人生100倍の視野【聖書】ダニエル書2章 王の夢と解き明かし

1.ネブカドネツァルの夢

ネブカドネツァル王の統治期間は、BC605~562年です。その治世の第二年目のこと(BC604)、王は、不思議な夢を見ました。しかもその夢は繰り返されるのです。心落ち着かず、王は、呪法師、呪文師、またカルデア人(「占星師」「学者」)を集めて夢の解き明かしを試みるのです。しかし、夢の解き明かしなど、いくらでもこじつけた説明になることぐらい、王もよく理解していました。そこで、王は、ただ夢を解き明かすのではなく、自分が見た夢を言い当てることも求めました。こうした要求に、応じられる者は誰もいませんでした。王は、自分の難題を解き明かせない知者など不要、と国中の知者たちを処刑する決意をします(12節)。そのような危機的状況の中でダニエルが立ち上がります(14節)。20-22節は、ヘブル詩独特の形式、交差配列法が使われています。それは、構造的に著者の一番言いたいことが、詩の真ん中(21、22節)に据える修辞法です。つまりダニエルが最も言いたいことは、その夢をネブカドネツァルに示し、その夢の秘密を私に明かしてくれた」のは神であるということです。かつてファラオの前で夢を解き明かした、ヨセフのようです。彼もまた、「私ではなく、神が」(創世記41:16)と語り、夢を解き明かしたのでした。

2.神の計画

実際その夢は、ネブカドネツァル王以降の王国の盛衰を語り、やがてそれらのすべてが打ち壊され、聖なる神の御国にとって代えられる、という、神が計画されている壮大な未来の歴史を語るものでした。ですから、純金の頭は、バビロンを象徴(37、38節)、銀の胸と両腕は、バビロンを滅ぼすメド・ペルシア

帝国を象徴しました(5:28、31)。そして、青銅の腹とももに象徴され、「全地を治めるようになる」国はギリシアのことです(2:39、8:21)。BC 334年の初め、ギリシアのアレキサンダー大王は、東方のインド西部にまでその勢力を及ぼし、まさに全知を治めるようになった王です。ただ、アレキサンダーの支配期間は短かかったので、政治的影響力はペルシアに劣った、つまり、銀ではなく青銅に象徴されるのです。続く「鉄のように強い国」はローマ帝国を象徴しました。実際、ローマ帝国は、エジプト、シリア、マケドニア、と様々な国を一つの国にしようと試みましたが、それは粘土と鉄を混ぜるようなものでした(41-43節)。AD 395年、ローマ帝国は東西に分裂し、東側は約1000年に渡る中世の歴史を築きますが、西側は100年も持たず、AD 476年ゲルマン民族に滅ぼされていきます。最後の人手によらずに切り出された一つの石は、イエス・キリストを象徴しています。イエスは、これまでの、力で国々を支配する帝国主義の在り方(46節)とは全くことなる神の御国を討ち建てられました。十字架の愛に基づいて、人々を集め、復活と再臨の希望に生きる神の御国をスタートさせたのです(詩篇2:9)。

この神のご計画については、さらに後の7章においては四つの獣のたとえ、8章では、雄羊と雄やぎのたとえ、9章では70週、11章では北方の王と南方の王の戦いとして繰り返し語られます。大切なのは、このネブカデネツァル王に夢によって伝えられた、最終的な神の御国の預言です。現代の国々も、どこか、ペルシア、ギリシア、ローマなどの、帝国主義の延長です。戦前は明らかに帝国主義でした。しかし戦後、帝国主義が亡くなったのかと言えば決してそうではない、帝国主義の本質は、権力者たちによる力の支配です。結局は、北朝鮮というわかりやすい国のみならず、日本の国ですら、地方自治の問題が象徴しているように、権力者による力の支配という現実はあるのではないでしょうか。しかし、こうした力の支配を特徴とする国家は、やがて、人手によらずに切り出された一つの石、つまりイエスの愛の支配によって永遠に消滅してしまう時が来ると、ネブカドネツァルは夢で知らされるのです。確かに2000年前のイエスの十字架の死と復活は、私たちに神の支配の中に生きる希望を与えました。キリスト者は、日本の国の支配に生きながらも、これが全てではない、神が正しく物事を進めてくださるという信仰に生きています。この信仰は決して裏切られることはない、と神の御国の完成を共に祈ることとしましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。バビロンの町が建てられた場所にあった川の名前は次のどれでしょうか?①ユーフラテス川、②ティグリス川、③エジプト川。答えは①ユーフラテス川でした。では、今日の聖書クイズです。ダニエル書2章の鉄のように強い国は、どの国を象徴するものとして語られているでしょうか?①ペルシア、②ギリシア、③ローマ、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 2: The King’s Dream and the Unveiling

