人生💯倍の安心😊【聖書】歴代誌第一25章 礼拝賛美

25章 レビ人の賛美の奉仕

1.レビ人の役割:音楽家

先の23-24章では、礼拝の再興のために重要な役割を演じる、神殿に仕える祭司たちや、祭司を助けるレビ人について語られてきました。25章からは、さらにレビ人の詳しい役割が語られていきます。つまり、音楽家としての役割を与えられた、主要三家族、アサフ、ヘマンそしてエドトンが紹介されます。彼らは、礼拝において楽器を奏でる、声をあげて歌うのです。しかしその中心は、「預言」することでした。音楽を伴う預言、あるいは、音の調べに乗せて神の言葉を宣言する、それが彼らの働きだったのです。

2.角を高くあげるをめぐって

5節、「神の言葉を通して王の角を高く上げる者たち」と語られています。これは1サムエル記2章のハンナの祈りを背景としているようです。そこに同じような表現が出てきます(2:10)。そして角は「力」を意味しています。確かに、角は動物の力や強さの象徴です。となれば、王を持ち上げるということでしょうか?勘違いしやすいところです。彼らは王の力を尊重しますが、それは、その王の指揮下で神の宮の奉仕に当たり、主にささげる歌の訓練を受け、達人の域に達するためです。栄光を受けるべきは、神ご自身なのです。

3.神の言葉を宣言する

実際当時の歌うたいは、神殿の聖所の入り口に向かって賛美する、つまり東の門の内側に並んで歌ったとされます。彼らはまっすぐ神のおられる聖所を見上げ、神に向かって、神のことばを調べに合わせて歌い、神のことばの確かさ、神の誠実さを宣言したのです。今日の礼拝では、司会者と会衆が向かい合って歌う、あるいは、丸く輪になって歌うことをします。しかし、そこで意識されなければならないのは、神の臨在であり、その神に献げる歌を歌うことです。ピーター・マスターと言う牧師は、今日の礼拝が、個人的な楽しみ、世の流行を追いかける娯楽的なもの、耽美的、恍惚的なもの、内容の浅い、くだけたものになりがちだ、と指摘しています。神の栄光をどのように音の調べに乗せて宣言するのか、確かに注意深い研鑽を必要とすることです。

4.ヘマンの信仰

ところで、4節ヘマンですが、彼は預言者サムエルの孫、ヨエルの子です。ヨエルは、祖父のサムエルとは違って、利得を追い求め、賄賂を取り、さばきを曲げる者でした(1サムエル8:2、3)。にもかかわらず、ヘマンは、祖父サムエルの信仰のスピリットを継承し、「王の先見者」(5節)と呼ばれる歩みをしたのです。そして、彼の14人の息子と3人の娘も彼と共に音楽の奉仕に当った(1、4-7節)というのですから、実にしっかりした信仰の持ち主です。このヘマンの子の名がずらずら書き連ねられていますが、その名の意味を取ると次のようになります。「私をあわれみ給え、主よ、私をあわれみ給え、あなたは私のほめたたうる神です、悩みの時の私の助け手です、私は宣言します、幻を豊かに与えてください」、としばしば子どもの名には親の価値観や信条が反映されるものです。ヘマンのそれは、主の恵みを仰ぎ、いつも主を賛美する、というものです。神を愛する在り方を教えられるところです。

5.奉仕の平等性

なお、8節、ここでも奉仕はくじ引きによって決定されています。注目しましょう「下の者も上の者も、達人も弟子も」とあります。「下の者も上の者も」は、24組の兄弟関係のことです。「達人も弟子も」は、何かの教育プログラムがありそれに沿って訓練され、ある水準に達した者と訓練途上にある者ということです。それらの区別なしに、つまり、実際の任務は、年齢や経験によらず用いられるのです。重要なことです。普通の感覚であれば、厳しい訓練の中選び抜かれた人材が、つまり一軍に属する人だけが、公式戦に出る、というものでしょう。しかし、神への栄誉ある奉仕の機会は、あくまでも平等に与えられるのです。それは人間的なものを誇らないため、という仕組みです。神への奉仕は、能力によらず、召しによるものです(出エジプト4:11)。厳しい訓練を受け、選ばれた人でありながら、それをおくびにも出さずに奉仕する、神の栄光だけが称えられるようにする、大事なところです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。祭司の家系として、捕囚帰還後も存続した家系は、次のうちどれでしょうか?①エルアザル、②ナダブ、③アビブ、答えは①エルアザルでした。では、今日の聖書クイズです。歴代誌が書かれた時代、イスラエルではどんな材質で作られたシンバルが使われていたでしょうか?①真鍮、②青銅、③鉄、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

