人生100倍の視野【聖書】ホセア書7章 イスラエルの罪の深さ

1.燃えるかまど

 イスラエルの民の堕落した状態が、比喩的に語られています。それは、例えて言えば、家に押し入る盗人、旅人を強奪する略奪隊そのものだ。あまりにもひどく、癒し難いと言うわけです(1節)。神は、あなたがたの悪を見ておられる、必ず神のお裁きがありますよ、と語ったとしても、全く気にもしないやからなのです(2節)。むしろ、彼らにとって悪を行うことは当たり前のことであり、もはや、それによって、王も首長たちも喜ぶ、つまり世の中とはこのようなものだ、と言わんばかりです(3節)。

続いてホセアがあげる四つの比喩に注目しましょう。一つは、「燃えるかまど」です(4節)。それは、イスラエルの王の姿を象徴的に語るものでした。つまり虎視眈々と権力の座を狙い、密かに陰謀を企てて、突如クーデターを起こす、まるで、事あるたびに激しく熱せられるかまどと同じようだと言うのです。

確かに、イスラエルは、相次いで政変が興り、社会は混乱の渦に巻き込まれました。ヨアシュの子ヤロブアムの死後、彼の子ゼカリヤは、わずか6か月の在位でシャルムに暗殺されてしまいます。そしてシャルムもわずか1か月の在位で暗殺され、メナヘムが王となりました。メナヘムが王となった10年の間に、アッシリア帝国のプルが繰り返しイスラエルを侵略し、イスラエルは衰退していきます。彼の死後王となったペカフヤは在位2年目にペカに暗殺されます。ペカは20年統治しますが、その間アッシリアの王ティグラテピレセルがイスラエルに攻撃を加え、イスラエルの領土は首都サマリアを残すのみとなり、アッシリア捕囚の時代に入っていくのです。そしてペカを暗殺して9年間王位についたホセアの時代に、首都サマリアが陥落、イスラエル民族とアッシリア領の異民族の交換移住が進められ、イスラエル王国は完全に滅亡してしまうのです。彼らは、神の目など全く気にしない王たちでした。

2.人間の罪の深さ

次に8節、ホセアは、イスラエルは、「片面しか焼けていないパン」に例えます。それは羊頭狗肉のようなもので、見かけと実質は違うのです。とんだ食わせ物というわけです。そして第三に、11節、イスラエルは、危機に瀕して巣を捨てて、あてもなく飛び回る鳩のようだ、とされます。アッシリアかエジプトか、どっちが有利かと目先の助けを求めてうろうろ飛び回るだけで、真に頼るべきものをわかっていないと言います。最後に、彼らは「欺きの弓」つまりいつも的を外す弓(16節)のようだ、と言います。つまり、神の的に決して向かうことのない者たちである、ということでしょう。身に起こる災いが神からのものであっても、悟ることができない。たとえ、心配のあまり眠れない夜を過ごし、床の上で泣きわめくことがあっても(14節)、その床の上に座りなおして、神に助けを求めるわけでもない。

これまでは、神の民を取り戻そうとする神の熱心さが、熱く語られましたが、ここでは、神に立ち戻ろうとしない人間の頑なさが、詳しく語られています。そしてホセアが語るように、私たちの現実もまさにその通り、と言うべきでしょう。その心は、燃えるかまどのよう、見かけとは全く違う裏がある、真により頼むべきものをわからずにいる、結局、神に決して向かうことのない心、それはまさに私たちの現実でもあるのです。そうであればこそ、人の救いには、神の格別なあわれみが必要、深き、とりなしの祈りが必要ということにもなるのでしょう。世の変革はキリスト者の心貧しい祈りにかかっているのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。のがれの町として定められたのは、全部でいくつの町であったでしょうか?①4つの町、②6つの町、③12の町。ヨルダンの東側に、ベツェル、ギルアデのラモテ、バシャンのゴラン。西側に、ケデシュ、シェケム、キルヤテ・アルバ(ヘブロン)の6つでした(ヨシュア20:7-8)。では今日の聖書クイズです。イスラエル北王国の首都をサマリアとした王様はだれでしょうか?①ヤロブアム、②オムリ、②アハブ。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 7: The Sinfulness of Israel

1. the burning furnace

 The fallen state of the Israelites is spoken of figuratively. It is, metaphorically speaking, the very thieves who break into homes, the very plundering bands that rob travelers. It is so terrible, he says, that it is difficult to heal (v. 1). They are the kind of people who do not care if you tell them that God sees your wickedness and will surely judge you (v. 2). Rather, it is a matter of course for them to do evil, and it pleases kings and chiefs, as if to say, this is how the world works (v. 3).

Let us now turn our attention to the four metaphors Hosea gives. The first is the “burning furnace” (v. 4), which symbolically describes the king of Israel. He is like a burning furnace, which heats up violently every time it is heated up.

Indeed, Israel was in the midst of a series of political upheavals that threw society into a whirlpool of confusion. After the death of Joash’s son Jarob-am, his son Zechariah was assassinated by Shallum was also assassinated after only one month on the throne, and Menahem became king. During Menahem’s ten years as king, Israel was repeatedly invaded by Pul, the Assyrian empire, and Israel fell into decline. Pekahuya, who became king after his death, was assassinated by Pekah in his second year on the throne. Pekah ruled for 20 years, during which time the Assyrian king Tiglathpileser attacked Israel, leaving only the capital Samaria as Israel’s territory, and the country entered the Assyrian captivity. Then, during the reign of Hosea, who assassinated Pekah and remained on the throne for nine years, the capital city of Samaria fell, and the exchange migration of the Israelites and the foreign tribes of the Assyrian territories proceeded, leading to the complete destruction of the Kingdom of Israel. They were kings who cared nothing for the eyes of God.

2. the depth of human sin

Next, in verse 8, Hosea compares Israel to “unleavened bread. It is like sheep’s head meat, which is not what it appears to be but what it really is. It is a terrible kind of food. Third, verse 11 says that Israel is like a dove that, on the verge of crisis, abandons its nest and flies about aimlessly. They are only hopping around in search of immediate help, wondering which is more advantageous, Assyria or Egypt, and they do not know what they should really rely on. Finally, he says that they are like the “bow of deceit,” or the bow that always misses the mark (v. 16). In other words, they are the ones who never aim at God’s target. They cannot realize that the calamities that befall them are from God. Even if they spend sleepless nights in worry and weep on the floor (v. 14), they do not sit up on the floor and ask God for help.

So far, God’s eagerness to restore His people has been hotly contested, but here we are told in detail of man’s stubbornness in refusing to turn back to God. And as Hosea tells us, our reality is exactly the same. The heart is like a burning firecracker, a heart that is not what it seems, a heart that does not know what it really needs to ask for, a heart that never turns to God, which is our reality as well. This is why God’s mercy is necessary for our salvation, and why we need deep and intercessory prayer. The transformation of the world depends on the humble prayers of Christians. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. How many towns were designated as cities of exile? (1) Four, (2) Six, and (3) Twelve. On the east side of the Jordan: Bethel, Ramoth in Gil’ade, and Golan in Bashan. On the west side were six: Kedesh, Shechem, Kirjath Arba (Hebron) (Joshua 20:7-8). Now for today’s Bible quiz. Which king made Samaria the capital of the Northern Kingdom of Israel? (1) Yeroboam, (2) Omri, and (3) Ahab. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です