人生100倍の視野【聖書】ホセア書8章 行いが信仰を否定する

1.イスラエルに迫った危機

1節「角笛を口に当てよ」、その行為は、緊急事態を意味していました。新改訳第三版では「鷲のように敵は主の宮を襲う」と続いていましたが、2017では、「鷲のようなものが、主の宮の上にいる」と訳が改訂されました。なんだろう。よくわからないな、と思いヘブル語の原文を調べてみました。すると第三版は「敵は」と「襲う」を補って意訳していたことがわかりました。2017の訳は、ヘブル語の直訳なのです。しかし、言いたいことは、「あれは鷲かな?主の宮の上、(襲ってくるぞ、アブナイ!)」というイメージなのでしょう。イスラエルはまさに鷲に狙われた餌食、突然襲い掛かる危険を知らずにいる、なぜこんな事態になってしまったのか、と言うわけです。それは「彼らがわたしの契約を破り、わたしのおしえに背いたからだ」。つまり神の裁きだということでしょう。神の裁きは、ある人々がしびれを切らして遅れていると感じていたとしても、時が来れば即座に下されるものなのです。またそれはある人々の目には、強国が弱小国を踏みにじる弱肉強食の社会の一場面と映るかもしれませんが、そうではありません。神の裁きとして起こっていることだ、と言うのです。古い日本のテレビ番組(1950年代から2018年まで繰り返しリメイクされて放映された有名な時代劇)で恐縮ですが、神は、「遠山の金さん」のように、突如ご自分を人々の前に現わしてお裁きを付けるわけではないので、わかりにくいのですが、世の中の動きはすべて神の御心の中で起こっているのです。

2.イスラエルが退けられた理由

 しかし、ホセア書を読みながら思わされることは、神がそのようなイスラエルに心を砕き、言葉を尽くして何が問題なのかを語っている、神の忍耐強さ、神の愛の深さでしょう。先の7章では、王家の罪に焦点が当てられていましたが、この8章では、イスラエルの民を含めたイスラエルの罪の現実が説明されていきます。まず、4節、彼らは神のみこころにかなった指導者を立てなかったことです。国が悪くなるのは、王の性質の問題ばかりか、そのような王を立てない国民の意思の問題でもあるのです。神は、「必ず、主が選ばれるものをあなたの上に王として立てなければならない。同胞でない異国人をあなたの上に立てることはできない」(申命17:15)と命じられました。その王は、力や女、金銀に心を向けず、神を恐れ主のみ教えを読み、学び続ける人であることが求められました。選ぶべき王は、そのような王でしたが、イスラエルの民はそうしなかったのです。ちなみに日本の国が悪くなるのは、政治家の問題だけではありません。良識のある政治家を選ばない私たちの責任でもあると言えるでしょう。

さらに彼らは「自分の銀と金で自分のために偶像を造」り、第二戒を破りました。神は目に見えない霊であって、子牛のような形にして拝むようなものではないのです(6節)。まさにそのような行いは、まことの天地創造の神を否定する、汚らわしいものです。「サマリアの子牛は粉々に砕かれる」と言うべきでしょう。

3.退けられた結果

結果、イスラエルは、もはや「だれにも喜ばれない器」となっていきます。器は何かの用途に使われるものでしょう。しかし、全く神の民としても、世俗国家としても人に相手にされない者となっていく、そして愛を求めて贈り物をしても応えてもらえない孤独の中に陥っていく(10節)、さらには、自分の願望を空しく唱えるだけの宗教に浸る結末に至る(11節)と言います。もし、あなたが、今そのような現実を心に感じることがあるとすれば、それは、求めるべきものを間違えているからでしょう。求めるべきものは、天地創造のまことの神の愛、まことの神の聖さ、そして正しさに生きることなのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。イスラエル北王国の首都をサマリアとした王様はだれでしょうか?①ヤロブアム、②オムリ、②アハブ。答えは②オムリでした。オムリは、その土地をシェメルから買い、彼の名にちなんでサマリヤと名付けました(1列王16:25)では今日の聖書クイズです。金の子牛を作ったのはアロン、では、これを再び礼拝の対象とした王様はだれでしょうか?①レハブアム、②ヤロブアム、③ヨシア、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 8: Deeds Deny Faith

1. the crisis that loomed over Israel

Verse 1, “Put the horn to your mouth,” the act signified an emergency. In the New Revised Version 3, it was followed by “Like an eagle, the enemy is upon the temple of the Lord,” but in 2017, the translation was revised to “Like an eagle is upon the temple of the Lord.” What is it? I thought, “I don’t understand,” so I checked the original Hebrew text. Then I found out that the third version was a literal translation of the Hebrew, with the addition of “the enemy” and “attack”; the 2017 translation is a literal translation of the Hebrew. But what I want to say is, “Is that an eagle? On the temple of the Lord, (It’s going to attack you, Abraham!)” This is probably the image of the eagle. Israel is indeed prey to the eagle, unaware of the danger that suddenly strikes them, and they say, “How did this happen? They are prey to the eagle, unaware of the danger that suddenly strikes them. In other words, it is God’s judgment. God’s judgment is immediate when the time is right, even if some people are impatient and feel that it has been delayed. It may appear to some to be a scene of a society of the strong over the weak, where the strong trample the weak, but it is not. It is God’s judgment. I am sorry to say that this is an old Japanese TV program (a famous historical drama that was remade and aired repeatedly from the 1950s to 2018), but God does not suddenly appear in front of people like “Toyama no Kin-san”.

2. the reason for Israel’s rejection

 But as we read the book of Hosea, we are reminded of God’s patience and the depth of His love, as He speaks to Israel with all His heart and with all His words about what is at stake. While the previous seven chapters focused on the sins of the royal family, in this eighth chapter the reality of Israel’s sins, including those of the Israelites, is explained. First, in verse 4, they did not set up leaders who were in the will of God. The nation’s deterioration is not only a matter of the nature of the king, but also of the will of the people who do not establish such a king. God said, “Surely you shall set up as king over you one whom the Lord will choose. No alien who is not of your people shall be set over you” (Deut. 17:15). The king was to be a man whose heart was not set on power, women, gold, or silver, but who feared God and continued to read and study the Lord’s teachings. The king who should have been chosen was such a king, but the Israelites did not. By the way, it is not only the problem of politicians that makes the Japanese nation worse. It is also our fault for not electing sensible politicians.

Furthermore, they broke the second commandment by “making for themselves idols out of their own silver and gold. God is an invisible spirit, not something to be worshiped in the form of a calf (v. 6). Such an act is truly an abomination, a denial of the true God of creation. It should be said, “The calf of Samaria shall be crushed to pieces.”

3. the result of the rejection

As a result, Israel will no longer be “a vessel pleasing to no one. The vessel will be used for something. But they will become a people who will not be taken seriously either as God’s people or as a secular nation, and they will fall into loneliness where their gifts of love will not be reciprocated (v. 10), and they will end up immersed in a religion that only chants its own desires in vain (v. 11). If you feel such a reality in your heart now, it is probably because you are seeking the wrong thing. What you should be seeking is to live in the love of the true God of creation, in the holiness and righteousness of the true God. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. Who was the king who made Samaria the capital of the Northern Kingdom of Israel? (1) Yeroboam, (2) Omri, and (2) Ahab. The answer was (2) Omri. Omri bought the land from Shemer and named it Samaria after him (1 Kings 16:25), which brings us to today’s Bible quiz. It was Aaron who made the golden calf, so which king made it an object of worship again? (1) Rehoboam, (2) Jaroboam, (3) Josiah, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です