人生100倍の視野【聖書】ホセア書6章 真の悔い改めへの呼びかけ

1.悔い改めのススメ

 1-3節の主語は「私たち」となっています。一体これは誰のことばなのか、議論のあるところです。既に5章では、祭司、王、民、とイスラエルのすべての人々に悔い改めが求められていたことを教えられました。そこでこれを、その応答、つまり祭司が皆を代表して献げようとした悔い改めの祈祷文と解釈する説があります。ギリシア語の七十人訳はそのような解釈をして訳出しているようです。そうなると、4節以降は、神が、その悔い改めが形ばかりのもの、つまり、口先だけであることを覚えて、戒めていると理解されるのです。

そこで、これを預言者ホセアが、悔い改めを勧めることばと解釈する説もあります。とすれば、4節以降は、神がホセアに共鳴して、イスラエルを説得している内容と理解されるのです。実際には、どちらにも取れる内容で、判断が難しいところですが、ここでは、ホセアの悔い改めの勧めとみてまいりましょう。

2.神を知ろう

神は、単純なお方ではありません。騙されることのないお方です。イスラエルの朝もやのような誠実さ、朝霧のように消えやすい忠誠心をよくわかっておられます。神を信じることは、深められなくてはいけないものです。その人の口、目、手、足のすべてにその人の生き方の姿勢、信仰が現れてくるもの、つまりその人の生活全体に現わされるものです。しかし、そうはならない現実があるのです。実際に、身近なクリスチャンを見ながら、この人は、神を信じている、神が大事だと言っているけど、口ほどでもないな、祈祷会に出るわけでもないし、聖書をあまり熱心に読んでいる様子でもないし、と寂しい思いをしてしまうことがあるものではないでしょうか。まあ、自分も熱心かと問われれば、あまり褒めたものではないが、他人に対しては、どうも気になってしまうのが人間です。そうした自分を顧み、また他人の在り方を見ているうちに思わされるのは、やはり信仰において主権者は神ではない、自分なんだという問題でしょう。結局、信仰に生きているのではなくて、信仰を利用して生きている現実です。

また7節、シェケムは逃れの町であり、殺人を犯した者が復讐者から守られて、正しい裁きによって裁かれるために、匿われる場所です。律法によれば、祭司は、その逃れの町に向かう犯罪者たちを保護しなくてはなりませんでした。しかし、その祭司が、神の定めに従わず、復讐者になるわけです。神のことばを語り、従うように勧める祭司が、当時は、そんな有様でした。そして一事が万事、すべてこの調子、神は「イスラエルの家におぞましいことを見た」と言うわけです。

悔い改めは、口先のことではなく、人生の方向転換を意味します。それは、古い行いを捨てて、新しい行動を起こしていくことです。しかしどうして、真実の悔い改めが起こらず、中途半端な自分中心の信仰者となり下がってしまうのか。鍵となることばが、3節、6節の「神を知る」ということでしょう。主権者である神を知ろうとしない、これが神と人の関係を表面的なものとするのです。クリスチャンとしてどうあるべきかを知ることよりも、神ご自身を知ることが大事なのです。主を知ることを切に追い求める、そこに悔い改めの実も結ばれるのです。そうすれば、礼拝も、祈祷会も大事にしたい、主のお働きをお支えしたいと献金をもって、自分の牧師や教会の働きを支えていきたいという心も、自然に起こることでしょう。努力せずにそんな心に動機づけられるからこそ、信仰も喜びであり、教会生活も楽しみになるのです。信仰や教会が楽しくない、喜べないというのは、あの人、この人のせいではありません。まず神ご自身に心の目を向けましょう。では今日もよい一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。次の内、エフライムの町とされるものはどれでしょうか?①シロ、②ギブア、③シェケム。答えは①シロでした。シロは礼拝の中心地となり、ヨシュアの墓がありました(ヨシュア18:1、24:30)、ちなみに②ギブアは、ベニヤミン、③シェケムはマナセの領地にあります。では今日の聖書クイズです。のがれの町として定められたのは、全部でいくつの町であったでしょうか?①4つの町、②6つの町、③12の町。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 6: A Call to True Repentance

1. recommendation for repentance

 The subject of verses 1-3 is “we. Whose words these are is a matter of debate. Already in chapter 5, we were told that repentance was required of all Israel: priests, kings, and people. Some interpret this as a response, a prayer of repentance offered by the priests on behalf of all. The Greek translation of the LXX seems to have been rendered based on such an interpretation. Then, from verse 4 onward, it is understood that God remembers that the repentance is only a formality, that is, it is only verbal, and admonishes.

Some interpret this as the prophet Hosea’s exhortation to repentance. If this is the case, then verses 4 and following can be understood as God’s persuasion of Israel in response to Hosea. In reality, it could be taken either way, and it is difficult to decide, but let us consider it as Hosea’s exhortation to repentance.

2. Let us know God.

God is not simple. He is not deceptive. He is well aware of Israel’s sincerity like the morning mist, and of their loyalty, which is as fading as the morning fog. Faith in God is something that must be deepened. It is something that is manifested in a person’s mouth, eyes, hands, and feet, in his attitude toward life, and in his faith, which is manifested in his entire life. However, there is a reality that this is not the case. In fact, as you look at a Christian close to you, you may sometimes feel lonely, thinking, “This person believes in God and says that God is important, but not as much as he or she says, or doesn’t attend prayer meetings, or doesn’t seem to read the Bible with much enthusiasm. Well, if you ask me if I am enthusiastic too, I would not give myself much praise, but it is human nature to be concerned about other people. As I reflect on myself and look at how others are doing, I am reminded that in faith, the sovereign is not God, but myself. In the end, we are not living by faith, but by using faith.

Also, verse 7, Shechem is a city of escape, a place where the murderer is sheltered from the avenger, to be judged by righteous judgment. According to the Torah, the priest had to protect the criminals on their way to that city of escape. However, the priests are not obedient to God’s decree and become the avengers. A priest who speaks the Word of God and encourages people to obey it, is in such a state of affairs at that time. And all things being equal, God says, “I have seen a terrible thing in the house of Israel.

Repentance is not just talk, but a change of direction in life. It means abandoning old deeds and taking a new course of action. But why does true repentance not occur, and why do we fall back to being half-hearted, self-centered believers? The key word would be “know God” in verses 3 and 6. Not wanting to know the sovereign God, this makes the relationship between God and man superficial. It is more important to know God Himself than to know what to be as a Christian. We must earnestly seek to know the Lord, and in this pursuit, the fruit of repentance will be born. Then, you will naturally want to cherish worship services and prayer meetings, and support the work of your pastor and church with offerings to support the Lord’s work. It is because we are motivated by such a heart without effort that our faith is joyful and we look forward to church life. It is not the fault of that or that person that faith and church are not enjoyable or joyful. First of all, let us turn our hearts to God Himself. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Which of the following is considered to be a town of Ephraim? (1) Shiloh, (2) Gibeah, and (3) Shechem. The answer was (1) Shiloh. Shiloh became a center of worship and was the site of Joshua’s tomb (Joshua 18:1, 24:30), and incidentally, (2) Gibeah is in the territory of Benjamin and (3) Shechem is in the territory of Manasseh. Here is today’s Bible quiz. How many cities were designated as cities of exile in total? (1) Four, (2) Six, and (3) Twelve. The answer will be given tomorrow. I wish you all a good day today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です