人生💯倍の安心😊【聖書】歴代誌第一27章 トランスペアランシー

27章 神殿建設を支える体制

1.27章の意義

歴代誌の著者は、これまでイスラエルの祭司、レビ人の働きを書き記してきました。それは、霊的な働きです。しかしこの27章では非常に世俗的な事柄を扱っています。つまり、軍の将校(1-15節)、部族の役人(16-22節)、そして王個人の資産を管理する役人(25-31節)などについてです。

まず1-15節を読みますと、イスラエル軍は、一個師団24,000人、全体を指揮する将校は、12師団からなる軍隊を率いるようかのように書かれています。しかしダビデの時代、実際に軍隊の核となったのは、1歴代誌11章に記された3人プラス30人の勇士たちでした。そして、後の28章とのつながりからすれば、彼らは、軍隊を指揮するというよりは、月々の税金を集める責任を持たされているようです。

しかも、ソロモンの時代には地理的、地域的に全体を掌握する行政機構が作られましたが、ダビデの時代は、まだその発展途上でした。実際、ここに述べられたダビデ時代の十二人の隊長の出身は、6人がユダ族、2人はエフライム族、1人はレビ、そして1人がベニヤミン、残りの2人については出所不明です。つまりダビデの個人的なつながりによって組織された軍隊であったということです。ともあれ、歴代誌の著者は、神殿建設のための資金確保のための体制が、ソロモンほどではないにしても、形作られていたことを示そうとしていると理解できます。そして捕囚から帰ってきた本書の最初の読者が、この組織体制を意識することは極めて重要でした。彼らもまた、急ごしらえの行政機構で、神殿建設および城壁再建の偉業を成し遂げなくてはならなかったからです。

そのような意味では、教会形成も同じような部分があります。最初は個人的なつながりの色彩の濃い、急ごしらえの秩序体制、組織体制から、徐々に洗練された形に発展していく中で、教会活動は進められるからです。そのために大切なのは、神の下にある秩序意識と互いの信頼でしょう。信頼して、愛を持って助け合って、主の栄光のために、と物事を進めていく時に、その組織体制も生きて来るということです。

23節、24節には、人口調査の結果が年代記に記録されなかった理由が記されています。それは、ヨアブの怠慢のように思われるものですが、神の介入による未終了でした。つまり、神はイスラエルの発展が天の星のような結果になることを確約していました。となれば、それはもう数え切れなくなる、いわば終わらない作業になる、という事態にあったということなのでしょう。終わらないと言っているものを終わらせようとしたヨアブに神の怒りが下って、中断した、と言うわけです。

3.王の財産を管理する長

25-31節は、王の財産を管理する長のリストです。二人の宝物倉担当(25節)、農業担当(26節)、ぶどう酒と油の担当(27-28節)、そして家畜の担当(29-31節)になります。彼らは国全体ではなく、王の個人的な財産の管理者でした。なぜこんなことが明記されたのか。重要なことはこの書の読者に何を語ろうとしたかです。この書は単なる歴史好きや読書愛好家に向けて書かれたものではありません。捕囚帰還後のエルサレム再建にあたり、様々に配慮されるべきものが配慮されない状況の中にある人々に向けて、示唆的に、実践的に書かれたものです。そうだとしたら、これは、単にダビデ王の富の豊かさを書き記しているものではないことは明らかです。実際ネヘミヤの事業の多くは、貧困救済(ネヘミヤ5:8)や税制改革(ネヘミヤ10:37)、適正な所得の分配(ネヘミヤ13:10-13)でした。こうした中で、彼は、指導者の財産を見える化しようとしました(ネヘミヤ5:4)。つまり、ダビデ王の時代の神の御前における誠実な政治の在り方は、当時の人々の模範となったのです。

最後に32-34節は、王の側近にいて相談役となった重臣のリストです。寝返ったアヒトフェル(2サムエル15:12)、脱落したエブヤタル(1列王1:7)、血の報いを受けたヨアブ(1列王2:28-35)の名があります。彼らは、問題の多い者でしたが、ダビデ王国を築くには、重要な役割を演じた人々です。というわけで、他人の問題以上に、自分自身に問題を感じても、そこで人生投げ出してはなりません。むしろ、主の御用に十分な者となるように、主が変えてくださるように祈りましょう。また心を開いて、主の癒しを受け入れ、罪の心をかなぐり捨てて、主のみこころに専心してまいりましょう。では今日もよき一にとなるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。旧約聖書で、預言者と同じような意味で使われることばで間違っているものはどれでしょうか?①先見者(Senkensya)、②予見者(Yokensya)、③霊能者、答えは③霊能者でした。預言者(ナービー)と同様に神の代弁者とされるのが先見者(ホーゼ)、また、予見者(ローエ)です。では、今日の聖書クイズです。アブシャロムが謀反を起こした際に、アブシャロムの助言役として、その助言が採用されたのはどちらでしょうか?①フシャイ、②アヒトフェル、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 27 System to Support Temple Construction

