人生100倍の視野【聖書】ヨエル書2章 今の危機から終末の危機へ

1.立ち止まり考える

11節、「主はご自分の軍隊の先頭に立って声をあげられる」ヨエルは、いなごの大軍勢が、神の軍隊であると語ります。つまりいなごの害は、神によるさばきであると言うのです。現代では、色々なことを配慮しながら、疫病や災害が起こっても、こんなにストレートな言い方はできないものです。こんな言い方は、バッシングのもとです。

ただ、これは人が他人に向けて語ることばではありません。神が、ヨエルを通して人に、しかもご自分の民に語っておられることです。この天地万物を創造し、支配しておられる神が、世に起こっている事柄について、これは自らが起こしたことだと、いわば犯行声明を出すかのような言い方をしておられるのです。その違いは、よく理解しなくてはなりません。そして、社会の動きが大きく止められてしまう、あるいはスローダウンさせるような事態が生じる時には、よくよく立ち止まって、果たしてかねがねこれでいいのだろうかと感じつつも、深く考えもせずにやり過ごしてきた問題を考えてみる必要もあると言うべきでしょう。

15節「断食を布告し、きよめの集会を招集せよ」既に1章でも繰り返されてきました。具体的にどんな集会なのか、それは主を求める集会です(1:14、19)。つまり、それまでないがしろにされていた神礼拝を真剣に行うということでしょう。神あっての私たちの人生なのに、今は仕事が忙しいので、家の細々とした用事があるので、となんとなく礼拝や祈祷会が二の次、三の次にされてきたことはないでしょうか?

私は、ある団体の主任研究員として、日本のキリスト教会において、コロナの3年間どのような変化が起こったのかを調査したことがあります。結果、コロナの3年を過ごして、絆が深められた教会もあれば、バラバラになった教会もありました。そして3年が経過し、なかなか対面の礼拝に戻ってこない信徒さんもある現状も知りました。しかし、そのような結果はコロナのせいと言うべきものではなく、もともと、教会にそのような課題があったことを示しているのです。コロナを契機に、それぞれの抱えている課題がクリアになっただけのことです。ですから、今、教会はこの現状をよく理解し、主の招きに応えるべき時なのです。

13節「衣ではなく、あなたがたの心を引き裂け」(13節)とあります。パフォーマンスではなく、心からの悔い改めが勧められています。確かに社会が危機的状況であるとするならば、教会には、愛と祈りの炎がますます盛んに燃えているのでなければ、人々はどこに希望を見出すことでしょう。自己流に教会を利用するような信仰を捨て、所属する教会に課題があるとすれば、それは牧師のせいだとか、あの信徒、この信徒のせいだとか、言うのではなくて、自身の信仰の再生の機会であるとして、まごころから神に仕え、兄弟姉妹を愛する教会とならせていただきましょう。

2.神の不思議

大切なのは、神は、ご自身の悔い改めの勧めに応答するならば、いなごを取り除き、いなごが奪い取ったすべてのものを、豊かに回復してくださると約束しておられることです(18-27節)。コロナを通して教会が打撃を受け、勢いを失ったとしても、心配はありません。神がなさったことなのだから、神がこれを豊かに回復させてくださると約束するのです。神はこれを未信者に語っているのではなく、神の民に向けて語っておられます。27節「私の民は永遠に恥を見ることはない」と。

ヘブル語聖書では、28節から3章となっています。内容的にも、今の危機を踏まえて、さらに後の時代、つまり終末の危機について語っています。31節「主の大いなる恐るべき日」は、人類にとって最大の脅威である終末の時代が来ることを物語っています。実際、ペテロは、ペンテコステの説教で、この箇所を引用して解説しました(使徒2:16-21)。「大いなる恐るべき日」が確実に近づいている、と言います。ただ今この危機にあって主を呼び求め、主の回復を味わうならば、その日も同じだと言うべきでしょう。主の御名を呼び求める者に恐れるものは何もありません。主を呼び求める者は救われるのです。では今日も良き一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。イスラエルで小麦が収穫される時期はいつでしょうか?①5-7月頃、②9-11月頃、③1-3月頃。答えは①5-7月頃でした。イスラエルでは先の雨の後の11-12月に種が蒔かれ、寒い冬を越してから5-7月頃に、大麦よりやや遅れて収穫されます。では今日の聖書クイズです。新約の使徒で、ヨエル書の預言を直接的に引用し、今が終末の時代にあることを教えたのは、次の誰でしょうか?①パウロ、②ヨハネ、③ペテロ、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります

