人生100倍の視野【聖書】ダニエル書12章:終末の時

1.終末の出来事

ダニエル書最後の章になりました。ダニエルの幻は、後の時代について、神のご計画を語るものです。しかしながらこの12章は、さらなる未来、終末の出来事を語っています。その時には、これまでにない苦難がやってくる。それは、神を信じる、信じないに関わらず皆に訪れる苦難だと言います。しかし、神の民には救いがあると約束されています(1節)。また死人はよみがえり、裁きを受け、それぞれの定めにふるい分けられる、と言います(2節)。

これら、ダニエルが語ることは、明らかにヨハネが黙示録に描いている、第一の復活について語るものと同じです(黙示録20:5、6)。その時に、「賢明な者たち」つまり、信仰によってこの時代の動きを正しく洞察し、時に備える人々は、「大空の輝きのように輝く」と言います。早朝、朝焼けの光ではない、まさに日が燦燦と輝く大空があるものです。何か心が洗われ、解放されていくような、いのちを与えられる、そんなイメージの空です。賢明に生きた者の輝きというものがあるのです。

しかし、11:35によれば、その時代は、「賢明な者たち」ですら、悪の力にねじ伏せられ、神に見捨てられたような人生を強いられることがあると言います。しかしその苦難は、もちろん神の御計画の中にあることですから、やがて受ける報いは大きいとされます。そして3節後半は、信仰を守るのみならず、むしろ機を生かして福音を語り、神に人々を結びつける働きの報いの大きさを語っています。黙示録の11章を思い起こさせる内容です。このことばをもって慰めとし、今日も、宣教に力を入れたいところではないでしょうか。

2.一時と二時と半時である

さて、5節から最後の幻が描かれます。川の両岸に立った二人の人とダニエルが会話をしています。そして、ダニエルは、これまで述べられてきた、不思議な、理解の及び難い終末的出来事はいつ終わるのかと問いかけています。特に迫害の時代はいつ終わるのか、と。答えは、「一時と二時と半時」でした。ここでは黙示録12章の内容を思い起こします。黙示録の12章では、ヨハネが、ひとりの女と竜の戦いについて語っています。それは、メシヤを産んだマリヤ、あるいは、マリヤによって生まれ御子によって贖われた神の民、教会と竜の戦いを象徴的に語っていると理解されています。しかしそのエピソードの趣旨は、「千二百六十日の間(黙示録12:6)」「一時と二時と半時の間(黙示録12:14)」ということばで、約三年半というリミットを示すところにあります。つまり、苦難や試練にはリミットがある、それはいつまでも続くものではない、ということです。ですから大まかに意訳すれば、「ダニエルよ、大丈夫、こんなことはいつまでも続くわけではない。神に従う者の報いは大きい。ただ従いなさい」と言うことでしょう。

ただダニエルは、言葉尻に引っ掛かってもう少し理解を深めようと尋ねるのですが、その答えは与えられていません(9節)。つまりただ従いなさいということでしょう。信仰の道を進みつつ、もやもや感が沸き起こることはあるものです。しかしそのもやもや感を小脇に抱えながら進まなければならないことがあるのです。実際、もやもや感があったとしても、それで先に進めないということではないのです。時代がどうであれ進むべき目標ははっきりしています。主の安息の恵みに与ることです(13節)。その希望に向かって今日も、ただ従いなさいという神の声に応じてまいりましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。キティムは、地中海にあるどの島のことを言うのでしょうか?①キプロス島、②パトモス島、③マルタ島。答えは①キプロス島でした。キティムはキプロス島の南東岸にあるキティオンという町に由来します。フェニキヤの重要な植民都市です。では今日の聖書クイズです。天使の中で、モーセの体について悪魔と論じ言い争ったのは、どの天使でしょうか?①ミカエル、②ガブリエル、③セラフィム答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 12: The End Times

1. the end times

This is the last chapter of the book of Daniel. Daniel’s visions speak of God’s plan for the latter days. However, this chapter 12 speaks of further future, eschatological events. At that time, unprecedented tribulations will come. It is a tribulation, he says, that will come to everyone, whether they believe in God or not. However, we are promised that there will be salvation for God’s people (v. 1). He also says that the dead will be raised, judged, and sifted into their own categories (v. 2).

These things Daniel says are clearly the same things that John describes in Revelation when he speaks of the first resurrection (Revelation 20:5, 6). At that time, “the wise,” that is, those who have rightly discerned the movements of this age by faith and are prepared at the time, will “shine as the brightness of the firmament.” Early in the morning, there is something that is not the light of the morning glow, but is truly the great sky in which the sun shines brilliantly. It is an image of the sky that gives life, as if something cleanses the heart and liberates it. It is the radiance of those who have lived wisely.

But 11:35 says that in those days, even “the wise” can be twisted by the forces of evil and forced to live a life as if abandoned by God. But that affliction is, of course, in God’s plan, so the reward they will eventually receive is said to be great. The latter half of verse 3 speaks of the great reward of not only keeping the faith, but also using the opportunity to speak the gospel and connect people to God. This is reminiscent of Revelation 11. We should take comfort in these words and put our efforts into missionary work today.

2. a time, two times, and half a time

The final vision is depicted from verse 5. Daniel is conversing with two people standing on either side of the river. Daniel asks when the mysterious and incomprehensible apocalyptic events that have been described will end. In particular, when will the time of persecution end? The answer was “a time and two and a half hours. Here we are reminded of Revelation 12. In Revelation 12, John speaks of a battle between a woman and a dragon. It is understood that he is symbolically speaking of the battle between Mary, who gave birth to the Messiah, or the people of God, the Church, who were born of Mary and redeemed by her Son, and the dragon. The purpose of the episode, however, is to indicate a limit of about three and a half years with the words “for a thousand two hundred and sixty days (Revelation 12:6)” and “for a time and times and half a time (Revelation 12:14). In other words, there is a limit to the tribulation or trial, and it will not last forever. So, roughly translated, it means, “Don’t worry, Daniel, this will not last forever. The reward for those who obey God is great. Just obey.

Daniel, however, is caught up in the words and asks for a little more understanding, but is not given an answer (v. 9). He does not give an answer (v. 9). While following the path of faith, there are times when a sense of uncertainty arises. But there are times when we have to carry that feeling of uncertainty under our arm. In fact, even if we do have a sense of doubt, it does not mean that we cannot move forward. Whatever the times, the goal is clear. It is to receive the grace of the Lord’s rest (v. 13). Toward that hope, let us today respond to God’s voice that tells us only to obey. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. Which island in the Mediterranean Sea is called Kittim? (1) Cyprus, (2) Patmos, and (3) Malta. The answer was (1) Cyprus. Kitim originates from the town of Kithion, on the southeastern shore of the island of Cyprus. It is an important Phoenician colony. Now for today’s Bible quiz. Which of the angels argued and argued with the devil about Moses’ body? (1) Michael, (2) Gabriel, and (3) Seraphim. Well, I wish you a good day today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です