because they cannot start over. You are mistaken. God is the one who will give salvation and victory and “restore your prosperity” (v. 20). This is what it means to have hope in the depths of despair. While this directly prophesies Israel’s return from captivity, it is also true of our various situations. God punishes and forgives, and it is not the end. He is the one who will also turn our shame into honor and restore our prosperity once again. Let us repent before this God, and let us walk forward in life with Him. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner          

First, yesterday’s quiz. Which nation was not the target of Zephaniah’s message to the surrounding nations? (1) Philistines, (2) Moab, and (3) Babylon. The answer was (3) Babylon. It was in Assyria that Zephaniah delivered his judgment. Now for today’s Bible quiz. Which of the following prophetic books has little to do with the first returnees of the captivity? (1) Zechariah, (2) Haggai, and (3) Zephaniah. The answer will be given tomorrow. So, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です