人生100倍の視野【聖書】ダニエル書10章:第四の幻1(ダニエルと御使い)

1.天上の事柄

 ペルシアの王キュロスの第三年(BC538 年)、つまりユダヤ人がパレスチナに帰還した2年後のことです。ダニエルは、ゼルバベルに率いられてエルサレムへ帰って行った第一回の帰還民には加わらず、バビロンに残っていました。そして、本章以降に記された幻を見るのです。それは、神の啓示でした(1節)。

4節、幻を見たのは、第一の月の24日です。第一の月の14日に過ぎ越しの祭、それから、1週間種を入れないパンの祭が続きましたので、イスラエルでは一大イベントとなる祭りが終わった直後ということでしょう。ダニエルは、幻で、荘厳な姿をした「一人の人」とについては、受肉前のキリスト、神に遣わされた天使、と種々の解釈があります。しかし、この箇所を一読、黙示録1:12-16を連想させる点からすれば、キリストと理解するのがよいのでしょう。

伝えられたメッセージは単純です。その人は、ミカエルと共にペルシアの君やギリシアの君と戦い、到来が送れたと言います。ペルシアの君やギリシアの君は、それぞれの守護天使を意味しているのでしょう。つまり、天上での霊的な戦いがあることを意味しています。大切なのは、この地上の王国の滅亡が、天上のこと、つまり霊の戦いとして語られている点です。人は、聖書の言葉を読み、祈りもしますが、結局は、目先の世界で物事を考えています。あの人、この人のせいで物事がうまくいかない、と。しかし実はあの人、この人の背後があるわけです。確かにヨブ記を読むと、ヨブは、自分の身の不幸が、神とサタンの議論で、つまり天上に起因することなど全く思い当たらずに、ただ自分に非があるか否かで苦悩しているのです。パウロは「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、支配、力、この暗やみの世界の支配者たち、また天上にいるもろもろの悪霊に対するものです」(エペソ6:12)と語っていますが、まさにこの世の色々な問題以上に、霊的な天上での問題が、私たちを苦しめていることがある、と考える必要があるのでしょう。

2.安心せよ。強くあれ

 そのように考えるからこそ、クリスチャンには祈りが大事なのです。そしてダニエルのように、神に「特別に愛されている」(11節)ということも意味が出てくるのです。やはり人生には、人間の力ではどうにもならない、ということがあるものです。人類のベストを尽くしながら、神のあわれみにすがる他、何かの魔力的な力を払拭することができない、というものがあるでしょう。コロナ禍に対峙し戦っている人も、人類の知の戦いだ、と思いつつ、やはり、「特別に愛されている人よ。恐れるな。安心せよ。強くあれ。強くあれ」(19節)と語られることをよしとする瞬間はあるものでしょう。人類が何を発見し、発明したとしても、素直に神の恵みを認める、謙虚な心を持ちたいところではないでしょうか。そして、今日も、神の恵みが、我が家族に、同僚に、友人・知人に豊かにあるようにと祈りましょう。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。ダニエル書が、ヘブル語ではなく、アラム語で書かれている箇所は、どこからどこまででしょうか?①2:4~7:28、②7:1~7:28、③8:1-12:13。答えは①2:4-7:28でした。旧約聖書は基本的にヘブル語で書かれていますが、この個所はアラム語になっています。では今日の聖書クイズです。ダニエルが読んでいて、バビロン捕囚からの解放を告げているとわかったエレミヤ書の箇所はどこでしょうか?①29:10、②33:3、③45:5、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 10: Fourth Vision 1 (Daniel and the angel)

1. heavenly matters

 It was the third year of Cyrus, king of Persia (538 BC), or two years after the return of the Jews to Palestine. Daniel did not join the first group of returnees led by Zerubbabel back to Jerusalem, but remained in Babylon. He then saw the vision described in this chapter and later. It was a divine revelation (v. 1).

Verse 4, the vision was seen on the 24th day of the first month. The Passover was celebrated on the 14th of the first month, followed by the Feast of Unleavened Bread, which lasted one week, so it must have been right after the end of the Feast of Unleavened Bread, which was a major event in Israel. Daniel’s vision of a majestic “one man” has been variously interpreted as the pre-incarnate Christ or an angel sent by God. However, in light of the fact that this passage is reminiscent of Revelation 1:12-16, it is probably best to understand it as Christ.

The message conveyed is simple: the man who fought with Michael against the Lord of Persia and the Lord of Greece and was sent to deliver the coming of the Lord. The Prince of Persia and the Prince of Greece must mean their respective guardian angels. This means that there is a spiritual battle in heaven. The important point is that the destruction of this earthly kingdom is spoken of as a heavenly, or spiritual battle. People read the words of the Bible and pray, but in the end, they think about things in the immediate world. They think that things are not going well because of that person or that person. But in fact, that person or this person is behind it. Indeed, if you read the book of Job, you will see that Job has no idea that his misfortune is caused by the argument between God and Satan, in other words, that it is caused by heaven, but he is just struggling with whether he is at fault or not. Paul says, “Our wrestling is not against flesh and blood, but against principalities, against powers, against the rulers of this world of darkness, and against all manner of demons in the heavens” (Eph. 6:12). We need to consider that there are more problems in heavenly places than in this world.

2. be secure. Be strong.

 It is precisely because of this that prayer is so important for Christians. And like Daniel, being “specially loved” by God (v. 11) also makes sense. After all, there are things in life that are beyond human control. There will be times when, while doing our best, we are unable to dispel some demonic force other than by clinging to God’s mercy. Those who are fighting against the Corona disaster are also fighting the battle of human knowledge, but they are still saying, “O specially loved ones, don’t be afraid. Do not be afraid. Be strong” (v. 19). Whatever human beings discover or invent, we should have a humble heart that honestly acknowledges God’s grace. And today, let us pray that God’s grace may abound in abundance to our families, colleagues, friends, and acquaintances.

<Quiz Corner     

First, here is yesterday’s quiz. From where to where is the book of Daniel written in Aramaic, not Hebrew? The answers were (1) 2:4-7:28, (2) 7:1-7:28, and (3) 8:1-12:13. The Old Testament is basically written in Hebrew, but this passage is in Aramaic. Now for today’s Bible quiz. Which passage in the book of Jeremiah did Daniel read and found to be announcing the deliverance from Babylonian captivity? (1) 29:10, (2) 33:3, (3) 45:5, and the answers will be given tomorrow. Well, I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です