Chapter 25 Praise Service of the Levites

1. Role of the Levites: Musicians

Earlier in chapters 23-24, we have talked about the priests who serve the temple and the Levites who help the priests, who play an important role in the restoration of worship. From chapter 25 onwards, the role of the Levites will be discussed in more detail. Thus, the three main families, Asaph, Heman and Jedton, are introduced, all of whom are given the role of musicians. They play musical instruments and sing aloud in worship. But the core of it was “prophesying.” It was their work to prophecy with music, or to proclaim the word of God on sound notes.

2. Over raising the horn

Verse 5 says, “Those who lift up the king’s horn through the word of God.” This seems to be the background of Hannah’s prayer in 1 Samuel 2. A similar expression appears there (2:10). And horn means “power”. Indeed, horns are symbols of power and strength in animals. Does that mean lifting the king? It’s easy to misunderstand. They respect the power of the king, so that under his command they may serve the temple of God, be trained in singing to the Lord, and attain mastery. It is God Himself who should be glorified.

3. proclaim the word of God

In fact, the singers at that time are said to have sang along the inner side of the eastern gate, praising toward the entrance to the sanctuary of the temple. They looked straight up into the sanctuary where God was, and sang to him the word of God, proclaiming the truthfulness of God’s word, the faithfulness of God. In today’s service, the chairperson and the congregation will sing facing each other or sing in a circle. However, what we must be conscious of is the presence of God and singing a song dedicated to that God. A pastor named Peter Master points out that today’s services tend to be personal pleasures, trendy entertainments, aesthetics, ecstasies, shallow and informal. How to proclaim God’s glory in sound notes certainly requires careful study.

4. Faith of Heman

By the way, in verse 4 Heman, he is the son of Joel, the grandson of the prophet Samuel. Unlike his grandfather Samuel, Joel was a profit-seeker, a bribe-taker, and a perverter (1 Samuel 8:2, 3). Nevertheless, Heman inherited the spirit of faith of his grandfather Samuel and went on to be called “the seer of the king” (v. 5). And his 14 sons and 3 daughters were also in the music ministry with him (vv. 1, 4-7), so he is indeed a firm believer. The name of this Heman’s son is written in a row, but if you take the meaning of the name, it will be as follows. “Have mercy on me, Lord, have mercy on me, Thou art my blessed God, my helper in trouble, I declare, Give me visions in abundance. A child’s name often reflects the values ​​and beliefs of the parent. That of Heman is to look to the grace of the Lord and always praise the Lord. He is about to be taught how to love God.

5. equality of service

In addition, verse 8, here again the service is decided by lot. Let’s pay attention to it, “Both the lower and the higher, the master and the disciple.” “Lower and higher” refers to the 24 pairs of brotherhood. “Masters and disciples” refer to those who have some kind of educational program and have been trained according to it, and who have reached a certain level and those who are still in the process of training. Without distinction between them, the actual mission is used regardless of age or experience. It’s important. If it is a common sense, it would be that only personnel who have been selected through rigorous training, that is, those who belong to the first army, will participate in the official game. However, the opportunity for honorable service to God is given equally. It’s a mechanism that doesn’t boast about human things. Service to God is by calling, not by ability (Exodus 4:11). It is important to ensure that only God’s glory is honored, being a highly trained and well-selected person who will serve without showing it. I hope you have a good day today.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Which of the following priestly families survived after returning from captivity? ① Eleazar, ② Nadab, ③ Aviv, the answer was ① Eleazar. Here’s today’s Bible quiz. What materials were cymbals used in Israel at the time Chronicles was written? ①Brass, ②Bronze, ③Iron, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です