人生100倍の視野【聖書】ダニエル書3章 金の像と火の燃える炉

1.金の像

ネブカデネザル王の治世の18年目、ダニエルとその3人の友人がバビロンに連れて来られてから約20年が経過した時のことです。ダニエルとその3人の友人、そしてユダヤ人にとっては非常に厳しい試練が起こりました。

ネブカドネツァルは、金の像を建立し、それを拝むように求めるのです。その像は、高さ約27メートル、幅約2.7メートル、およそ9階建てのビルの高さに匹敵する巨大なものでした。彫像というよりは方尖塔のようなもので、それは王の偉大さを誇示するものでした。この奉献式に、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴが出席させられます。ただダニエルはいません。おそらく、エルサレムが陥落した時に重なったので、ダニエルは様々な問題の処理のために、エルサレムに派遣され不在だったのではないかと考えられています。

ともあれ、ダニエルの三人の友は、この像にひれ伏して、拝礼するように求められたのでした。彼らは、先に文化的な慣習の相違を突き付けられる試練を味わいましたが、もはやこれは、宗教的な態度そのものを問われ、代替え案を立てようのない、ごまかしの利かない試練でした。金の像を拝み、同時に天地創造の唯一まことの神を拝むことはできないことでした(出エジプト20:2-5)。

日本のキリシタン時代については、踏み絵を踏まないために、殺され殉教したキリシタンが多くいたと、普通は考えられています。しかし、色々と調べてみると、実際には、キリシタンはその危機を乗り越えるために、足の裏に薄縁を貼って踏みつけることがありました。さらに、神は、深い恵み深いお方なので、キリシタンが置かれた事情をよく理解しているのだから、何食わぬ顔で踏みつけよ、と踏みつけ方を教え、後で、心が責められた場合、その気持ちを解消できるための祈りを教えることもありました。

2.たとえそうでなくても

この章は、どうするのが本当だと教えているのでしょうか。しばしば注目されるのは、王が死の罰を宣告しても、これを拒否する、徹底抗戦の姿勢です。しかし、本当に注目すべきは、彼らの腹の決まった信仰告白です。私は、キリスト者が常識を大切にし、そもそも徹底抗戦にならない知恵ある生き方をすべきであると考えています。それは、妥協でも、堕落でもないと思います。しかしそのように知恵を尽くしても、最終的には、追い詰められてしまうことはあるものでしょう。この章の文脈は、そのように、信仰のゆえに処刑が決まってしまった状況で、どうするか、ということを語っているのです。そして彼らは、そこで潔い態度を見せたということなのです。彼らはこの地上の権力に優る神の権威を信じ(17節)、自分の運命を神に委ねていきます(18節)。

 どう転んでも結果は決まっていると言う状況で、じたばたしたり、往生際の悪い態度をとったりする。結局、この人は神を本当に信じているのか、信じていないのか、わからないと思われるような生き方ではだめだということでしょう。この物語は、最終的には、彼らが守られて、火の中から救いだされる、ハッピーエンドで終わっています。もちろん現実はそうはならないことも多いものです。しかし信仰は、神の主権を認めることがそもそもの出発点であり、全てです。ネブカドネツァルが「自分たちのからだを差し出しても」(28節)と彼らの態度を称賛したのが重要で、口先だけではなく、まさに矛盾の陰りもない信仰が語られているのです。

事実信仰は、迫害の時だけ問われるものではありません。実際キリスト者は、日々そのような全身全霊を打ち込んだ矛盾のない信仰に生きているかどうかを見られています。腹の決まらない信仰、自己愛に満ちた信仰から脱却していく時にこそ、まことに人のたましいを打つ信仰の証も生じるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。ダニエル書2章の鉄のように強い国は、どの国を象徴するものとして語られているでしょうか?①ペルシア、②ギリシア、③ローマ。答えは③ローマでした。では、今日の聖書クイズです。次の内、ダニエルが仕えたことのない王様は誰でしょうか?①ナボポラッサル、②ネブカドネツァル、③ベルシャツァル。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 3: The Golden Image and the Fiery Furnace

1. the golden image

It was in the eighteenth year of King Nebuchadnezzar’s reign, about twenty years after Daniel and his three friends were brought to Babylon. A very severe trial occurred for Daniel, his three friends, and the Jewish people.

Nebuchadnezzar erected a golden statue and asked them to worship it. The statue was huge, about 27 meters high and 2.7 meters wide, roughly the height of a nine-story building. More like a steeple than a statue, it was a display of the king’s greatness. Shadrach, Meshach, and Abed Nego are invited to attend the dedication ceremony. However, Daniel is not present. Perhaps, because it coincided with the fall of Jerusalem, Daniel was sent to Jerusalem to deal with various issues and was absent.

At any rate, Daniel’s three friends were asked to bow down and worship the image. They had been confronted with the difference in cultural practices earlier, but this was now a test of their religious attitude itself, a test that could not be fudged and for which there was no alternative. It was impossible to worship a golden image and at the same time worship the one true God of creation (Ex. 20:2-5).

Regarding the Christian era in Japan, it is usually believed that there were many Christians who were killed and martyred for not stepping on the steps. However, after much research, it turns out that, in fact, Christians sometimes put a thin edge on the soles of their feet and trampled on them in order to overcome the danger. Furthermore, since God is deeply gracious, He taught the Christians how to trample with an unsuspecting face because He understood well the circumstances in which they were placed, and later, if their hearts were condemned, He sometimes taught them prayers to relieve their feelings.

2. even if you don’t.

What does this chapter really teach us to do? Often the focus is on the king’s thoroughness and refusal to condemn them to death, even when he pronounced the punishment of death. But what is really noteworthy is their gut-wrenching confession of faith. I believe that Christians should value common sense and live wisely in a way that does not lead to thorough warfare in the first place. I do not think that is compromise or corruption. But even with such wisdom, there will be times when one will eventually be cornered. The context of this chapter is thus talking about what to do in a situation where execution has been decided because of faith. And that is where they showed grace. They trust in God’s authority over this earthly power (v. 17) and entrust their fate to Him (v. 18).

 In a situation where the outcome is fixed no matter how things turn out, they flounder and have a wayward attitude. After all, it would not do to live in such a way that it seems impossible to tell whether this person really believes in God or not. The story ends with a happy ending, in which they are eventually protected and rescued from the fire. Of course, reality often does not work out that way. But faith is all about acknowledging God’s sovereignty in the first place. It is important to note that Nebuchadnezzar praised their attitude “even though they gave up their own bodies” (v. 28), which speaks of a faith that is not just talk, but is truly without a shadow of contradiction.

In fact faith is not only questioned in times of persecution. In fact, Christians are seen daily to be living in such wholehearted, contradiction-free faith. When we break free from faith that is not settled and full of self-love, faith that truly strikes the souls of men will also arise. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. In Daniel 2, which country is symbolized by the strong as iron? (1) Persia, (2) Greece, and (3) Rome. The answer was (3) Rome. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following kings did Daniel never serve? (1) Nabopolassar, (2) Nebuchadnezzar, and (3) Bershazzar. The answers will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

“人生100倍の視野【聖書】ダニエル書3章 金の像と火の燃える炉” への1件の返信

  1. ダニエル書もよろしくお願いします。
    先生の解説、解き明かしで、この章の読み方読み取り方が変わりました。前は時代背景や時系列も理解せず読んでいましたが、エゼキエルの前である背景など、勉強になりました。毎日の配信に感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です