人生100倍の視野【聖書】ダニエル書5章 ベルシャツァルへのさばき

1.4章と5章の間のこと

ネブカドネツァル王のエピソードは4章で終わります。5章からは、ベルシャツァル王のエピソードになります。つまり、ダニエル書は4章から5章の間に多くの事を省略しています。1-4章の主役であったネブカドネツァル王の治世は43年です。BC562年にその息子メロダクが後を継ぎ2年統治しました。そしてメロダクは義理の兄弟ネリグリッサロスに暗殺され、ネリグリッサロスがBC560 年から4年間国を支配しています。その後彼の子ラバシ・マルドゥクが数ヶ月、王となり国を治めますが、この若い王も暗殺され、ネブカドネツァル王の二番目の妻の子ナボニドスが国を治めるのです。ベルシャツァル王はナボニドスの子どもで、共同統治者でした。メロダク、ネリグロッサロス、バシ・マルドゥク、ナボニドスの四人が省略されているのです。ですから聖書は22節で、ベルシャツァル王は、ネブカドネツァル王の子(11、22節)とされていますが、厳密にはそうではありません。ただ、子は、広く「子孫」を意味するので、間違いではないのです。

2.ベルシャツァル王の見た幻

ともあれ1節、ベルシャツァル王が、大宴会を催したとされるのは、BC539年、ネブカデネザルの死後23年目のことです。宴会もたけなわとなったその時、ベルシャツァルは、エルサレムの神殿から没収した金の器で酒を酌み交わし、金や銀、青銅、鉄、木、石で作った偶像を賛美したと言います。恐らくイスラエルの神を侮蔑する思いがあったのでしょう。すると突然、人間の手の指が現れ、壁に字を書き始めたと言います。「メネ、メネ、テケル、ウ・パルシン」。この文字を解釈するために呼び出されたのが、すでに相当の高齢となっていたダニエルなのです。

彼は、壁の文字を読みました。「メネ」は「数えられる」あるいは「定められる」の意味で、王の統治年数が数えられて定められた、つまり終わりが決定された、とします(26節)。また「テケル」は「量られる」「算定される」を意味し、ベルシャツァルが神の秤で量られて、基準に達しなかったとされます(27節)。「パルシン」は、「配分される」を意味し、バビロンがメディアとペルシアの二つの国に分割されることでした(28節)。そしてその夜、難攻不落と言われたバビロンは、一戦を交えることもなくペルシア軍に征服されてしまいました。歴史家のヘロドトスによれば、ペルシアの軍隊がユーフラテス川の流れを変え、巨大な防衛線を突破して川床を歩いて渡り、防衛軍を奇襲したとされます。

3.テケル

ダニエルは、高慢に陥ったネブカドネツァル王が、どのようになったのかを思い起こさせています(17-21節)。人間の地位など、単なる巡り合わせや弾みによるもので、実力とは無関係であったりするものです。否、正確に言えば、「人の息をその手に握り、すべての道をご自分のものとされる」(23節)神が、それを許されたから得られるものであるのに、勘違いも甚だしい現実に人は生きてしまうのです。それは、見ることも、聞くことも、知ることもできない銀、金、青銅、鉄、木、石で出来たものを神として拝む、霊的な鈍さのためなのかもしれません。いや、信仰を持っても、まことの神に対する生きた信仰をしっかり持っていないと、同じようなものであったりするものです。霊的感性を高め、人間として遜った歩みをするためには、まず聖書をよく読み、聖書を深く理解するように努め、日々、神に教えられる歩みを大切にすることです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。ダニエル書は、全部で何章からなるでしょうか?①10章、②12章、③14章。答えは②12章でした。では、今日の聖書クイズです。征服した民に、自分たちの慣習や宗教に従うことを許す融和政策を取ったのは、バビロン、ペルシア、どちらでしょうか?答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 5: Judgment on Belshazzar

1. between chapters 4 and 5

The episode of King Nebuchadnezzar ends in chapter 4, and from chapter 5 onward, we are in the episode of King Belshazzar. In other words, Daniel omits much between chapters 4 and 5: King Nebuchadnezzar, the protagonist of chapters 1-4, reigned for 43 years; in 562 BC, his son Merodach succeeded him and reigned for two years. Merodak was then assassinated by his brother-in-law Neriglissaros, who ruled the country for four years beginning in 560 BC. His son Rabash Marduk then became king for a few months and ruled the country, but this young king was also assassinated, and Nabonidos, the son of King Nebuchadnezzar’s second wife, ruled the country. King Bershatzar was Nabonidos’ son and co-ruler. The four men omitted are Merodak, Neriglossaros, Basi Marduk, and Nabonidos. So the Bible says in verse 22 that King Bershatzar was the son of King Nebuchadnezzar (vv. 11, 22), which is not strictly true. However, since “son” broadly means “descendant,” it is not a mistake.

2. the vision of King Bershatzar

Anyway, in verse 1, King Belshazzar is said to have held a great banquet in 539 BC, 23 years after Nebuchadnezzar’s death. At the height of the feast, Bershachar is said to have drunk from gold vessels confiscated from the temple in Jerusalem and praised idols made of gold, silver, bronze, iron, wood, and stone. Perhaps they had contempt for the God of Israel. Suddenly, he says, the fingers of a human hand appeared and began to write on the wall. Mene, mene, tekel, u parshin.” Daniel, who was already quite old, was called to interpret these letters.

He read the letters on the wall. Mene” means “counted” or “determined,” and the years of the king’s reign were counted and determined, that is, the end was determined (v. 26). Tekel” means “weighed” or “reckoned,” and it is said that Belshazzar was weighed on God’s scale and failed to meet the standard (v. 27). Parsin” means “to distribute,” and Babylon was to be divided into two nations, Media and Persia (v. 28). That night, Babylon, which was said to be impregnable, was conquered by the Persian army without a single battle. According to the historian Herodotus, the Persian army turned the course of the Euphrates River, broke through the huge defensive line, walked across the riverbed, and ambushed the defenders.

3. Tekel.

Daniel reminds us of what happened to King Nebuchadnezzar, who fell into pride (vv. 17-21). A man’s status, for example, is simply a matter of chance and impetus, and sometimes has nothing to do with his ability. No, to be precise, people live in a mistaken reality when it is obtained because God, who “holds the breath of man in his hand and makes all his ways his own” (v. 23), has allowed it to happen. Perhaps it is because of our spiritual dullness that we worship as gods things made of silver, gold, bronze, iron, wood, and stone that we cannot see, hear, or know. No, even if we have faith, it can be the same thing if we do not have a firm living faith in the true God. In order to increase our spiritual sensitivity and to walk with reverence as human beings, we must first read the Bible carefully, strive to understand it deeply, and cherish a walk that is taught by God on a daily basis. I pray that you will have a good day today.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. How many chapters does the book of Daniel consist of? (1) Chapter 10, (2) Chapter 12, and (3) Chapter 14. The answer was (2) chapter 12. Now, here is today’s Bible quiz. Who adopted a policy of accommodation, allowing conquered peoples to follow their own customs and religion, Babylon or Persia? The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

“人生100倍の視野【聖書】ダニエル書5章 ベルシャツァルへのさばき” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です