コリント人への手紙第一16章

コリント人への手紙第一16章 最後の挨拶
パウロは1-6章において、分裂、淫らな行い、訴訟などクロエの家の者から知らされた教会の問題について取り上げました。続く、7-14章においては、手紙で寄せられた質問について答えています。前半10章までは個人的な課題、いわゆる結婚や偶像にささげた肉に対して、どのような態度を取るべきか、そして後半は、教会全体の問題、礼拝、正餐、奉仕の在り方について答える内容になっていました。
1.問題のない教会はない
程度の差はあれ問題のない教会はありません。教会は救われた罪人の集まりです。完全に罪から自由になった人々、天使のような人々の集まりではないのです。でなかったら、パウロはコリントの教会のように、分裂あり、淫らな行いあり、訴訟ありなどの混乱した教会を教会とは認めなかったでしょう。大切なのは、そこに神のみことばによる指導があり、みことばによって建て上げられている状況があるかどうかです。みことばを中心に自分たちの実践を振り返り、修正し、祈り、神の業を求めて成長していく、そのような生き生きした霊的な営みがあるかです。ですから最後の15章で、信仰の実践の源である復活の問題を取り上げたことの意義は大きいのです。真に教会にいのちを与え、新しくするものは、復活の神の力を置いて他にないからです。そのような意味で教会には、何よりも、復活のいのちの力が教会に働くことを求める祈りが必要なのでしょう。
さて、16章において、パウロは、再び現実的な問題を取り上げています。お金と機会と人についての考え方です。
第一に、パウロは、献金について触れます(1-4節)。パウロはエルサレムの貧しい聖徒たちへ献金を持参する役目を担っていました。それは、単純に、神の家族として、必要のあるところに心を配る愛の実践でした。ただ、ここでは、献金の集め方の原則が語られています。つまり、各自が前もって、週の初めの日に、すなわち日曜日の礼拝の時に、蓄えたものからささげるという原則です。礼拝に備えて出席する心を大事にしたいところです。
次に、機会について(5-9節)。コリントの教会を訪問したい思いを持ちながら、「主がお許しになるなら」(7節)とパウロは言います。自分の思いはありながらも、いつも神のみこころを第一に考える、神にお従いすることを考えるわけです。
最後に、人について(10-24節)。パウロは、手紙の締めくくりに必ずといってよいほどに個人的な挨拶を書き送っています。パウロには、共に行動する同労者たちがいました。バークレーは、「キリスト教の信仰を外側から脅かす人や物に対しては、兵士のようでなければならないが、教会の内側の人々に対しては、戦友でありまた恋人でなければならない。キリスト者の生涯には決して退くことのない勇気と、決して裏切ることのない愛がなければならない」と語っています。パウロは誤解されやすい人でした。パウロを攻撃し嫌う敵も多くいました。しかし、これまでも見てきたように、パウロの語ることは、的を射たものです。そうであればこそ、神は、パウロを理解し支える働き人も興してくださいました。結局教会は、どのような思い、価値観、信仰を共有するかが重要なのです。取り組みではない、思いを共有することを大事にしたいものです。

クイズコーナーです。最初に昨日のクイズですが、「福音書の中に、イエスは、公生涯において何人の人を死人から復活させているでしょうか」答えは③3人でした(ナインのやもめの息子(ルカ7:14-15)、ヤイロの娘(マコ5:41-42)、ラザロ(ヨハ11:43-44)の3人です。では今日の聖書クイズを一つ、パウロは、コリントの教会に何通の手紙を書いたと考えられていますか。①2通、②4通、③6通、答えはまた明日。では今日もよき一日となるように祈ります。