1. Significance of Chapter 27

The author of Chronicles has so far written about the work of the priests and Levites of Israel. It is spiritual work. But this chapter 27 deals with a very mundane matter. These include military officers (verses 1-15), tribal officials (verses 16-22), and officials in charge of the king’s personal property (verses 25-31).

First of all, when we read verses 1-15, it is written as if the Israeli army had 24,000 men in one division, and the officer in command of the entire army led the army consisting of 12 divisions. However, in David’s time, the actual core of the army was the 3 plus 30 warriors described in 1 Chronicles 11. And, judging from the connection with later chapter 28, they seem to be responsible for collecting monthly taxes rather than commanding an army.

Furthermore, in Solomon’s time, an administrative organization was created to control the whole geographically and regionally, but in David’s time, it was still in the process of development. In fact, the twelve commanders of the time of David mentioned here are from six Judah, two from Ephraim, one from Levi, one from Benjamin, and two of unknown origin. In other words, it was an army organized by David’s personal connections. In any case, it can be understood that the author of Chronicles is trying to show that the system for securing funds for the construction of the temple was formed, albeit not as well as Solomon’s. And it was extremely important that the first readers of this book, returning from captivity, be aware of this organizational structure. For they, too, had to accomplish the feat of building the temple and rebuilding the walls with a makeshift administrative structure.

In that sense, church formation has a similar part. This is because church activities are carried out in the process of gradually developing from a quick-fix system of order and organization that is strongly colored by personal ties at first to a more sophisticated form. For that reason, the important thing is the orderly consciousness under God and mutual trust. Trusting, helping each other with love, and doing things for the glory of the Lord, that organizational system will come alive.

Verses 23 and 24 explain why the results of the census were not recorded in the annals. It seems to be Joab’s negligence, but it was not finished by God’s intervention. In other words, God ensured that Israel’s development would turn out like the stars in heaven. If that is the case, it must have been in a situation where it became countless, so to speak, a never-ending task. God’s wrath descended upon Joab, who tried to finish what he said would never end, and he stopped.

2.the chief who manages the king’s property

Verses 25-31 are the list of chiefs who manage the king’s property. Two will be in charge of the treasury (v.25), in charge of agriculture (v.26), in charge of wine and oil (v.27-28), and in charge of livestock (v.29-31). They were the custodians of the king’s personal property, not of the whole country. Why was this specified? The important thing is what you tried to tell the readers of this book. This book is not just for history buffs and book lovers. It is written in a suggestive and practical way for those who are in a situation where various considerations are not taken into consideration when rebuilding Jerusalem after returning from captivity. If so, then it is clear that this is not simply a record of the riches of King David’s wealth. In fact, many of Nehemiah’s projects were poverty alleviation (Nehemiah 5:8), tax reform (Nehemiah 10:37), and fair income distribution (Nehemiah 13:10-13). Under these circumstances, he tried to visualize the wealth of the leader (Nehemiah 5:4). In other words, the sincere way of government in the presence of God in the time of King David became a model for the people of that time.

Finally, verses 32-34 list the chief vassals who served as advisors to the king. There are the names of Ahithophel who defected (2 Samuel 15:12), Ebiathar who fell away (1 Kings 1:7), and Joab who received the blood reward (1 Kings 2:28-35). They were troubled, but they played an important role in building the Kingdom of David. So, even if you feel more trouble with yourself than with other people’s problems, don’t throw your life away. Rather, let’s pray that the Lord will change us so that we are good enough for His use. Let us also open our hearts, accept the healing of the Lord, cast off our sinful hearts, and devote ourselves to the will of the Lord. I pray that today will also be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Which of the words in the Old Testament is incorrect when used in the same sense as a prophet? (1) Seer (Senkensya), (2) Seer (Yokensya), (3) Psychic, the answer was (3) Psychic. Like the prophet (Navi), the seer (Hose) and the seer (Rhohe) are considered to be the spokespersons of God. Here’s today’s Bible quiz. Whose advice was taken as Absalom’s adviser when he rebelled? (1) Hushai, (2) Ahithophel, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です