人生100倍の視野【聖書】イザヤ書20章 神に従うことを選び取る

1.13-23章の背景

BC721年イスラエル北王国は、ついにアッシリアに征服されました。続いてBC720年、アッシリアの王サルゴン2世は、パレスチナ南部のガザ、ラフィア、そしてBC717年、パレスチナ北部のカルケミシュを攻撃し、占領していきます。

これに対して、エジプトの第二25王朝のピ・アンキが、パレスチナの小諸国を全面的に支援し、反アッシリア同盟を組織し、アッシリアに対抗していきます。しかし、アッシリアの勢いは留まらず、さらにBC713-712 にかけてユダ南王国に侵略、エドム、モアブを降伏させ、BC711年、パレスチナ南部のアシュドデのみならず、ギベトン、エクロン、ガテを占領するのです(1節)。

まだアッシリアに完全に征服されたわけではなく、しかしかろうじて国としての体裁を保っていたユダ南王国の人々に、イザヤが神のメッセージを伝えます。しかし、言葉ではなく、人々の前で裸になり、裸足で歩く行動によって語るのです。これを行動預言と呼びますが、かつて主の預言者たちによってよく用いられる手法でした。たとえばエレミヤは、人々の目の前で土の瓶を砕いて、ユダ南王国が砕かれることを預言しています(エレミヤ19章)。またエゼキエルも、公衆の面前で、左脇を下にして390日、右脇を下にして40日横たわり、それによって捕囚の刑罰の苦しみに一定の期間があることを預言しました(エゼキエル4:4-6)。人々はこうした預言者の奇異な行動、いわゆる「行動預言」を通して神のことばに注目させられたのです。そしてイザヤは、人々の耳目を集めるその異様な行動を通して、エジプトやエチオピアの滅亡を預言し、エジプトに助けを求める愚かさを語りました。しかし、当時、自分たちは弱くとも、自分たちを後援する強大国エジプトの滅びなど、誰も考えもしなかったのです。

2.神の言葉の確からしさ

イザヤの預言は、BC669年アッシリアの王エサル・ハドンによって下エジプトが、BC663年にアシュール・バーン・アプリによって上エジプト(エチオピア)が占領されることによって成就しました。しかしイザヤが身をもって3年間語ったことばが、まさかこうして実現するとは、当時の人々は誰も思いもしなかったのです。

残念なことですが、今日も、聖書からのメッセージは、なかなか聞いてもらえないことがあるものです。たとえ、行動預言というあり方を通して、衝撃的に訴えたとしても、それを真剣に受け止める人は、ほとんどいない、これは昔も今も変わらないことでしょう。ですから、聖書を語ることは、しばしば苦い経験にもなります。しかし、聖書が語ることは、人のいのちに関わる重要なメッセージであることも事実です。

神のことばは、罪人の魂を滅びから救いだすものです。人は、様々な意味で、アッシリアの攻撃に象徴されるような人生の危機に立たされることがあるものでしょう。しかし、神のことばを大事にし、これに聞き従って歩むことは、様々な意味で、敗北や、奴隷の道を歩むことから私たちを守るのです。目先の安易な助けではなく、真に歴史を支配し、これを支えておられる神にこそ信頼して歩ことが大切です。では、今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ナイル川の水量が増し、氾濫しやすい時期は、いつでしょうか?①2-5月、②7-9月、③10-12月。答えは②7-9月でした。ナイル川が氾濫することはイスラエルの人々にもよく知られたことでした(イザヤ23:10、エレミヤ46:7-8)。では、今日の聖書クイズです。次のうち、エジプトの町ではないものはどれでしょうか?①ヘリオポリス、②ノ・アモン、③ガザ、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Chapter 20: Choosing to Follow God

1. background of chapters 13-23

In 721 BC the Northern Kingdom of Israel was finally conquered by Assyria. Then in 720 BC, the Assyrian king Sargon II attacked and occupied Gaza and Rafiah in southern Palestine, and in 717 BC, Karchemish in northern Palestine.

In response, Pi Anki of Egypt’s 25th Dynasty of the 2nd Dynasty fully supported the smaller Palestinian states and organized an anti-Assyrian alliance to oppose the Assyrians. However, Assyria’s momentum would not stay with them, and they would further invade the southern kingdom of Judah from 713-712 BC, surrendering Edom and Moab, and in 711 BC, occupying not only Ashdod but also Gibbethon, Ekron, and Gath in southern Palestine (v. 1).

Isaiah delivers God’s message to the people of the southern kingdom of Judah, which had not yet been completely conquered by Assyria, but was barely a nation at all. But he does not speak in words, but in action, stripping naked in front of the people and walking barefoot. This is called action prophecy, a technique once often used by the Lord’s prophets. Jeremiah, for example, prophesied that the southern kingdom of Judah would be crushed by breaking earthen jars in front of the people (Jeremiah 19). Ezekiel also prophesied that there would be a certain period of suffering in the punishment of captivity by lying down in public, left side down for 390 days and right side down for 40 days (Ezekiel 4:4-6). The people were brought to the attention of God’s Word through these strange actions of the prophet, the so-called “action prophecy. Isaiah prophesied the destruction of Egypt and Ethiopia and spoke of the folly of seeking help from Egypt through his bizarre behavior that caught the attention of the people. But no one at that time thought of the destruction of Egypt, a powerful nation that sponsored them, even though they themselves were weak.

2. the certainty of God’s word

Isaiah’s prophecy was fulfilled with the capture of Lower Egypt by the Assyrian king Esar Hadon in 669 BC and Upper Egypt (Ethiopia) by Ashurban Apri in 663 BC. However, no one at that time could have imagined that Isaiah’s words, which he had spoken for three years, would come true in this way.

Unfortunately, even today, the message from the Bible is not always well received. Even if we make a shocking appeal through action prophecy, few people take it seriously, and this was and still is true today. Therefore, speaking the Bible can often be a bitter experience. But it is also true that what the Bible tells us is an important message concerning human life.

The Word of God delivers the soul of the sinner from perdition. In many ways, one may find oneself in a crisis of life, as symbolized by the Assyrian attack. However, cherishing the Word of God and walking in obedience to it will, in many ways, save us from defeat and from walking the path of slavery. It is important to walk trusting in God, who truly controls and sustains history, and not in short-term easy help. I wish you all a good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. When does the Nile River tend to flood due to increased water volume? (1) February to May, (2) July to September, and (3) October to December. The answer was (2) July-September. It was well known to the Israelites that the Nile River floods (Isaiah 23:10; Jeremiah 46:7-8). Now for today’s Bible quiz. Which of the following is not an Egyptian city? (1) Heliopolis, (2) No-Amon, (3) Gaza, and the answer will be given tomorrow. I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です