1. the dream of Nebuchadnezzar

King Nebuchadnezzar reigned from 605 to 562 BC. In the second year of his reign (604 BC), he had a strange dream. Moreover, the dream kept recurring. Unsettled, the king gathered spellcasters, incantationists, and Chaldeans (“astrologers” and “scholars”) to attempt to unravel the dream. However, the king knew very well that the explanation of the dream could be as fanciful as he wished. Therefore, the king did not only ask him to solve the dream, but also to tell what he had dreamed. No one could comply with this request. The king decided to execute all the wise men in the land, saying that he did not need anyone who could not solve his difficult problem (v. 12). Daniel rises to his feet in the midst of this crisis (v. 14). vv. 20-22 use a unique form of Hebrew poetry, the cross-arrangement method, which structurally makes the author’s point best. Verses 20-22 use a rhetorical device that structurally places the author’s main point in the middle of the verse (vv. 21, 22). In other words, Daniel’s most important point is that it is God who “showed the dream to Nebuchadnezzar and revealed the secret of the dream to me. He is like Joseph, who once revealed his dream before Pharaoh. He, too, revealed his dream, saying, “Not I, but God” (Genesis 41:16).

2. God’s Plan

In fact, the dream recounted the rise and fall of the kingdoms after Nebuchadnezzar, and the grand future history of God’s plan that all of them would eventually be destroyed and replaced by the holy Kingdom of God. Thus, the head of pure gold symbolized Babylon (vv. 37, 38), and the silver breast and arms symbolized the Medo-Persian empire (5:28, 31). And the nation symbolized by the bronze belly and thighs that “shall reign over the whole earth” is Greece (2:39, 8:21); at the beginning of 334 BC, Alexander the Great of Greece was the very king who came to reign over the whole earth, extending his power as far east as western India. However, Alexander’s reign was short-lived, and his political influence was inferior to that of Persia, which is symbolized by bronze, not silver. The following “kingdom as strong as iron” symbolized the Roman Empire. In fact, the Roman Empire attempted to unite various countries – Egypt, Syria, Macedonia – into one nation, but it was like mixing clay and iron (vv. 41-43) In AD 395, the Roman Empire was divided into east and west, with the eastern part building a medieval history that lasted about 1000 years, but the western part lasting less than 100 years In AD 476, the Germanic tribes destroyed the Roman Empire. The last stone hewn out of the earth by hand symbolizes Jesus Christ. Jesus has established the Kingdom of God, which is completely different from the imperialistic way of ruling the nations by force (v.46). Based on the love of the cross, he gathered people and launched the Kingdom of God, which lives in the hope of the resurrection and the second coming (Ps. 2:9).

This plan of God is further reiterated later in chapter 7 as the parable of the four beasts, in chapter 8 as the parable of the ram and the goat, in chapter 9 as the 70 weeks, and in chapter 11 as the battle between the king of the north and the king of the south. What is important is the prophecy of the final Kingdom of God, which was conveyed to this King Nebuchadnezzar by a dream. The nations of today are also somewhat an extension of the imperialism of Persia, Greece, Rome, and so on. Before the war, it was clearly imperialism. But it is by no means the case that imperialism died after the war. The essence of imperialism is the domination of power by those in power. In the end, the reality of the domination of power by those in power is not only in North Korea, which is easy to understand, but even in the country of Japan, as the problem of local autonomy symbolizes. However, Nebuchadnezzar is informed in a dream that the time will eventually come when a nation characterized by such a rule of power will be forever annihilated by a single stone hewn out of man, the rule of Jesus’ love. Indeed, Jesus’ death on the cross and resurrection 2000 years ago gave us the hope of living in the reign of God. Christians live in faith that this is not all, that God will make things right, even though we live in the rule of the Japanese nation. Let us pray together for the completion of God’s Kingdom, that this faith will never be betrayed.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Which of the following is the name of the river where the city of Babylon was built? (1) Euphrates River, (2) Tigris River, (3) Egyptian River. The answer was (1) Euphrates River. Now, here is today’s Bible quiz. Which country is spoken of as symbolic of the iron-strong nation in Daniel 2? (1) Persia, (2) Greece, (3) Rome, and the answer will be given tomorrow. Well then, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です