人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書33章 神の回復のビジョンと契約の確かさ

1.全イスラエルの回復の預言

エレミヤは、監視の庭に閉じ込められていました。エルサレムには、餓えと疫病が広がり、バビロンの軍隊が、エルサレムの城壁を攻撃、エルサレムの陥落は秒読みの段階に来ていました。そこにイスラエル回復のメッセージが与えられるのです。

そもそも、エレミヤが牢に閉じ込められたのは、エレミヤがバビロンに降伏を勧めたからです。バビロンは神の懲らしめの鞭であり、この懲らしめを素直に受け入れ、新しい民族再生の歩みへ踏み出すように勧めたのでした。しかし、敵に降伏するなど、もってのほか、イスラエルには神風信仰がありました。かつてヒゼキヤの時代、アッシリアの軍隊に囲まれた時に、神は奇跡を起こして、その包囲網を解いてくださった、イスラエルの人々はそのエピソードを忘れないでいたのです(2列王18,19)。「今度もまた、きっと」というわけです。しかし、いつも同じことが起こるわけがありません。今回の神の計画は、エルサレムを滅ぼすことでした。起死回生の逆転劇はないと言います(5節)。ただし、これは報復ではなく懲らしめのためですから、神はイスラエルの回復を約束されます。しかも、エレミヤの時代から1世紀も昔に滅びてしまったイスラエル北王国も合わせて回復すると約束します(7節)。

この預言は、バビロン捕囚がまだ始まる前になされました。それなのに、エレミヤは、イスラエルの完全な回復を預言し、歴史はその方向へと向かって動いていくのです。実に驚くべきことです。エレミヤは自分の語ったことが実際に実現することを確認することはできませんでしたが、それでも彼にとって、それは「理解を超えた大いなること(3節)」であり、神が明かすことであったからこそ、語ることのできた内容です。自らの経験の中で物事を語るとしたら、こうした預言書は、成り立たないものでしょう。人には決して描けない、神のビジョンというものがあるのです。

2.ダビデ王家とレビ系祭司の回復

33章の後半、14節からは、ギリシア語訳の七十人訳聖書にはない部分です。そこでエレミヤの著作性が疑われています。しかし内容的には前半を補足する、ダビデ王家やレビ系祭司の回復という具体的なメッセージとなっています。

ダビデ王家の回復については、神がダビデと交わした契約をなぞる形で語られています(2サムエル7:12-16)。またレビ系祭司の回復については、モーセの時代のピネハスとの契約を踏まえる形で語られています(民数25:11-13)。神のことばは、既に古き時代に語られたことを上塗りし、強化するように、永遠に変わらぬことばとして語られるのです。そして大切なのは、イスラエルの回復は、世俗的な国の回復のみならず、その霊的な国民の回復、つまり、神を心から礼拝する民の再建だということです。そしてこの回復の預言の確かさは、昼が来て夜が来る、自然の秩序や法則と同じほどに確実なものだと言うのです(25節)。

今の日本も、また回復を求めていることは否定しえないことでしょう。しかも日本という国だけではなく、あらゆる国の回復が求められています。2019年末以降、猛威を振るった感染症のコロナが落ち着き始めると、社会は、どうしても経済活動の回復へ向かう傾向にあります。しかし、ウクライナ、イスラエル、アフガニスタン等、昨今の様々な悲しい争いを見ると、やはり人間性の回復にこそ、人は心を向けなくてはならないようにも思います。公正と義が行われる社会の回復こそ求められていると言えるでしょう。そしてそれが天地をお創りになった神のみこころなのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。バビロンに占領されたアナトテが、再び捕囚から帰ってきた人たちによって取り戻されましたが、その地に住んだのは何部族の子孫であったでしょうか?①ユダ族、②ベニヤミン族、③レビ族。答えは②ベニヤミン族(ネヘミヤ11:31-32)でした。では、今日の聖書クイズです。エブス人は、エブスに住んでいた人のことを言いますが、エブスは別名なんと呼ばれていたでしょうか?①エルサレム、②ヘブロン、③ベエル・シェバ。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。Chapter 33: God’s Vision of Restoration and Covenant Certainty

1. prophecy of the restoration of all Israel

Jeremiah was confined to the garden of the Watchtower. Starvation and pestilence were spreading in Jerusalem, the Babylonian army was attacking the city walls, and the fall of Jerusalem was in the countdown. It was there that the message of Israel’s restoration was given.

In the first place, Jeremiah was locked up in prison because he encouraged Babylon to surrender. Babylon was God’s chastening rod, and he encouraged them to accept this chastisement and step forward into a new national revival. However, Israel had a kamikaze faith, and they were not about to surrender to an enemy. The Israelites had not forgotten the episode in the days of Hezekiah, when, surrounded by the Assyrian army, God had miraculously lifted the siege (2 Kings 18, 19). So “this time, too, surely it will happen again.” But it cannot always be the same. This time God’s plan was to destroy Jerusalem. He says there will be no upsurge or reversal (v. 5). However, since this is not a retaliation but a chastisement, God promises the restoration of Israel. Moreover, He promises to restore the Northern Kingdom of Israel, which was destroyed a century before Jeremiah’s time, as well (v. 7).

This prophecy was made before the Babylonian captivity had even begun. Yet Jeremiah prophesies the complete restoration of Israel, and history moves in that direction. It is truly astonishing. Jeremiah could not confirm that what he had said would actually come to pass, but he was still able to say what he did because it was “great beyond comprehension (v. 3),” and because God had revealed it to him. If he were to speak from his own experience, such a prophetic book would not be possible. There is a vision of God that no man can describe.

2. restoration of the Davidic royal family and Levitical priests

The latter half of chapter 33, beginning in verse 14, is not found in the Greek translation of the Bible of the Septuagint. There, Jeremiah’s authorship has been questioned. In terms of content, however, it is a specific message that supplements the first half, namely, the restoration of the Davidic royal family and the Levitical priests.

The restoration of the Davidic royal family is described in the form of a covenant that God made with David (2 Samuel 7:12-16). The restoration of the Levitical priests is also traced to the covenant God made with Phinehas in the days of Moses (Numbers 25:11-13). The Word of God is spoken as an everlasting and unchanging word that builds upon and strengthens what has already been spoken in the days of old. And importantly, the restoration of Israel is not only the restoration of a secular nation, but also the restoration of its spiritual people, a people who truly worship God. And the certainty of this prophecy of restoration, he says, is as certain as the order and laws of nature, where day comes and night goes (v. 25).

It is undeniable that Japan is also in need of restoration. And it is not just the country of Japan that is in need of recovery, but all nations: as the corona of infectious diseases that has raged since the end of 2019 begins to settle down, societies will inevitably tend toward a recovery of economic activity. However, in light of the recent sad conflicts in Ukraine, Israel, Afghanistan, and elsewhere, it seems to me that people must turn their hearts to the restoration of humanity. The restoration of a society where justice and righteousness are practiced is what is required. This is the will of God who created the heavens and the earth. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Anathoth, which had been occupied by Babylon, was restored by the people who returned from captivity. (1) the tribe of Judah, (2) the tribe of Benjamin, and (3) the tribe of Levi. The answer was (2) the tribe of Benjamin (Nehemiah 11:31-32). Now for today’s Bible quiz. An Ebbsite is a person who lived in Ebbs, but what was Ebbs also known as? (1) Jerusalem, (2) Hebron, and (3) Beersheba. I will give you the answer tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です