Chapter 2: From the Crisis of Now to the Crisis of the End

1. stop and think

In verse 11, “The Lord will lift up his voice at the head of his army,” Joel tells us that the great army of locusts is the army of God. In other words, he says that the harm of the locusts is judgment by God. In our day and age, we cannot speak so straightforwardly about pestilences and disasters, taking many things into consideration. This kind of language is a source of bashing.

However, these are not words that people speak to others. This is what God is saying to people through Joel. God, who created and controls heaven, earth, and all things, is making a statement about the things that are happening in the world, saying that he has caused them. The difference must be well understood. And when a situation arises that brings a major halt or slowdown to the movement of society, we need to stop and think about the issues that we have been letting pass by without giving them much thought, even though we have been wondering if this is really the right thing to do.

Verse 15: “Declare a fast and call a meeting for cleansing. What kind of assembly is it exactly? It is an assembly to seek the Lord (1:14, 19). In other words, they are to earnestly worship God, which had been neglected until then. Although God is the source of our life, haven’t we ever put worship services and prayer meetings on the back burner because we are busy with work or have some other small things to do at home?

As a senior researcher for an organization, I once conducted a study to see what kind of changes occurred in the Christian churches in Japan during the three years of Covid. As a result, some churches became more bonded after three years of the Covid, while others fell apart. We also learned that some congregations were not returning to face-to-face worship after three years. However, such results are not the fault of Covid, but rather indicate that the churches had such issues to begin with. It is just that the challenges that each of them had were cleared up in the wake of Covid. Therefore, now is the time for the church to better understand this current situation and respond to the Lord’s invitation.

Verse 13: “Tear your hearts, not your garments” (v. 13). Repentance from the heart, not performance, is encouraged. Indeed, if society is in a state of crisis, where will people find hope if the church does not have the fire of love and prayer burning more and more actively? Let us abandon the faith that uses the church for its own purposes, and if there is a problem in the church, let us not say that it is the pastor’s fault, or this congregation’s fault, or that congregation’s fault, but let us see it as an opportunity to regenerate our own faith, to serve God wholeheartedly, and to be a church that loves our brothers and sisters.

2. the wonder of God

What is important is that God promises to remove the locusts and restore abundantly all that the locusts have taken away, if we respond to His invitation to repent (vv. 18-27). If the church takes a hit through the covid and loses momentum, don’t worry. God promises to restore it abundantly because He has done it. God is not speaking this to unbelievers, but to His people, v. 27: “My people shall not be put to shame forever.”

In the Hebrew Bible, this is verse 28-30. In terms of content, in light of the current crisis, he speaks of an even later time, the end-time crisis; verse 31, “the great and terrible day of the Lord,” speaks of the coming of the end times, the greatest threat to mankind. In fact, Peter quoted and explained this passage in his Pentecost sermon (Acts 2:16-21). He said that “the great and terrible day” is surely approaching. I should say that the same is true of that day, if only we call on the Lord now in this crisis and taste His restoration. Those who call on the name of the Lord have nothing to fear. He who calls on the Lord will be saved. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. When is the wheat harvest season in Israel? (1) May-July, (2) September-November, and (3) January-March. The answer was (1) around May-July. In Israel, the seed is sown in November-December after the last rains, and after a cold winter, it is harvested around May-July, slightly later than barley. Now for today’s Bible quiz. Who of the following New Testament apostles directly quoted the prophecy in the book of Joel and taught that we are in the end times? (1) Paul, (2) John, (3) Peter, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です